2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Extreme Sports( 20 )

ニセコの夜はPhoto School

b0086920_1945623.jpg
まさに闇連の言葉のままに、狂ったようにスキー場の夜間照明が消えてから、何者かに取り憑かれたように、または誰かが僕の肉体に宿ったかのように、操り人形のように。そうしなくてはならないんだ。と言う親譲りの脅迫障害も織り込まれ、それに自閉症クリエーターの悩みである。何か新しい事をしなきゃ。に拍車をかけ、夜になると襲って来る妻が蒸発した悲しみ、愛犬が死んだ悲しみを、新しい世界をクリエイトする事で、埋めようと必死だった。当時、本当に壊れていた。アムステルダム産のPurple Hazeのせいじゃなくて、例の寂しさで死んでしまう霊長類のように、毎晩震えてた。子供の頃からの可笑しな癖で、寂しくなると自分を傷つける癖がある。通称アピール自虐と言う。特に自閉症アスペルガーの誰もがするように、僕も精神的に肉体的に圧迫の限界に達すると癇癪を起こす。皆さんはスーパーで、突然、大声を張り上げ泣きながら走る子供見た事あるのでは?かの同じ自閉症アスペルガーの画家はだかの大将こと山下清画伯も、ナイフでの障害事件を記録している。残念だけど、僕も彫刻刀で、ステンレスの定規で、僕をドモリだと虐める虐めっ子に怪我を追わせた小学校以来、両手で足り無い程、癇癪発作で事件を起こして来た。虐めに、打ち勝つ為に始めた剣道、虐められるのは変わらないけど、どんな大きな相手だろうが、小柄な僕に、打ちのめせない相手はいなくなった。皆さん、漫画の怪物ランドの王子、怪物君、知ってるでしょ?まさに僕の子供の頃は、その怪物君のように癇癪を起こし、弾けると半径5メートルくらいが、僕の癇癪でめちゃくちゃになった。おおよそ6帖くらいのエリアかな?タンスがあればタンスを倒し、ドアがあれば蹴り倒し、ガラス戸があれば、素手で割り、本棚も、わざわざ散らかるように倒しテレビを割って、カーテンでターザンになり、ヒステリー症の女性に食器部付けられた事、皆さんも、あるでしょ?あの感じが拡大したような症状なんだ。実際スイッチ入っている時は、意識が無いし、後から指摘されても覚えていない。逮捕され取り調べ受けても、答えられない。やった現実見せられれば、僕の仕業だと認めるけど、解らないんだ。ロス市警で、公共物への落書きで調べられた時も、湾岸戦争にカメラマンとして乗り込んだカイロ空港
での口の中、校門の中の強引な検査された時も大騒ぎ。今、思えば、側に刃物や撲りつけるものが無くて良かった。推測だけど、秋葉原での大量殺傷事件も、ひょっとして癇癪なのではと思い怖かった。時折、皆さんと、そして彼女と繋がる。ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-26 20:08 | Extreme Sports
b0086920_1771914.jpg
2007年3月17日の記憶。本日も熱いので、ちょっとばかり涼をプレゼント致します。いつものように、写真器材メーカー、アウトドアメーカー、アウトドアガイドカンパニーと、お付き合いのある会社、または個人のブログを国内外問わずにRSS購読して、長期入院で関係業界の最新事情が浦島太郎状態なのを克服する為に閲覧させて頂いて、自分なりの現場復帰へのリハビリプロセスとさせて頂いております。本日、そのひとつのブログに、懐かしい顔が紹介されていて、早く写したいの心が止められなくて。冬物の洋服のサイトを翻訳して興奮覚めやらないオイラです。そのブログとは、入院中の僕を日頃から案じて下さる株式会社TAKE様のブログの記事フォトグラファー成田健さんです。まず皆さんもクリックお願いします。そう彼も僕の得意とするウインタースポーツの世界で活躍する札幌にお住まいのフォトグラファーです。スケートボード、スノーボード、スキーのパークやボウルでのフォトセッションに加わったり、大会の動画映像を見るとお判りでしょうが、一昨年辺りから、動体の静止描写にストロボを持ち出すフォトグッラファーが急速に増えて来ました。海外のトランスワールド系の横乗りカルチャー雑誌から移入テクニックですが、僕の住んでいたニセコはカナダ人、イギリス人、オーストラリア人のフォトグラフアーもニセコと言う国際都市に、何かを求め集り、何かあると、「皆で写真を撮ろうぜ!」の乗りで、招集がかかり、僕もニセコローカルとして参戦し、海外でのスタイルをスキルに加える事が出来ました。もともと動体描写を得意としていた僕には難しい事は無く、それにのめり込む中でぶつかった壁がある。それは氷点下環境の中でのバッテリーの安定とランプの結露による寒暖差による破裂でした。