2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー

<   2006年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧

b0086920_17471176.jpg
ヨドバシ札幌撮影会での1コマ

男性ポートレートへの疑問をぶつけては答えて頂いた。

僕は「こんな感じでしょうか?」と長友先生にモデルになって頂き
カメラのプレビューを何度も確認して頂いた。

「柄に似合わず優しい絵だな。」「いざと言う時の為に正面もな。」
照れくさくて寄り切れなかったが、今となっては無念の一言。

何故か心地よい空気の中に僕はいた。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-31 17:55
b0086920_14132851.jpg
日本海側へと流れ込む川は哲学者のようである。

多くの宗教では西側は特別な意味を少なからず抱いている。
そして空を覆い尽くす雲も宗教を母体とした絵画には実に多い。

この日最も下流川で成果を上げていた男は地元出身者で
現在は札幌で住居を構えているとの事だ。

彼の少年時代カヌーイストでエッセイストで有名な
野田知佑氏が尻別川を訪れた25年前カヌーに乗せてもらった時の
記事が最近、本に掲載されたようである。

川を取り巻く環境は変われど西側からドクドクと
押し寄せる朝の大蛇のような雲は昔も今も違いは無いであろうか?

この写真の時程、超広角10mmでも画角が狭く感じて手こずった事は無いな〜

最近リバーサルの色をRAWデータに焼き付ける事にハマっている。
粒子が荒れても僕の心の色は充分に伝わると信じている。

なんだか出来上がった昨日の雲を見ていると涙があふれた。

北海道時間で9時27分の空だ。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-31 11:33
b0086920_10161488.jpg
朝から堤防伝いにアユ釣り大会の参加者を見て回った。

ふと一人の初老の後ろ姿が気になり眺めていた。

まさに匠の構え、竿先から伝わる鮎の動きを聞き入っている。
耳と目そして骨に響く振動に柔らかく神経を尖らせている。

わずかの間にパタパタと釣り上げる様も
スローモーションのように何故だか見えた。

大会の結果を聞かずとも彼が冠を奪ったのに違いない。

釣り師にしろ、アウトドアの世界でも
当然写真の世界でもそうであろうが経験を積んだものから見れば
その人の技量を見ずにも普段の物腰だけで判断出来る。

そういう僕も誰かしかから何時も判断されているのだろう。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-31 10:28
「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、
そのうちの一匹をなくしたら、
その人は九十九匹を野原に残して、
いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。

見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、
友だちや近所の人たちを呼び集め、

『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください。』と言うでしょう。

あなたがたに言いますが、それと同じように、
ひとりの罪人が悔い改めるなら、
悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。」

(ルカの福音書15:4〜7)。

道路を横断する羊/The Photographer_Kenji Nagatomo

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-31 06:38
b0086920_1234787.jpg
長友健二先生が旅立たれたとの記事を伏見先生のブログで読んだ。

偶然なのか昨夜レフ版を気にしていたせいか
僕にレフを当てて戯けてみせる長友先生の夢を見た。


そして今日も炎天下の撮影の苦手さを克服する秘密を
一言一言なぞるように撮影していたばかりであった。

わずかな先生との時間であったが
水害のような僕の目。

写真は札幌のヨドバシ撮影会で炎天下のシエードコンディションを
教えて欲しいとの僕のリクエストに僕を肩口においてくださり
レフの効果的な当て方を見せて下さった際のものである。

どんな質問を投げかけても終止笑顔で答えてくれた
この年はじめての北海道での真夏日は僕にとって忘れる事の出来ない日になった。

本日アップしたベーシストの写真も
ありがちな影絵では無く彫刻のように浮き立たせれば良いんだ
と言うアドバイスをレフを用いて実践したものです。

先生との出会いの切っ掛けを下さった伏見先生
そしてヨドバシカメラ札幌の秋田谷副店長ありがとうございました

7月30日(日)悲しいお知らせ!

