2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

春のISO

b0086920_18193482.jpg
2007年4月22日の記憶。恐らく海と写真の両方が好きな方は海の磯をローマ字で表記するとISO、つまり写真用語と同じだと思ったりした事があるのでは?僕らサーファーはREEFと呼ぶから、とんちんかんな話しにならなくて済むけど。写真をやる人の中にはISOをイソって呼ぶ人もいるでしょ?さらに海の釣りを愛する人だと、ややこしかったりするのではと、くだらないロジックをしてしまう。同じ自閉症のトマス・エジソンの伝記に登場するエピソードにも、無理矢理こじつけたり、違うものと連想したり僕と似た脳構造が伺い知る事が出来る。僕を直接知る人は、会話中にも次から次へと話しが飛躍し過ぎてウザイと感じる人が多い。逆に広告関連、プランニング関連の人は、その非凡な発想を欲しがって僕に自由に話させたりしてくれた。今、体調は万全では無いが、頭脳は何時に無く明晰だと自覚する。誰か、また会議室でおしゃべりさせてくれないかなあ〜。ゴッホも、ヘミングウエイも自殺の直前頃は、頭脳明晰だったと言うから気を付けなきゃ。みんなも鬱に僕が落ち無いように手助けしてくださいね。札幌の地下鉄には乗降口の脇に目線の高さに鏡が設けられている。己の姿を見て改心する為にあるそうだ。何から改心するか、皆様解りますか?それは自殺だ。悲しいけれど、僕らの生まれ育った北の大地は、世界的に見ても自殺率がずば抜けて高いんだそうだ。この事は、交通広告を手がけたとき知った。「そうだ○○しよう!」とかフリスクを食べれば異次元にワープするような一連の広告手法は、そう言った人間のネガティブな内世界に呼びかけるものである。音楽でもスライ&ファミリーストーンの「スタンド」なんてあるよね。僕も誰かを救いたい。そんな表現者でありたい。僕一人じゃ叶わないかも知れない。だが折れる矢も、束ねると折れないだろ。僕は写真表現を含めた芸術表現で世界を平和にしたい。見ている皆さんが少し手伝ってくれれば何十年後の先は光あるものになるに違いない。自閉症だからか?僕は、戦争もののプラモデルを作り、従軍カメラに憧れて始めたカメラを愛しながら、いつも平和を夢見てる。笑う人多いだろうけど。解っちゃ貰えないだろうが、僕は、それでも種まきを続ける。今日は何時に無くポジティブ。最愛のSちゃんが特効薬くれたからね。いいでしょ!Sちゃん、ありがとう。こんな、ややこしい僕の話し聞いてくれてありがとう。僕が君をモデルにしたい海は危険な場所だったにも関わらずシナリオ以上に動いてくれたよね。春の磯は海藻が繁茂して徒渉するだけでもぬるぬるで危険だったよね。足下の海藻を東京築地に持ち込めば儲かるなと考えた事もあつた。「仏の耳」とか高価だしね。でもね、結局、儲かっても自然破壊だと思い中断した。春の山菜を商いに舌ルートで販売した事もあるけど、今でも過激に乱獲している人いるけど、僕向きの商いじゃない。話しは戻るけど、皆さんご存知のTVで、お馴染みのお魚博士サカナ君のエピソード、吹奏学部を水槽学部と勘違いして入部した話しも今回の話しに似てるでしょ?自閉症ならではの奇妙な間違い。僕は更に滑舌がすこぶる悪いから、本当に嫌に成る程、それを揚げ足されて来た。皆が知っている有名カメラマンとかにも、悲しくて、その帰りホームから電車に飛び込みたい衝動が何度も、この時、ENNZO君が撮影ドライブに誘ってくれなかったら。危なかった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-04-26 19:18 | SWEET LOVE