僕は、この写真を撮影当時、panasonic PE-60SG の冬期アウトドア環境での耐久テストの為に預かっておりました。一方、TAKEブログで紹介されている成田君が使用しているのは、スタジオ内でも、出調撮影、アウトドアロケーションの水着撮影等にも使える気軽な、バッテリージェネレーターストロボ、成田健サンのブログも併せて涼を得て下さい。もうひとつ、先日、TAKE様から届いた注文の荷に封入されていた皆さんご存知のコマーシャル・フォトのバックナンバー2010/7号に、偶然か神の導きか?二人のニセコ時代のお友達カメラマン渡辺洋一君とニセコのセッションではいつもカメラを並べさせて頂き、僕もブログで紹介させて頂いた事がある樋貝吉郎君が並んで、その仕事が、写真集が紹介されている。凄い!おめでとう!だって、スキースノーボード雑誌じゃなくて、天下のコマフォトだもん!自分の事のように嬉しかった。其処で紹介されている樋貝吉郎写真集「cold fram」の中でも、スタイリッシュなストロボ使いした写真が沢山紹介されています。絶対に来るよ。この流行。間違いなしの太鼓判ドスン!僕も子の冬は「エリンクロームでエクストリーム。」をキャッチコピーにまた世界を代表するウインターアスリートを過激に激写!する事を、宣言致します。特に以前SNSでも記事にしていたように、厳冬期のハイアルチュードでの積雪環境でのファッション撮影を更に確実な者に完成度を上げたいと願っております。お付き合いのあるQUICKSILVER&ROXY様をはじめとし、冬を先取りする形の冬物の前倒し撮影、仕事の大小に関わらずお問い合わせ下さい。最愛のアシスタントSちゃんは、元プロスキーヤーで、冬期オリンピックの強化選手候補まで上り詰めた実力派、僕が教えた追い撮りしながらのストロボシンクロも、マスターし、障害を得た僕に変わって、僕の出来た事は全て練習してマスターしてくれたので、何なりと、お問い合わせ下さい。また、彼女は西武系スキー場の全てのポスターモデルの経験があり、それを活かしたヘアメイク、スタイリングで力になってくれます。ブログをご覧下さっているPROSHOPそしてPRORIDERの皆様、宣伝広報用の写真必要な時は、いつでも声かけて下さいね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 17:46 | Extreme Sports
WAO GOD COMEING,
b0086920_7355412.jpg
I HAVE GOOD NEWSTorah Bright takes home gold in Vancouver - Local News - Sports - General - The Examiner Newspaperなんで、北海道では放映されないの?寂しい。どんなウエア着てたの?可愛かったの?報道陣に、リップサービスしてたの?オリンピックのTV、カーリングとスケートばっかり、退屈だよう。報道規約、報道契約 SHOW BIZの頂点だから、仕方ないね。彼女の金を教えてくれたTAKA3様、ありがと。アーリー君、トラックバックありがとう。陸の孤島でオリンピックを夢見る僕にコメント下さい。短波放送ラジオあれば、ライブで楽しめるのかな?寂しいよう。デイルームのBSテレビ、新参者の僕には、チャンネル権が無いの、固執、執着の人が多いから、新聞だって、手に持つだけで怒鳴られるの。「彼女の、買って来てもらえばいいじゃん。家近いんでしょ?」事あるごとに、チクリチクリいじめられるの。看護士さんの話しによるとSちゃんが奇麗で可愛いから、みんな焼きもちなんだって。友達が金メダルの瞬間が見たいとデイルームのBSが入るTVのチャンネルを持ってる患者さんに、お願いした。「依田さん、脳の一部を捨てたから、見ても、脳が見てる事を認識出来ないから、見たってしょうがないよ。」いつも、こんな調子なの。「チャンネル貸すけど、何かおやつくれる?」看護士さんに、内緒だけど、こんなことばかり。僕自身、他の患者さんのおやつをたかったり盗んだりしたくなる程、ずっとSちゃん家の事で忙しくて面会に来たくても来れないから、僕、おやつ貰ってないから泣きそう。一言で良いから話がしたくてさあ。こんな些細な願いも叶わない。皆からのコメントはすっごく嬉しいよ。一日に何度も見つからないように布団に潜って新着コメント確認しています。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-20 07:49 | Extreme Sports
b0086920_7361778.jpg
本日TV放映だって、お茶の間で楽しんで下さい。金メダル有力候補だよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-19 07:38 | Extreme Sports

