2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OUTDOOR DOG PHOTO TIPS

b0086920_9515355.jpg
犬写真の師匠と紹介されたから、見に来てくれている方、今日は多いのかな?ちょいとくも膜下出血で倒れる寸前に研究していた。トワイライトの犬写真、原点はビーチでのグラーマーショットの技法なんだ、それをオイラなりに逆行補正バージョンにしてみた。まず、空の色の露出と色から決めて行く、そして太陽はひとつの考えに対して、負も、また生なり、と習うでしょ、あれの応用で、照り返しするものが、あったと仮定しての構築。レフで太陽に角度を付けないで180度で受けて被写体に返す。ストロボ直射でも、いいけど、被写体のエッジが堅くなるので、拡散角度の広さで、ボックスでもなく、アンブレラでもなく、大型レフをセレクト!このセレクトには、最初から照度が高い環境に被写体をさらし、犬の瞳孔が収縮するのを防ぐ役割も果たしている。またレフで返した、現地の色温度と、ストロボの光がカフェオレのミルクとコーヒーのように柔らかく混じり合う、これは海外のアウトドアポートレートの世界でも利用するのは常套手段とされていて、ズバリ、この条件下の撮影の為の道具が量産販売されている。まあ、カルフォルニア、ベイエリアスタイルの撮影技法は野外での撮影の百科事典だと思う。犬撮影にも、ほら使えるでしょ!星周君、逆光の光源を構図に取り込むのが好きな君には是非マスターして欲しい。あとで、こっそり、何が必要か送信しますね!前に君が言っていた、犬写真の野外セミナー、オイラの生きているうちに一度やってみたいね!
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-10-18 07:51 | DOG PHOTO