2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:石狩挽歌( 5 )

こんなはずじゃない。

b0086920_1629543.jpg
b0086920_16462596.jpg
漁師達の口ずさむ石狩挽歌は自虐に満ちている。
二週間遅れて鰊群来、しかし水揚げの方はイマイチ。

ガソリン急騰でも、この時を逃してはと一日に二度三度と出漁する小舟。
昔はファインダーを塞ぐ程の海鳥達が乱舞していた事を思い出した。

船に掲げられた金比羅さんの旗が痛々しくも見えた。
金比羅と言えば日本のアートを牽引して来たパトロンだ。

石狩挽歌をテーマとしたプロレタリアアートを完結する為にも
鰊群来に頬を染める彼等の姿が無くては始まらない。
b0086920_16381940.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2008-02-13 16:38 | 石狩挽歌

私信/エンゾへ

b0086920_2453028.jpg
b0086920_2455570.jpg
b0086920_2461637.jpg
お疲れさま!仕事は上手くいったか?

忙しい来道だったね、寝不足になるし、
風邪は置き土産してくれちゃうし!

調子こいて案内しすぎてガソリン代赤字だし!笑い!

光の捉まえ方、天候の読み、少しは解った?

俺から見てると迷いなのか直観で感じているのに
無理して丁寧に写してる感じがしたよ!

今日、犬の運動の途中、気が付いたので写してみた。
歩き回る時は俺、交換レンズは持たない。やはり迷うからだ。

例の場所から歩いて1時間で海岸に出る。
日没の写真を写したあと暮色の色はあっという間に
黒くなる新月の撮影日和のコンディション。

50ミリの画角で灯台を大回りするのに15分
この間に刻々と色が変わる、これで三脚決めていれば
地面は雪とありセッティングには時間がかかる。

例えばF22でISO100だとすれば読み込みに時間も

其処に住む奴ならカット数は少なくても良いけど
もっともっとカット数を稼ぐ描写を研究した方がいいと思うよ!

露出違いなんて、君の中ではスタイルがあるんだろ
それ一発で充分だと思うよ!自信を持てよ!

移り変わる環境変化への目が疎かになってる気がしたよ!

何時でも疲れたら遊びにおいで!

色は例のモード、ノーレタッチ
流石に俺も1/3のシャッターじゃブレブレ!
おそらくモノポッドがあれば使える写真になるはず。

あと歩く体力とアプローチの装備、D3よりも大切だぞ!

そうそうマネージメントは何処かにお願いした方が良いと思うよ!
俺なんか話では昨年暮れの入金になるはずが、未だに集金出来てなかったり
最初の金額が仕事納品してから勉強させられちゃったりと

君と同じで強気でお金の話が出来ないんだ。
廻す金が無いからさあ、色んな人に結局嘘付く事になってる。

絶対にマネージメントはお願いした方が良いと思うよ!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-02-10 03:10 | 石狩挽歌

夕焼け評論

b0086920_23262952.jpg
b0086920_23264324.jpg
夕焼けは物悲しい、これは西方浄土と深い関係があるらしい。

決して夕焼けの写真が嫌いな訳ではないが、すこぶる良いなあと思う幅が狭い。
まずオレンジと黒しか無いような白黒写真を着色した感じのは好きになれない。

どんなのが好きかと言うと、様々な色が折り重なるのが好きだ。
カクテルの名前にもあるテキーラサンライズのようなサンセットが良い。

夕焼け単体でも美しいが、カメラを趣味にしたら、ちょいとレベルアップして
なんらかのドラマを閉じ込めてみる方が愉しいはずだ。

どんなに美しく描写しても、何故か後ろ髪を引かれるように寂しい。
この惜別の感覚が夕焼けのマジックだと言われている。

この石狩湾を染める夕焼けにシルエットとなってくれたのは
アメリカ海軍イージス艦、ジョン.S.マッケインだ。

明日10日、小樽札幌での余暇を終え再び任務に向かうと言う。

ちょいとセンチメンタルなせいか、肉眼のままの色を出したくて
珍しくf8の浅い露出で、さらにプラス補正なのだ!