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-31 01:22
b0086920_23394183.jpg
撮影会をよそに僕らの世代から見れば雲の上の存在である。長友健二先生とモデルにかぶりつくカメラマン達を傍観しながら幾度となくおしゃべりをさせて頂きました。先生とは在京中にはお逢いする機会は無かったのですが、先生の写す男性ポートレートが強く印象にあり、昨日も男性ポートレートの疑問点等をぶつけ答えを聞き出す事が出来ました。禅問答な時間は若かりし頃の修業時代にタイムスリップさせてくれました。ぱっと見た感じは人の良いおじいちゃんな風貌となっていましたが、時折見せてくれるギラッとした眼光は美しく僕は興奮を隠せず何度もドモリながら話させて頂きました。ありがとう長友先生!
SIGMA 10-20mm F4-5.6 with Nikon D1
b0086920_10284650.gif写真ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-30 23:52
b0086920_18484934.jpg
長友健二先生に僕は泣き言をぶつけた。「炎天下の撮影は苦手なんです。」とね、アンダーでありたいとスタイルを貫いているなら、それを更に演出しちゃえばいいじゃないか!NDでとことん露出絞り切って補正も色温度も切り詰めちゃえばいいんだよ!昼を夜に、夜を昼に転じるのも写真の常套手段だよ!悪条件から逃げているようじゃ、まだプロとして甘いな!と嬉しいアドバイスを頂き、その後異例のマイナス2.5でモデルさんを切り取らせて頂きました。まあレフの担当の方には「顔が飛ぶ程、強く当てて!」とオーダーしちゃいましたけどね!なんだか伏見先生の言われていた。最近は固めで強めの日中シンクロがポートレートの流行だよ!が見えて来た感じがしました。夏至直前、太陽がひく影が長く師の影を踏まないように後を追うのが難しい1日で、超広角では自分の影に失策する日でもありました。
SIGMA 10-20mm F4-5.6 with Nikon D1
b0086920_10284650.gif写真ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-30 23:50
b0086920_23501880.jpg
明るい日差しに包まれた午後

お互いの体温を確かめ合いながらうたた寝している
ステキな若いカップルを発見。

人間に生まれて来たなら誰しもが羨む光景であろう。

雄大な大河のほとりは陰湿なムードは一切無い
そんな事柄を象徴するような美しい絵になった気がする。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-30 23:45
b0086920_23255963.jpg
写真でもそうであるが普段と別の目線で見ると真実が見えて来る。

以前は戦略の武器で打ち上げを競い合った人工衛星も
現在では互いの国を監視するのに役立っているそうである。

僕の提案で始った気球から見る地元の川を子供達へも今年で三回目となった。

アウトドアアクティビティを簡単に誘致する事ができるのも
ニセコと言う土地柄なのかもしれないけど
出張価格は聞いて驚く程に安い事も知っておいて欲しい。

特に子供達には地元の風景を叩き込んでから
大都会へ送り出して欲しいと僕は願っている。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-30 23:36
b0086920_22404256.jpg
今日の朝の尻別川は映画のようであった。

停滞していた低気圧のせいで釣りが最も美しく見える曇り空。

せせらぎ祭りの川の中のイベントは午前中は鮎釣り大会だ。

僕は釣り業界を皮切りにアウトドア業界のディレクターとなった。
鮎釣りとの出会いは「アユ釣り’87」と言う雑誌のデザインだと記憶している。

元来、扱うものはトコトン知り尽くさなければと言う考えだったから
当時の有名な鮎釣りのプロ達の実釣を現場で見て覚えた。

鮎の縄張り意識を匠に利用した釣りは感動的であった。

ブラックバスの釣りでは大会に参戦していた頃だったが
いつかは疑似餌では無く生きた囮をコントロールしてみたい
欲求が心の何処かに眠ったままになっていた。

尻別川は乱開発される前は有名な鮎の遡上河川だった。

毎年アユ釣りの現況を見て来て年々増える個体数に驚くばかりである。

子供の頃からフライやルアーと言った遊びで育ったが
そろそろ本腰を入れて日本古来の伝統の釣りを身につけたい
この風景の一部になりたいと瞑想に近い感じでドラマを見ていた。

グローバルに考えるにはローカリズムをまずマスターしたい。

ブログランキング参加しています。皆様カチャリ!と願います
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-07-30 23:05