2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新機材テスト

b0086920_0323012.jpg


ローライト・コンディションのLIVEシーンの為に
先月から色んな機材を試したりしている。

パンピー相手の詰まらないサンプル画像しか
機材メーカーのHPには載っていないから

頼りになるのは計測数値データのみ
でも、いざ使ってみると話にならないものも多い。

金が無いのに新たな世界を追求するのはどうなのかとも思う。
でも仕事が無いのは、まだ他のカメラマンと比べて
月とスッポン的描写が完成してないのではと思う。

仕事が無いときは三年後の自分の為に撮れ。
大先輩にアドバイスを受けた言葉だ。

でも、ありきたりに撮りためろと言う事では無いのだろう?

オイラには定期仕事は皆無だから
どんどんカメレオンのようにスタイルを変える事が出来る。

海外で流行しはじめたテクニックを
スポンジのように吸収するのに都合が良い。

でもそれにはドンドン発売されている機材に
頼らなくてはならない事が多い。

たかがこんなもの輸入されてないのか?が実に多い。
まあ日本のグラビア写真の流行とは違う世界の機材達。
当然、ニーズが無いから取り扱わないのだろう。

今も輸入待ちをしているのが幾つかある
TAKEさんや銀一さんに無理を言って
便がまとまる時にお願いします。とペコリしてね。

今回テストした機材は、余りにも失敗を重ね
浪費しすぎたので有名カメラマンに何度も相談した。

動き回れて超広角をカバーして速写出来て
今回のテストは重要な選択肢はカバーしてくれた。

あとはデフューズと絞りの関係
色温度フイルターの計算を導き出せれば
随分と使える機材になる事は間違いない。

この点をカバー出来るように成れば
LIVEシーンをドライブ出来るのではと思う。

機材の名称は、まだ本当に良いか
解らないので伏せさせてもらいます。

まあ、どんな良い機材でも
作風スタイルとの相性が問題だからね。

12/5 THE MODSのLIVEステージ上が
今回テストした機材の本番です。

11/29 クラブチッタ川崎で催される
ANTHEM”BLACK EMPIRE”TOURのファイナル。
お誘いを受けているので是非行きたいと調整中。

ESPさん、アンセムの皆様ありがとう。

皆さんも歴史に残るライブになると思います。
是非、当日はクラブチッタで本物を堪能して下さい。

クラブチッタは今年で20年、まだまだ記念イベント続きます。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-27 01:00 | SWEET LOVE