2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:SWEET LOVE( 132 )

北海道も真夏日

b0086920_1912937.jpg
早朝の病室の温度計は10℃ジャスト、そして現在、お隣さんの床頭台の上のデジタルの置き時計に付属している温度計は、潔く25℃、日中は28℃まで上がったんだ。僕ね身体は体感異常だから、熱いとか寒いとか解らないから温度計を凄く見るようになったんだ。発症直前まで時間のみならず、気圧、標高、温度、湿度、月齢、タイドグラフまである腕時計して、釣りの具合予測したり、波予測したり、前日比累計で開花予測、動物達の行動まで読んでいたのに、今は60人近くいる2階患者で腕時計も置き時計も持っていないのは僕ひとり。イージーライダー気取ってるんじゃないんだ。出来るだけ左半身に自分自身の注意が向くのが良いらしいから左手に視認性の最も高い白い腕時計をしてみたい、金属の感覚は全て斬り付けられた異常感覚だからゴムのベルト、そうだなニセコの頃、集めてたBABY-Gあたりかな?白かあ。夏な色だよね。せっかくの良い天気だからベランダに洗濯物を干せ節約出来るから洗濯したかったけど、洗濯のカードがエンプティ。残念。父曰く洗濯し過ぎらしい。でもね、僕、恥ずかしいけど尿のカテーテルが長かったせいもあり、おむつも長かったのも有り、脳で尿意を感じた時点で、もう破水する事多いんだ。どうにかトイレまで行くんだけど、焦りもあるのかな?基本的に脳の指令に対して行動が全て時間差攻撃でしょ。それに加えて右手と左手を連動させる事が苦手だから、ズボンの紐、ファスナー、ボタンが不得手で、毎回、ズボンのまま出ちゃうんだ。悲しいけどウンチ君も同じようなの。それなのに僕、パンツの履き替えも少ないんだ。靴下タイツ、ズボン靴まで汚しちゃうんだ。凄い悲しくて夜ベットに入らないで泣くんだ。まして僕ね。くも膜下出血を発症したのとイレの個室だから、未だに凄くトラウマで怖くて汗びっしょり、排便排尿後の貧血、失神になる事も多いし、まあパニック障害に近い症状が脳外の症状と合体して無茶苦茶なんだ。Tシャツ口に詰め込んでSちゃんの名前を叫ぶんだ。何度も、何度も、何度も、何度も。昔は,そんな時、大好きなSちゃんに電話してたんだ。でも本当は携帯電話の使用禁止だから、呼び出す岳でも心が少し癒えるんだ。TV電話で巧く繋がると、Sちゃんも、病棟内で,その時間は?と察してくれて無言で僕に手を振って笑ってくれていたんだ。いいでしょ。そんな、ささやかな事で僕は朝までぐっすり眠れたんだ。スタッフの言うように本当に彼女は僕の特効薬だと思う。好いでしょ!そんな大切な電話だけど、急遽、再入院となったSちゃんのお父様と、自宅で療養リハビリしている素敵なお母さんを繋ぐ為に,僕とSちゃんを繋いでいた電話は、しばし出張中なのです。本当は、持っているだけでも僕の精神安定剤だったから、手放したくなかったけど、僕なんかの病状より癌の転移で再入院した時春の授勲を受けたばかりお父様のほうが、よっぽど心細いんだろうな。と思い。僕は僅かでも協力出来る事が嬉しかったんだ。ゴミ箱の中の汚れ物だけ洗濯したくて苛ついています。毎日紙オムツするより安くなると思うんだけどなあ。何で僕の両親は僕の症状を理解しようと勉強してくれないのだろうか?子供の頃からの自閉症についても触らぬが仏だったようで、僕は柱にくくられ、室に押し込められ、母は一度も抱いてくれた事が無い。そんな壊れた僕を我が子のように抱いてくれたのは、大好きな町田に住むタケコおばちゃんだけ。暑いせいで病棟の窓が空けられていて風が肌に触れて痛いよう。左足にカミソリで切られた感じがちりちりして、目がチカチカするよう。Sちゃん大好きだよう。忙しいらしいね。応援してるからね。今日は一日中,君との楽しかった夏の日を眺めてくよくよ泣いていました。外出した人がアイス食べた話てた。また一緒にひとつのアイスやプリン分けっこしようね。愛してるからね。また写真みせてね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-06-06 20:11 | SWEET LOVE
b0086920_16475915.jpg
デニス・ホッパーにまつわるあれこれで、随分と昔を思い出した。ファッションは不良を気どっていたけど、仕事内容は、文科系、デザイン作業ありの、お絵描きありの、音楽関連の仕事、ラ・フォーレ原宿に事務所を構えるCOOLSのメンバーと親しい舞台照明屋さんのお手伝いあり、COOLSと親しいプロモーターホットスタッフさんのライブのチラシの作成&捨て看設置、出入りしていたライブハウス、クロコダイルのTシャツ作ったり、お友達バンド、「キッスは目にして」のビーナスのステージ衣装作ったり、ジョニー大倉さんの衣装作ったり、マッチの「スニーカーブルース」の衣装作ったり、女性向けの漫画で「ハイティーン・ブギ」なんかの流行も有り、不良カジュアルの定番であるライダース・ジャケットのオリジナル製作の引き合いが、ロック業界だけでなく、歌謡界からも沢山オーダーがあり、採寸を担当してた僕は、またまた芸能人と役得で繋がれた。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-06-04 17:10 | SWEET LOVE
b0086920_16163342.jpg

