2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

観覧車デート

b0086920_919382.jpg
手前味噌で申し訳ないけど、オイラの最愛のパートナーSちゃんがブログにアップした。作品「観覧車の想い出」の写真、率直に巧いと思った。これを写した少し前、SちゃんはENNZO君を引き連れ病院に来てくれた。その際にポートレートレッスンをSちゃんはENNZO君から受けていた。オイラはモデルしながら、二人の会話を聞いて微笑んでいた。このSちゃんの観覧車が巧いと思ったにはオイラとして、いくつか理由があるけど、真っ先に、「レンズ力」を最大限に活用し、自分のものに、している事だ。オイラは、とことん機材を使い倒すのが心情だ。初心の頃、オイラは標準レンズすら持っていなかった。常用していたレンズは単焦点の24mm、一本だけで、中学、高校と写真部部長時代を過ごした。典明先生指導の撮影会も、SLも、鴨猟風景も全部一本で過ごし、かなりコンテストにも入賞したりも出来た。貧しかったから、意固地になってたせいもあるんだ。Sちゃんのレンズは、有名な伏見先生も雑誌で紹介していたズーム。購入した日から彼女の写真の変遷を見て来たけど、購入するように促した張本人としても、間違いの無いレンズだったと思う。そして、今、彼女は自分の手足のように扱える迄マスターしている。嬉しい。オイラの写した観覧車の中のSちゃん、丁度、今頃の季節。この頃、オイラは、何処へ行く時でも、大型のカメラバックにフル機材だった。この撮影条件だと超広角も良さげだけどさあ、オイラは、大好きなSちゃんを歪めたり、歪曲させたくないんだ。奥行きを出したければ、別の選択肢があるしね。TVで最近の市場動向、トレンドを気にしてニュースを見ています。ブルボンのハッピーターン、三ツ矢サイダーが売れているらしい。地元でもリボンシトロン、病院でも不二家ネクター、カルピスが売り上げのダントツ。これらの売れ行きの紐解きは、オイラ達クリエーターとしても、フォトグラファーとしても完全意識に入れた方が良いと思う。その答えは、不変性、宮崎駿監督もアニメにとうじょうさせるキャラクターの話で、同じ事を話していた。スピルバーグも映画先攻の学生に答える夜の番組で似た事を話していた。新しくて最新のものは、写した次の日には、もう過去のものとしか見えない。だから、何十年も変わらないものを取り込む事は、色褪せない絵を作り上げるにかかせないセオリーとして、世界中の優れたクリエーター達が映像ビジネスで実実践し効果をあげている。古いものをレトロとか懐古主義と思う時代は終わっているのである。SEPIA じゃないだろ?古いほど見た印象は強烈に残る。良い記憶も悪い記憶も膨らんで覚えているはず。だから、今のありのままを写しても、10分後には色褪せ手しか見えないんだ。だから、オイラは初心の段階のSちゃんにも、現実を増強して捉える技術を強く教えている。この辺を深く知りたい方は、まずハリウッドのメインストリームを改めて見直してもらいたい。心理学、そして、脳の記憶とは?写真ブログランキング参加中。Sちゃんと重なりたいのでポチリとしてくれると嬉しいです。お願い。在庫写真でごめんなさい。だって、カメラ持って無いんだもの〜!Sちゃんの写真ブログSmile for The Paparazziも応援してよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-06-27 07:48