2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こっちを向いてよハニー!

b0086920_18334361.jpg
2010年7月15日の記憶。僕が入院中に起きた事件の事を、最愛のSちゃんから聞いた。全く浦島太郎な僕。恥ずかしかった。写真を仕事にしているのに写真業界で起きている良いニュースも、悪いニュースも聞く手段も無い事に、悲しかった。手術をした急性期の僕を尋ねてくれた写真仲間は、今度来るときは写真雑誌持って来てあげるね。と言う人が多かったが、結局、入院中、手に出来たのは、つい先日、お世話になっている写真器材の輸入販売の株式会社テイク様から届いたCOMMERCIAL PHOTOのバックナンバーのみ。嬉しかった。ふとアフターサービスの事を思った。庭師の頃、仕事をさせて頂いたお宅へは、何の電話も無かったが、その老人一人暮らしの家に用も無いのに声を出した。丁度今時だと、縁側で戦時中の話を聞きながら、一人では食べきれないからと前置きされ縁側で西瓜を頂いた。夏休み、フイッシングガイドで夏休みの親子をニセコで案内した。釣った魚を夏休みの宿題にもって帰りたいと、その子は泣いた。写真を写してあげたのだが、それじゃ学校で信じてもらえ無いと、更に泣きじゃくった。僕は、その時、ある事を思いついたので、彼が釣り上げた糧を、こっそり隠した。そのまま二人と別れたが、ホテルの夕食の終わる時間を見計らって、日中の、僕が所属するアウトドアガイド・カンパニーの車では無く、僕のマイカーでホテルの車寄せに駐車した。ふたりをピックアップし、暗い夜道を走り深い森と隣接する公園の大きく明る伊水銀灯の前で彼らを下ろし、僅かの間にホームセンターで揃えた捕虫網とプラスティックで出来た。魚にも昆虫にも使えるような華奢な篭を渡し、僕は、いつも車載している愛用のラストライト社の180×120cmのシルバー/ホワイトのリフレクターを白い面を水銀灯に向けて立てた。実は、僕から林野庁のフォレストガイドの講座を受講した方なら知っている夏の昆虫採集の必殺用具である。その夕暮れも、お父さんが興奮する程、カブトムシ、ミヤマクワガタ、カミキリ虫が怖い程に、集った。全部、持って帰りたいと、今度は、僕と同世代のお父さんが、ぐじぐじ言って面倒だった。ひとりに付き一種類、一匹と、勝手に何の根拠も無く僕は言い切った。照れた。親子をホテルまで送り届け、今度はお父さんの招待で、僕はその親子と、そのホテルの温泉の露天風呂を楽しんだ。「依田さんのお子さんは何人ですか?」「何歳ですか?」いないよ。」と答えると不思議がられた。何時も、そう思われる。子供は嫌いじゃない。むしろ好きな方である。ブラット・ピットのようにしてみたい気持ちもある。翌朝、ニセコを発つ親子を見送りにまた、ホテルに。昨日、彼がつり上げた虹鱒の小さな方を、囮鮎を生かして置く特殊なクーラーバックに乾電池でエアを吹き出すブクブクを取り付け、中には取れ立ての湧水と虹鱒と氷らした畜例冷剤アイスノンを入れ彼にクーラーと、僕のニセコの住所を書き記したクロネコヤマトの着払い伝票を渡した。所属していた、ニセコ・アウトドアセンターで、過剰サービスで怒られていたが、だが、奏せざる得なかった。こう言った行動をついしてしまう僕は集団行動に向いていないそうである。株式会社テイクさんをはじめ、先だってボーゲンイメージングからマンフロット株式会社、そしてGINICHIスタジオショップさん、プロペット株式会社さんから、僅かな少量ロットの取引しかさせて頂いていないにも関わらず復帰に向けてままならない僕を案じて頂き。嬉しい夏を過ごしております。その昔、朝日生命さんと三菱自動車販売のセールスマン真ニュアルをデザインした事があるが、其処にあったように列記した会社の皆さんは顧客のメンタル面をも読みとったアフターケアと言う。欧米的な顧客対応の厳しい従業員教育を受けたのであろうと想像いたします。株式会社テイク様、暑い中,本社移転おめでとうございます。見ている皆様にお知らせ、GINICHIスタジオショップの激安のGIN-ICHI オンラインショップ - トキメキサマーセール、いよいよ7/23迄となりました。この機会を見逃さないでね。僕にプレゼント贈るも良し(冗談ですが…、)絶対GIN-ICHI オンラインショップ 見てね!わくわくするよ!さて相棒Sちゃんから聞いた写真業界のニュースとは、僕が麻布十番時代デザイン&アートディレクションさせて頂いていた東京ニュース通信社の、皆様ご存知のTVガイドの表紙を撮影して頂いてた、あの篠山先生のニュース。僕が、今、写真の専門学校出ていないのに、いっぱしのライトを組めるのも、この時期の先生のスタイルを一度、同じ機材を揃え完全コピーした事が始まりなんです。その当時、土屋さんがアシスタントされていて、思い返せば、ディレクターを良い事に「ああして!」「こうして!」とこうるさく土屋さんを使ってしまいました。恥ずかしい。篠山先生が、僕にいつも、おごってくれた、麻布十番、一橋バス停前の2階にあった上海カニで有名な韓国料理店の名前なんでしたっけ?土屋さん?僕は、このブログのアドレスにgekisyaと使っているのも、篠山先生の大ファンであり続けている事を、皆様に伝えたくてね。篠山先生の
写真を部屋に飾ったのは中学生時代、矢沢永吉率いるCAROLのレコードジャケットとポスターを。その矢沢永吉さんが、今、入院している病院から車で5分の場所で開催されるライジンググサンinEZOと言う夏のロックフェスにやってLくる。僕は性懲りも無く、矢沢永吉さんの写真を写したいと各所にラブコールさせて頂いている。本人に直に泣き言言いたくて、エーちゃんと親しいCOOLSの先輩に、少し手伝って頂いている。本番前に彼の新譜誰家聞かせて
写真ブログランキング参加しています。皆様、少し心にも明りが刺して来ました。現場復帰への励みに、今一度カチャリ!と応援願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-19 19:58 | SWEET LOVE