2007年6月3日の記憶。君は喪の間、大好きな波乗りも我慢していた頃、二人とも波乗りの道具を持たずに、ただただ季節が巡った新しい海を一緒に見るだけにドライブした想い出の日だったよね。今年も入院しているお父さんの為に海遊び、大好きなコーラを断って願掛けしながら稼業に家事、ご苦労様だね。いい天気だね。海も気持ち良さそう。撮影するにも好条件な天候だね。前にも話したけど、これから夏至に向けては、アウトドアロケーションのポートレートを写すのに良い日が続きます。君の家の近く、僕の病院の近く、遠出しなくても、写し慣れた環境、太陽条件なら、きっと症状を苦にすることなく、君をありのままに、美しく写せそうな気がするよ。Sちゃん、10分で良いんだ。僕を病院から出してよう。映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-06-02 16:33 | SWEET LOVE
b0086920_2031336.jpg

FUNKY MONKY BABY/CAROL
作曲:矢沢永吉
作詞:大倉洋一


君はFunky Monkey Baby
おどけてるよ
だけど恋しい 俺の彼女
君はFunky Monkey Baby
いかれてるよ
楽しい 君といれば

愛されてる いつもSatisfied
君がいなけりゃ
Baby I'm blue, No……
君はFunky Monkey Baby

飛んでいるよ
歌も楽しい 君と Night & Day

愛されてる いつもSatisfied
君がいなけりゃ
Baby I'm blue, No……
君はFunky Monkey Baby
おどけてるよ
だけど恋しい 俺の彼女
君はFunky Monkey Baby
いかれてるよ
楽しい 君といれば
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-31 20:11 | SWEET LOVE

STEADY GIRL

b0086920_19384422.jpg

あの娘はスティディガール/THE COOLS
作曲:ジョニー・大倉
作詞:館ひろし


Baby踊ろよ Rockin Roll
リズムに 合わせて Dance with me
いかした あの娘は Sexy Girl

波間に揺れる Surfin-Board
白いビキニで Swim with me
真夏の あの娘は Surfer-Girl

パーティ 終って Go with me
二人だけの 海辺
輝く 星さえ 今夜は 隠れて

夜風に揺れるT Pony Tail
左の指には College Ring
見つめる あの娘は Steady Girl

パーティ 終って Go with me
二人だけの 海辺
輝く 星さえ 今夜は 隠れて
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-31 19:55 | SWEET LOVE

僕はポチ

b0086920_13213297.jpg
ぽちのきたうみ岩崎ちひろ/絵と文 武市十雄/案

あしたから なつやすみ
ちいちゃんは おかあさんといつしょに うみへいきます
おばあちゃんちの うみです
ポチは よその おうちで おるすばん
おりこうにして まっているのよ

きしゃの まどから
わーい うみ
ひろーい うみ
おばあちゃんちは もうすぐ

さあ うみ
みずぎも うきぶくろも
とっても かつこういいんだけど
ぽちが みてくれない
ぽちがいたらしたいことが たくさんあるんだけどな
おもしろいんだけどな
そうだ ぽちに てがみかこうっと


ぽち おげんきですか
わたしも げんきです

おりこうに していますか
うみは おおきいです
ひかってて きれいです
わたしの みずぎだって かっこういいのよ
ぽちが いなくて さびしいです
よんだら うみに きてください
ずっと… およがないで まってます
               ちいちゃんより
はやくね はやくね ぽち

