2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記念日

b0086920_18575967.jpg
motion大胆なタイトルに期待をして覗くと、また例の二人三脚カメラマン夫婦の仕業だ。思い返せば去年、この病院に転院したばかりの頃に、我が愛しの相棒Sちゃんは、ニセコでのスノーボードのフリースタイルのセッションに、呼ばれて撮影に挑んだ。病室内で、考えられるシーンを想定しレクチャーもした。また、その撮影の為に、彼女は、新しいストロボと魚眼レンズをヨドバシカメラで新調し撮影に臨んだ。その撮影のデータを僕は彼女より早く目を通した。「どう?使えそう?」の言葉に、僕は、どう答えて良いか解らなくなった。答えた場所が、病院内でなければ、きっと、「お疲れさま、よく頑張ったね!」とぎゅうっと彼女をハグしたかった。愛おしかった。撮影の夜、Sちゃんは、マグナム依田になりたかったけど、なれなかった。その試行錯誤の一部始終が預かったメディアにびっしりと、詰まっていた。残念ながら、どれひとつシンクロしていなかった。メディアの最後にナイター照明に輝くニセコ比羅夫スキー場の夜景が美しく残っていて、それが悲しさを助長した。側にいてあげれない自分が辛かった。「ごめんな。」滝川の病院で昼の番組で「今日は何の日」を見ていた。その直ぐ後にSちゃんが遠路、お見舞いに来てくれた。僕は、「僕たちの記念日って?」と、Sちゃんは、直ぐに「決まってるじゃない、12月5日だよ。マアちゃんが、私の前で、死んで、生まれた日に決まってるでしょ。」「今年は一緒にお祝いのパーティしようね、約束だよ。」あっと、言う間に、約束の日。首を長くして待ったけど、この半年間にSちゃんの前に、又試練が重なった。それを聞く度に、ハグしてあげたい気持ちで一杯になる。「ご苦労様。」身体を動かす事が生き甲斐のSちゃん、大好きな波乗りも、ダンスが踊れるパーティへも一切行かずに、献身的に家族の介護、介助に家業の切り盛りに、家事に、汗している。Sちゃんを何度か訪ねたニセコの仲間によると、何時訪ねても、ちょこんと座り店番していて、いじらしい。との事。そのSちゃんが僕の撮影している所を見てみたいと訪ねて来た夜の写真が、今、皆さんが見ている写真だ。冬なのに、雨が雪にならない。暖かい夜だった。彼女はニセコ、ウインタースポーツ、波乗り、ファッション、犬好き、と共通の趣味があるため、インターネットで、僕の写真を見て、直感的に、僕の写真に恋をしたと話してくれた。ギャラリーがいて仕事が出来ないタイプじゃないけど、「見学させて下さい」と突然、現れた女性の美しさが気になって、気になって仕方が無かった。僕と彼女以外はオーストラリア人だけのニセコらしい夜だった。この夜をきっかけに、僕が撮影の仕事をする時、その美しい女性は、僕のカメラバックの見張りをするようになった。オーストラリア人と、楽しそうに、お話している彼女に嫉妬を、すぐ、その日に覚えたのも事実。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-01-26 19:49 | Extreme Sports