2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ありがとう日刊ゲンダイ様!滝田誠一郎様。

b0086920_18121663.jpg
SATOKOちゃんからの突然の電話が鳴った。入院してからは二人ともお金の出て行くのを極力減らそうと電話連絡を取る事も殆どしなくなった。電話の内容は今まさにピークとなろうとしている西の空の宗教的な諧調の夕焼けを背景に小樽に寄港中のイージス軍艦を写真に収めようとしている最中で露出と構図の電話相談かな?と思った。この半年かな?サトコチャンはダンスの仲間,そして世界チャンピオンである先生,そして近所の犬,自分の身内などカメラを向ける機会があるたびにオイラに電話して来た。デジタル時代ならではの遠隔写真教室かもな?机上で彼女に教えた事は無いに等しい。写真集や取り扱い説明をミスドで覗き込んだ よ。後はオイラの動作の一部始終を見ていてまねただけだが。手前味噌だが,中々のカメラマンに育ってくれた。スタジオポートレートみたいな光を自ら組み立てるような撮影も充分に彼女一人で,そこそこのプロと肩を並べるぐらいは表現で吃と思うよ!俺二写してと連絡を下さるダンサー、ミュージシャン特に女性の皆様,オイラも声がかかると嬉しくて彼女がありながら,チョロチョロした内容のメールを返信してしまいがち。さービスのつもりでなのですが,最も大切にしなくてはならない。最愛の頼れるぱーとなーSちゃんの心を不安にさせてしまってます。病気の症状としても怪しい不可解な見当違いな行動言動をしてしまうのも高次脳機能障害ですが,オイラは,これを病気のセイにはしたくありません。オイラの女性ファンの皆様。オイラは前から口を酸っぱくなるほど[一穴主義」と伝えてある通り,SATOKO以外に関心はありませんのであしからず。だって命の恩人だぜ!写真もこのブログ自体もサトコを幸せにしたくての切り口となればと始めた事がスタートでした。誰かが言っていた。依田さんの沢山あるブログって,全部サトコチャンへのラブレターだよね。何故か他人のラブレターが気になってまた見に来ているんだ〜!そんなコメントが来た事が遭った。指摘されて割れに変えると実に的確な分析だと感心した。


夕刻の電話の内容は[直ぐメール見て^」の一言
メールを覗くと添付データ。添付されていたのが
今回この記事でアップした画像だ。

何やら新聞記事の複写。拡大して眺めた。

ブログのコメントに夕刊ゲンダイに紹介されていたよに反応した
SATOKOちゃん我小樽中のコンビニとキオスクで買溜めした夕刊ゲンダイの掲載記事だった。

面識も無いブログ評論家滝田誠一郎氏の記事をン眺めながらSATOKOと膝を落として電話を挟み二人でオイオイと声を出して泣いた。まず。ありがとう滝田誠一郎さん。掲載してくれた夕刊ゲンダイ様。うれしかったよ。何かの形でお礼ができればねとSATOKOと相談しました。何なりと申し付け下さい。連絡先はSちゃんブログにコメントとしてご記入下さい。

皆さんにお願い。尻手の通りオイラは報道写真に出会いカメラを手にしました。そして高度成長時代を定義付けるっ大量生産型芸術と印刷出版文化の中喉真ん中を生き続けて現在のようなスタイルを身につけさせていた。日刊ゲンダイもまた,そんな文化の軸のひとつとしてマグナム依田は応援したいとともに次世代のクリエーター我育つ温床を保つ努力を自らの言葉を聞き取って下さってるファンの皆様の力をも借りたいと願ってます。まあ,早い話、今回オイラが紹介されてる日刊ゲンダイを日本中っ駆け巡って買い集めて記念にして欲しいよ!ファンの皆様,是非とも,わがまま、お聞きとりください。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-06 19:01