2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ボーダーレスな尻別川河畔林を背景にピース!

b0086920_1342469.jpg
尻別川の河畔林が大規模に伐採される計画が問題化しているニセコ!
早速!反対運動の音頭取りの仲間に加わる事になり資料用に
川と河畔林を週末楽しむ人をスケッチした沢山の枚数からピックアツプ!

川を取り囲む環境の恩恵を理解している人は、古くから住んでる住民よりも
新しくニセコの素晴らしさに感動し移り住んで来た移住者の方が多いのが事実

特に海外からの移住者達は昔ながらの自然が好きで移住して来ているんだよね
難しい表現で伐採計画が有る事をニセコでは有名人の彼のパパに話したが
語学力というか単語の英訳が解らなくて何処まで通じたかは定かでは無いがね!

環境が変わり住みずらくなったと彼らに居住の平穏を乱されたと告訴してもらうのも
グローバルな視線で考えた世界での環境保全運動の作戦のひとつである。

時間的にも工事業者の入札も完了しているそうだから計画凍結も難しい
ならば代替案で自然回帰型での工法へと改変してもらうのが
両者の歩み寄る結論に一番近いのかもしれないと僕は考えている。

美しさで見せるジャーナル写真こそ写真の頂点だと感じた晩夏。

伐採の実施日が10月とうかうかしていられない程、急な北海道土木現業所の説明会だったから、
長いスパンで考えていては、この景色は来月には失われてしまう事は間違いない。
このエリアがニセコではカワセミの最大の撮影地なのも忘れてはならないだろうな〜

夏期のラフトコースとして有名だが、釣り場としても倶知安エリア最大の
フーイルド寒別ポイントも伐採計画のど真ん中に当たります。

ブログランキング応援して下さい。自然が大好きな皆様〜頼みます。カチャリ!と願います環境保全ネタが少し多くなりますが、おつきあい下さい!
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-04 13:58