てがみをだしたかえりみち
ちょっとだけ うみによりました
おーい およげよおもしろいよ およげないのかい

ぽちがいないから
きのうも きょうも およがなかったの
わたし さみしくても なかないわ
だから ぽちも なかないでね

あれ あの おとは……
ぽちがきた ほんとにきた
おかあさん おとうさんがぽちをつれてきたの

あーぽち てがみ ついたのね
きょうから ほんとの なつやすみ
ぽちと いっしょの なつやすみ

わたしは うきぶくろ
ぽちは まだ むりよ
ぼうしで れんしゅう してからね
それから まいにち まいにち
いっしょに なかよく いぬかき

なつやすみのおわりには
ちいちゃんは まっくろ
ぽちも まっくろ
ぽちは はじめから まっくろでした


この本との出会いは、一昨年のお盆休みを過ぎた頃、病院の作業療法のプログラムの
アロマセラピーの時間、この時間は癒しの音楽を聞きながら、看護士でセラピストのIさんが
参加する患者の傾向に合わせ調合した香りを楽しみながら、そのIさんが厳選した、癒し系の
本を選んで読んでも良し、音楽、香りを楽しみながら仮眠するのも自由の時間。僕は、毎回、普通の本は左半側空間無視の一般的な症状で左右に並列のモノを正しく理解出来ず、本の左ページの左側を読み飛ばし、行のダブり読みで、縦書きで文字だけの本は、殆ど頭に読んだ事すら覚えていない程,解らないんだ。でも写真集や絵本、図鑑のたぐいだと、意識、注意が働き理解する事が出来るんだ。印刷物に長く関わって働いて来たから、本当に悔しいんだよ。文字は読めているんだけど理解出来ないんだ。その治療法に、例えば、読む本のページの左側に赤く印をつけたり、視界を左に傾ける「プリズム眼鏡」なんか、あるらしいけど、僕としては試して克服したいけど、父曰く、猛、これ以上,治療にお金かけれないから駄目なんだって。理解しやすい横書きの本とか、写真集とか、図鑑なんか買って、どんどん視神経を使いたいんだけど、そんなお金すら無いんだ。パートナーのSちゃんも二人の家族の杖になりながら,僕の身を案じてくれている状態だしね。友達に古本頂戴、カタログ頂戴って言ってるのは、ただの御貰いじゃなくて、真剣なんだ。使わない身体の機能が、どんどん廃用に向かいつつあるんだよう。そんな好きなジャンルの本も読めない中、アロマセラピーの時間に用意された老人や子供用の絵本が唯一の僕の慰め、ぽちの きた うみ凄く、泣けたよ。その夏、代好きなSちゃん、僕との海への写真リハビリ外出の為に、僕の好きなターコイズ色の水着買って、僕に写して貰える日を愉しみにしてたけど、その夏も、外出が許可にならなかったんだ。悲しくてSちゃんも泣いてくれたんだ。外出時の服装すらこの夏も用意出来なそうだし、さーふトランクスにタンクトップぐらい着たいよ。気持ち悪い程、色が白くなって、Sちゃんもつれて歩くの気持ち悪いのかもなあ。誰か僕に日焼け出来そうな肌が露出する洋服のお古プレゼントしてください。海に行きたいよう!
本当は、この本に出逢って、直ぐに、Sちゃんに、この本のお話したかったけど、だって、この物語の主人公のちいちゃんって、どう考えてもSちゃん、そのもの。おばあちゃんの家ってフゴッペかと?絵本の絵に登場する海も小樽の近くの海水浴場そっくりだしね。本当はね、この本をSちゃんと一緒に開いて、僕が彼女に読み聞かせしてあげたいけどね。パソコンに読み写しして直ぐにメールでもすれば良かったんだろうけど、僕の本じゃなく病院の限られた作業療法の時間にだけ読める本だから、病室以外でパソコンは使っては駄目な規則だから、作業療法の時間にノートと鉛筆を持ち込んで、読み写し、でも確認すると、平仮名だけでも、文字の似た、『い』と『り』は症状で完全にアウト。あと『ぬ』と『ね』脳外のスタッフなら誰でも知っている教科書通りの間違い。その怪しい書き写しを本日パソコンに写して、去年の夏を思い出しては、また泣いていました。せめてワープロソフトがあればなあ、良く脳外のリハビリの指先の訓練に皆さんがやっているような携帯電話でのメールを友人、知人、パートナー、家族との、やりとりもしてみたいなあ。

そうそうみなさんもみていわさきちひろいいよ、いいよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-28 13:09 | SWEET LOVE
b0086920_17185019.jpg
いきなり、GFから凄い青空を見せて貰った。彼女は忙しい中でも写し続けてたんだけど、僕に見せるの躊躇っていたらしい。僕の外の景色が見たい気持ちも、汲んでくれ、病院の外に一年間の間に一歩も出られない僕が、表に自由に行き来出来る人も、空を飛ぶ鳥にすら嫉妬を覚える事も充分に理解してくれてるからね。その青い空の一連のデータを届けてくれた時も、僕の傷つきを緩和する為に、僕の写真の大ファンだと言う人を引き連れて彼女は現れた。
ありがとう。Sちゃん、愛してるからね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-27 17:22 | SWEET LOVE