そうそう奇麗なグラデーションを得るには色調もコントラストも全て弱にね!
あと知ってる人多いだろうけどナチュラルを追求するには保護フイルターも外そう!

ブログランキング参加中。ポチリとしてくれると嬉しいです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-02-09 23:40 | 石狩挽歌

建国記念日に吠える

b0086920_143920.jpg
建国記念日は気になる日だ。
かといって俺は右翼ではない、まして左翼でもない。

軍艦入港に採用された多くのカメラマンの作品は
「入港反対!」のプラカードを持つ人の表情を唱えたものだ。

ニュースでは大々的に反対運動が行われているように報道されていたが、
現実にプラカードを持つ人々は15人程度で、座り込むと思いきや
接岸と同時に帰って行ってしまった。ニュースに写ることだけが目的のようだ。

俺、個人的には軍艦の入港は賛成でも反対でもない。
なんて言うと平和ボケの高度成長期以降のガキだと思われるが
けっして世界各地での緊張を意識していない訳ではない。

プラカードを持つ人の報道も正しいものではない事が今回解った。
過度の情報操作が介在するのだ。今回の入港は小樽にとって
今、行われている「雪あかりの路」よりも経済効果を生んでいるのは目に見えている。

入港後、地元のガソリン商、清掃業、ゴミ集め汚水処理の車が渋滞する程、軍艦を取り囲む。
そして食料品、飲料水の納入業者、クリーニング業者が続く。まるで小規模の街のようだ。

そして地元からチャーターしたバスで雪祭りへ、タクシーで小樽の街へ。
日本人観光客と違い彼等は現地に金を落とすのである。

「雪あかりの路」大盛況だが地元の商工会の話によると
ツアーバスが付き、ばっと行動して写真写して札幌へトンボ帰りで宿泊だそうだ。

連休、撮影に出かける皆さん、その街で必ず缶コーヒー一本でいい買ってくれ。

乗員1000人を越える軍艦が石狩湾に現在二艘着岸中、
どちらも横須賀ベースの船のせいか、日本人に対するマナーが素晴らしい。

クレーマーな某国ツアーの人より、北海道にとって良いお客様だ。
ちょいと社説のようになったが、俺が冷静に見た現実だ。

ニセコ、小樽、ツアー等を利用しないでも異邦人が勝手に集まる街は
世界基準で美しい魅力ある街だと思えて仕方が無い。

ロシアの貿易船のクルーと軍艦のクルーがコンビニで笑いあっていた。
つくづく北海道は良い国だなと俺は此処に生まれた事を誇りに思う。

くしくも俺が生まれたのは1961年ベトナム緊張の年の建国記念日だ。

我が依田家は人が死ぬ戦争と核だけは断固反対だ。

ブログランキング参加中。ポチリとしてくれると嬉しいです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-02-09 14:45 | 石狩挽歌

イージーミス

b0086920_2474447.jpg
今日の俺はどうにかしている?またしてもミスだ!

策士、策に溺れる、まさに、その通りのイージーミス連発!

小樽に住んでいても、めったに拝めない夕景。
頭の中では勝算しかなかった。なんのためらいも無く
決め玉のシグマの付いたD70を取り出し写した。

生意気にもこの一枚しか写さなかったのも
即座にミスに気が付きリカバリー出来なかった原因だ。

望遠装着していたカメラはISOが200になっていたから
この超広角を付けたカメラも同じだと信じ込んでいた。

自宅に帰りPCで見てみると予期せぬノイズの画面。
しかも大伸ばしの構図で決めた一枚だから、超ショック!

相棒と夜の小樽を写したままの高感度設定だった。ジーザス!

ノイズある描写は嫌いな方じゃないが、この場合は命取り。
軍艦がいる間に神が味方してくれるとは思えない。

せめてISO640程度なら良かったのになあ〜
しかもレンズが気温順応していなくてハイライトが膨らんでる!

相棒に移された風邪のせいだろうか、妙に関節が痛い。

ブログランキング参加中。ポチリとしてくれると嬉しいです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-02-09 03:00 | 石狩挽歌