スタジアムにて

b0086920_16352327.jpg
札幌オリンピックで数々のドラマを記録したラージヒルジャンプ台を利用したフリースタイルのスキー、スノーボードのワンメイクのイベントにて撮影。多方面からオリンピックを含めた国際競技会の「撮影に行かないか?」と誘われる事が多く、僕としても勝負を賭けてみたかった。中でも空を部隊にした飛び系の競技は、カメラ初心の頃に、嫌に成る程に写した雁鴨で身に付けた感覚のままで良かった。ジンバル雲台もオートフォーカスなんか使わなくてもばっちり写せるくらいに、僕の身体は高射砲のように、宇宙を飛ぶものを仰ぎ映す為のマシンになっている。後は、他のプレスの誰よりも芸術的な美しい構図に,瞬時に納める練習だった。実際のオリンピック競技場で本番カメラ位置を想定して写すのは楽しかった。これを撮影した当日のイベントをケーブルテレビが中継に来ていたので、三脚禁止、一脚も禁止の中でのSIGMA APO400mm単焦点、手持ちで写しました。この限られた条件と言う環境もまたし劇的。恐らく本番のオリンピックでは、もっともっと沢山の制約の中の撮影、運良く映せても、その肖像権、交渉の技も、コミュニュケーションスキルも全部含めてプロフェッショナルなスポーツフォトグラフィーなのだ、目指そうと思って練習を積んで、これほど迄に上達したスキルを自覚出来る分野は数少ないと思う。それなのに、オリンピックまっただ中なのに、これらの写真について語る写真ブログの記事がエントリーされないのは何故なんだろう?カメラメーカーも開発の指針をオリンピックにしているのにさあ。ぶっちゃけレンズのハイスピードモーターや、高速オートフォーカスなんか必要ない人ばかりだよね、僕の知る限りの極限環境でのスポーツを写すプロカメラマンは、皆が口揃えてメーカーに求めるものは耐寒性、断熱性、堅牢性、防水性。コメント下さいね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-17 17:14 | Extreme Sports

HI! MASTER YODA!

b0086920_1240647.jpg
ミスターじゃなくマスターを僕のハウスネームに付けて呼ぶ外国人が多い。現在、明日のバンクーバーでの金メダル候補のトーラちゃんも、そんな、一人だった。撮影した2007年の2月17日の時点で、彼女はすでに、偽り無く、ややこしい説明抜きに世界の頂点に何度も立った、本物の女王だった。まして容姿も端麗で、海外の雑誌ではアイドルのように表紙で笑ってた。ルームウエアでセクシーポーズもね。そんな人気なのに、天狗なそぶりひとつなく、いつも屈託なく接してくれた。撮影がPHOTO SESSIONが終わってからも、彼女の方から僕を捜し出して呼びかけてくれた。超嬉しい。デートの誘いだった。ニセコのローカルフォトグラファーなら、このニセコモイワの一番美味しい場所を教えてくれる。そう思ったそうだ。この後、僕はニセコモイワのコース外、つまりBACK COUNTRYを彼女に案内した。ナチュラルヒットで、幾つかのシークエンスを写したが、カメラがパウダーの餌食になりメディアに巧く書き込めていなかった。完全に米POWDER誌の表紙クオリティに匹敵するさくひんだったのにね、CASIOのG−SHOCKのようなNIKONデジがあれば良いのにね。皆さん、彼女トーラ・ブライト選手が登場する女子ハーフパイプは、いよいよ明日です。応援してね。僕がWinning Shoot決めたかったなあ。コメント欲しいよう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-17 13:15 | Extreme Sports

portrait"Torah Bright"

b0086920_1964477.jpg
素顔のトーラ・ブライト選手です。偶然の一枚、とっさの一枚。カメラは有効期限無しのパスポートだと思う事が多い。其の年のワールドタイトル保持者が、直接に、僕にポートレートを写してと言って来る。ボディーガードのようなスタッフからも頼まれた。実は、この出会いの数日前に、僕は彼女をスポンサードするブランドの親会社が冠になったスキー、スノーボード複合のFREE STYLEのイベントの撮影に誘われて、その会場で本社スタッフからインターネットで見つけた僕の写真の事で、いきなりVIP待遇を受けた。その時のスタッフのひとりが、彼女の付き人の一人だったんだ。レフもストロボも何も無い状態で本番、青かぶりだけが気になってさあ。本当は背景をアンダーに落としたかったけど、時間がかかるとしらけるかな?と思った。メーカーのロゴを、凄く意識してカシャリ!2007年の2月17日、愛すべきニセコモイワスキーリゾートにて。見る人がニセコモイワだ。と解る背景にして、其処で働く親友へ感謝。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-16 19:27 | Extreme Sports

GO! GO!Torah Bright!