仕事は迷彩服で

b0086920_1652612.jpg
2007年月21日の記憶。豹柄を始めとするアニマル柄が好きなのも、迷彩柄が好きなのも、ピンクの小物が好きなのも、どちらかが、どちらかに逢わせた訳じゃない。犬が好きなのも、音楽やアートが好きなのも、海が、波乗りが好きなのも、ダンスが好きなのも、ファッションに詳しいのも、全部、全部。偶然。仕事に迷彩服を着るところも、同じ、そんなパートナーのSちゃんと力を合わせて仕事する時、どちらかが言い出す事無く制服のように、ファッションが揃う事も。僕が小樽に引っ越して来た時に、誰に相談する事無く、ラタン製の少し大きなドレッサーを手に入れた。それを、暫く経ってから見たSちゃん。何故か驚く。驚きの原因を問うと、僕の揃えたドレッサーと、まるっきり、同じ形のドレッサーが、彼女の部屋に、古くからアルトと言う。何だか、もの凄く嬉しかった。そんな、エピソード沢山あるんだよ。良いでしょ。写真は、いつも僕の仕事を手伝ってくれる彼女の仕事を勉強させて貰った日に。エントリーの記事を考えながら、病棟でも迷彩のウエアで仕事の気分にしたりたくなったよ。誰かプレゼントしてよう。USの軍ものなら僕もSちゃんもSサイズ。東京で言えば上野の中田商店、札幌だとキャプテン・トムが恋しくなった。そうそう、その昔、COMBATマガジンの広告も作ったり、原宿では米軍サープラスの超有名の店番していた事も。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-24 16:36 | SWEET LOVE

I LOVE YOUR SMILE!

b0086920_1853349.jpg
2007年5月21日の記憶。可愛い。嬉しい。待ってた甲斐を感じる瞬間。良く、町中で、主人が用事を済ませるのを、ひたすら待っている犬って見かけた事、皆様も、きっとあるでしょ?そんな形で僕は代好きなSちゃんを待つのが好きだった。待つよりも、やはり、戻って来た瞬間の笑顔が、滅茶苦茶好きだった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-22 19:01 | SWEET LOVE

芸術の森で恋をしよう。

b0086920_1659890.jpg
続、2009年5月14日の記憶。本日も2009年5月14日の外出に、ベターハーフである最愛のSちゃんが選んでくれたままのファッションで過ごしています。本日は、昨日に続き、病院代表、他多くの医師が専門科目の学会が東京で開かれており、それに出席する為に出張で、その為、がお以来も、医局も休みで、作業療法も変則で休日のよう。火曜日の遠足に参加しなかった僕たちは火曜日から始まって日曜日まで、けだるい時間が続きます。外の雨も手伝い。堕ちている患者も多く、勿論、流行に敏感な僕はいの一番に、堕ちています。そんあこんなで、今日のエントリーも他力本願(私を活かそうとする森羅万象全ての力に活かされる、感謝を唱った言葉。おも来的意味じゃないよ。)今回も古いブログ仲間の芸術の森で芸術しよう! 3と続くエントリーにヒントを頂き僕もエントリー。実はこの日、彼女に、沢山の自信を授けてもらったんだ。発症以来、太陽の光を受けての外出も始めて、アスファルトやコンクリートの病院内のような平坦な場所ではなく、でこぼこの多い柔らかい地面を歩いたのもこの日が最初だった。踏ん張りがおかしくて、靴が脱げて脱げて、恥ずかしかったけど、次回は、足裏との密着性が高いホールドが高い靴にすれば、自由に走り回れるんではと錯覚する程に自信がついた。同じ頃、同じ病気に遭遇したひとにも、まだ杖無し、車椅子無しで動き回れない人も多い中、本当に、光の中で歩けた事が嬉しかった。その時間のまま、一生を彼女と送れたら、どんなに嬉しい事だろうと思い続けていた一日、本当に叶うなら、あっという間に元どおりに回復するんだろうなと思っていた。何かの記事で読んだ。「治ったから、外に出る」ではなく「外に出たから治る。」と言う考えの元に僕を看護、介助してくれる彼女こそ本当の自由の女神だと念じてインスタレーションアートと得意のダンスでセッションする美しい彼女にシャッターを切った。発症後、屋外でシャッターを押したのも、この写真がはじめてであった。全て彼女の撮影機材で写したが、この直後、自信喪失から来る脳卒中後の鬱で、欲が無くなった僕にはじめて欲が湧いて、自分の機材で彼女を写したくなった。ありがとうSちゃん、大好きだよ。YORIKOちゃん、手助けしてくれて、ありがとうね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-20 17:47 | SWEET LOVE