バンクーバー五輪、あなたの注目選手&応援メッセージ!
b0086920_17253815.jpg
オリンピックの開会式を見た。選手の入場行進、豪州の旗手を勤めた、ひときわ美しい女性を見た瞬間、僕は大声を出して、その場に膝を落とし泣き崩れた。僕は,その彼女を会場で写すはずだった。こんな病気に、ならなきゃ、僕は今頃バンクーバーのオリンピック会場を走り回ってたはずだ。悔しい。悲しい。ニセコMOIWAで初シュートして以来、国内X-GAMEに参加した彼女を追い掛けた。被写体としては申し分無し、U.S OPEのチャンピオンだった。アメリカン・ドリームって言葉あるでしょ?僕の場合は、ニセコ・ドリームだった。彼女をシュートした写真が、アメリカ本土で、オーストラリア本土で、そして欧州で、販促に使われた。それ以前に、犬写真がアメリカのペットメーカーで使われてたけど、納品を意図しての写真がデビューしたのは,彼女の容姿とスノーボーダーとしてのBIG NAMEが呼び寄せてくれた幸運に違いない。ニセコで、お茶した、あの娘が、SKYPEの動画で戯けていた彼女がオリンピックの大観衆を前に満面の笑みを浮かべていた。僕の病院のスタッフがバンクーバーに応援に行く為に、休んだ人が居る。弟が男子モーグルで出場したらしい。トーラちゃんのファミリーネーム、格好いいね。BRIGHT、メダルも、一番輝くのだと良いね。皆さんも応援してね。この出会いに、橋を架けてくれた親友のエクストリーム・スノーボーダー高久智基         君とニセコモイワスキー場のスタッフの皆様に、感謝します。そうそう、彼女の撮影は、スポンサーが、横乗りスポーツ大好きな女性二人気のファッションブランドだったから、ライダーのシークエンスは、当然の事、衣類の色出し、質感出しに注意しました。ニセコの皆さん?どうだろ?出来はどうあれニセコの歴史に残る一枚でしょ?ニセコ モイワの代表様、拡大してロビーに飾って欲しいです。索道経験が、この構図を生み出しました。リフトより高く見せたかったんだ。この一発、とーラちゃんは、僕の為だけに飛んでくれた。オリンピックでは女子ハーフパイプに出場かな?ボーダークロスも愉しみだね。出場者に,知り合いが、こんなに沢山居るのに悔しい。TVもニュースの刃イライトしか見れません。ニセコの皆さん、僕の為に、録画してほしいです。スノーとサーフの雑誌が見たいです。世界のトッププロにも愛されるニセコモイワスキーリゾートを、宜しく。オーナーさんからも、僕に写真写して欲しいとラブコール、しっかり、届いています。直ぐにでも、何処迄、写せるかチャレンジしたいのですが、生憎、僕の撮影をサポートして下さる最愛のパートナーSちゃんが多忙で、彼女のスケジュールの空き待ちです。冬物のウエアも今は無いしさあ。ニセコの皆さん、一杯、ありがとう。写真のトーラちゃん、この高さでノーヘルメット。美しいでしょ?
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-15 17:54 | Extreme Sports

堕ちる。

b0086920_745733.jpg
Good Moning Everyone. I have Super BAD MORNING ! DOWN DOWN SHOUT SHOUT CRY CRY SAD SAD.freestyleああ。もじでんなしだし、つまんないし、かなしいし、さいてい。どして、こない。なんもこない。さむいね。PCがへんでいやだうよ。きてほし。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-13 07:15 | Extreme Sports

影フェチです。

b0086920_11225833.jpg
職人歴としては、一番、経験の長いのが、グラフィック・デザイン。現代では、パソコンに、おまけに付いて来るSOFTで、少しばかりの絵心があれば、ちょちょいと真似事すれば、何となく、それらしく、デザイナーの真似っこ、出来るよね。まあ、本業にする人を専門学校で教えた事がある僕から見れば、リカちゃんの美容室とか程度の、ままごとにしか見えないけどね。写真の上に文字とか載せるでしょ?背景との兼ね合いで、見やすい文字、見にくい文字があるよね。それに加えて見やすい色、見にくい色がある。そこそこ見える程度じゃね、商業広告においての文字は、ひとつの要、しかも、それを見せる為に、出広告主はスペースに、その露出時間に、莫大な広告予算を費やしている。僕らは広告のアートディレクターは、クライアントに対して、この広告を今回打ち出すにあたり、その広告の効果を、前月比、何%の売り上げをアップ出来るかをキチンと数式で表現し、断言出来る迄、広告プランを練り込む。この広告に於けるマーケットの動き、顧客心理額に準じたプランニングの僕はプロフェッショナルなんだ。その大切な文字を、いかに見る人に飛び込んで来るように見せるテクニック。色と色を衝突させ、わざと毛抜き合わせ(KNOCK DOWN)で、ハレーションを誘発し、文字が画面上からフロートさせたり。と的大適所の技法を駆使するのは楽しい。これらを指導するのも魅惑的だった。本題の影も、また、そんな選択肢のひとつであり、文字を凸に見せたり、凹に見せたりするのにも万国共通のアイテムである。例えば、お見せしている写真に載せた、お馴染みの、Magnum Yoda Photographyの文字、メインの書体には色を用いてないで、その書体をガウスで太らせ水平方向に風適用でぶれ効果ののち、元の書体と抜き合わせしている。自分の写真に対して毎回、色を変える事無く載せても文字も写真の見え方を損なわないように考えての作品である。また僕は、交通広告を得意としていたので、普段写す写真のトリミングのこだわりが、皆さんと違うと思う。例えばAB判の雑誌の見開き使用想定。駅構内啓示B倍判ポスターの横位置。電車の車内吊りは、特に何度も賞を受賞(
しゃしんじゃなくて、デザイン・ディレクション)してる得意分野。専門雑誌「ブレーン」「宣伝会議」で北のアートディレクターとして紹介されたJA夕張の首都圏向け広告も、このB3判変形の車内吊りト呼ばれる様式のポスターだった。面白い仕組みで宙吊りになる為にb3判の上部の長辺の上から約4センチを金具が加える為に不思議なトリミングが必要であり、それを想定して写す事が、本流の広告屋を退いても楽しかった。「ノートリミングで使用願います。」と言うカメラマンが多かった。中には、媒体を想定して前もってロゴ位置、コピー位置を考慮して下さるカメラマンも多かった。雑誌写真でもボディコピーのブロックを想定してくれる人も多かった、特にモノクロページでは、複雑な技法は避けたい。見た目にも、アカウント的にもね。製版代金、そして文字校正で、直しを1判だけの返しにしたかった。というか、そうしなければならなかった。一冊の製作料金の原価計算が仕事なの、校正段階のフォローの仕方でも大きく変化した。最低価格で、最高のパフォーマンス。多くの著名な写真家、イラストレーター、コピーライター、製版オペレーター、印刷工とのセッションに、明け暮れた日が懐かしい。渋谷に上陸した、日本で販売12番目のMACが僕のものに、photo shopに関しては、最初のオーナーの一人である。大日本印刷市ヶ谷と共に、日本初のDTPの流れを組み上げた。製版知識、写真知識、色知識に長けていた僕が重宝された文明開化のようなMAC上陸だった。そんなフェチなデザイナー知識を下敷きに自らの写真も変わった。当初は外注費削減の為に、当時の社長から買い与えられた4×5カメラに67、外注していたカメラマンと同じものを揃えるで始まったスタジオ機材集め。会社のものじゃ嫌で、自分でもプロ以上の機材に埋もれて暮らしたりね。本日、掲載の写真のライダーの落とした影こそが、デザイナー的発想の写真では?と思う。感覚的に飛び出して見えないだろうか?優れた訴求効果を持つ映画にも使われる事が多い影の使い方。俳句の字余りと同じで、写真でも、それが、あることによる効果が無ければ、可能な限り軽くしてシンプルな方が良いと、僕は教えている。雪のコンディションで影が明白な季節、ひとつ影についてロジックしてみては?コメントお待ちしております。パソコンで写真加工だけじゃなく、サクサク印刷向け実データで印刷屋とセッションしている方、見ている同業、同世代の人いるんでしょ?コメント下さいな。そうそう、影と言えば、この人だね、紹介します。大好きな友人写真家Kage 君を覗いてみてね。世界中の冬景色満載です。
ブログランキング参加中。皆様にお願い。道具も無いけど、写真への愛情は負けないよ、新しい写真じゃないけどカポチリ!お願いです。コメントも、愉しみです。Sちゃんを、僕を喜ばして欲しいよう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-08 11:46 | Extreme Sports