2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 10月 ( 89 )   > この月の画像一覧

優しい時間

b0086920_18293273.jpg
懐かしい札幌南区の空気、僕のいた時代は犬ぞり全盛期で北方犬種が至る所にいたが
10年を隔てた今では飼われている犬種も都会のようなセレクトになったようだ。

犬種は変われど変わらないものは犬のいる静かな光景の安らぎだ。
しかし静かにしなくてはならない空気感を察知できないほど甘やかされた犬も目についた。

世の中の半数は犬嫌いと言う事も僕ら愛犬家はトコトン理解し無くてはならない。
可愛い可愛いだけでは、この優しい時間の存続は難しい時代に突入している。

人間との距離感のさじ具合を巧みに操る犬の姿は至玉の美しさだ。
飼い主のモラル犬自身のモラルがあってこそ紀元前からの付き合いが可能だった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-31 18:39 | DOG PHOTO
b0086920_16262248.jpg
聞き慣れた声を耳に空を見上げた、白鳥の渡りであった。
ひょっとして最後尾なのかな〜もちろん全てを監視している訳じゃないから、おそらくもっと遅くなる群れもいることだろう!
まあ僕の気分的には最後に思えたのは確かだ〜昔から思うのだがロシアではロシア語を解し、
我が国では日本語を解すに違いないだろうなとね!当然朝鮮ルートを渡る群れもあることだろう

国境を持たない渡り鳥は平和のシンボルに思えてしまうのは僕だけだろうか?
比較的自由に育てている我が家の歴代の犬たちも渡り鳥を見送るときの背中は物憂いだ。
特に北方の血を濃く受け継いだハスキー、オオカミ犬は見えなくなっても静止したままだった。

ロシア語でさようならはダスビダーニャと言うらしい、なんだか美しい憂いある響きで知ったとたん好きになった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-31 16:38 | WILD LIFE

犬と歩む旅

b0086920_33367.jpg
犬が人と人を引き合わせる魔力を持っている事を、この日程感じた事は無い。

金曜日、有名な犬ブログ「北海バーナー道」の管理者の経営するカフエへ立ち寄った。
彼ことキシダさんのブログを訪ねはじめて一年近く経ったろうか、ブログを通じて何故かしら
親しみを覚えていた。業種は違えどバブルを越え生き残った姿も自分とオーバーラップしていた。

彼のカフエは以前、僕が札幌暮らしをしていた際のテリトリーで何度か訪ねたが営業時間外で逢えずじまいだったが
今回は何故か、暫く待たせてもらう気持ちになった。東京の有名ホテル時込みのエスプレッソも美味かったからね〜

キシダさんは僕の犬写真のファンで手厚い歓迎をしてくれた。なんとスタッフも写真が大好き
カフエにはお客さんが閲覧するための犬の本と同じくらいに写真の専門書も並んでいたから嬉しかったな〜

犬の写真を写すカメラマンは自分自身が愛犬と写る写真が少ない事から、
僕にマークとの写真をお願いしたいと彼は僕に告げて来た。

不思議な事に翌日ニセコにSLを写しに行く予定があるというので、僕は合流を決めた。

渡り鳥を見送るときもそうだったがSLの後ろ姿も旅する気持ちを助長する。
しかし、とてつもない青い青いニセコの空。どうやらマークの引き合わせで僕もキシダさんと旅を続ける事になりそうだ。

この日の出来事の続きはこちらでご覧下さい!北海バーナー道::BLOG: ベッキィへ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-31 03:27 | DOG PHOTO

写真を愛でる光景

b0086920_09924.jpg
先日、生家に有名女流俳人「正木ゆう子」先生が俳句業界きっての変わり者の父を訪ねてやってきた。
北海道の旬の幸とワインで上機嫌のゆう子先生、いや、ゆう子ちゃんと言った方がいいのかな〜

変な親子を目の前にして、我が家の祖先の写真がみたいよ!とのことで親父は待ってましたかのごとく
我が家の歴史を写真を前にひもといていったぞ!真面目な一直線な家族には理解しがたいかもよ?

でも何だね!いい写真が残っているというのは財産だなあ〜

おいらに芸術系の才能を与えてくれたのは、これらのご先祖のおかげなんだよね!

父はクオレやニルスの冒険なんて本を子供の頃に与えられ、僕にはシートン動物記やデズニーを与えてくれた。
はやりの漫画は否定されたが、類想に溺れない感性を養うことが出来たんだな〜

農家も三代かかって一人前、芸術分野もそうだと父は笑っていた。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-31 00:24

我が家の犬

b0086920_2102439.jpg
たまには我が家の犬の全貌をみてくだされ〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-30 02:11 | DOG PHOTO
b0086920_2258514.jpg
最近では、すっかり愛玩犬とかして、もともとの水猟犬としてのイメージは薄れてガッカリだが
そんな環境を変えたプードルが時折見せる大人びた表情は写真には最高なんだ〜

僕がプードルを飼いはじめたのは文豪スタインベックが黒いスタンダードプードルを愛していたからだ!
プードルファンなら知らないと潜りだが、「チャーリーとの旅」と言う作品の中のイメージが大好きだったんだ!
勿論、GUNDOGごっこをすることも考慮したけどね!そして自分でトリミングする喜びもね〜

写真は、この店のパティシエのパートナー”モコティ”昼下がりのアンニュイな時間に
それはそれは幻想的に美しかったなあ〜やはり猟犬の血筋を引く犬だからマズルを刈り込んだ姿がお洒落だったね〜
このショークリップ(人間で言うヘアスタイルの一種)は、実猟の現場から生まれた事を覚えておいて欲しいね!
プードルはレトリバー誕生の基礎になった歴史の長い犬種だから、勉強する気になればいくらでも文献がある。

洋服を揃えるのも良いが、内面的なDNAの可能性を勉強する方が先だろうな〜

あとから気が付いたけどトイプードルでもスタンダードまではいかないにしろミニチュアサイズのゴージャス感
歴史あるクリップは美しいね〜値段も高そうに見えるのは俺だけかな〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 23:13 | DOG PHOTO

若林浩樹先生と仲間達

b0086920_21102697.jpg
今日も僕はSLニセコ号を追いかけていた。その帰り道、有名撮影スポットにカメラマンは集まっているかなと車を走らせた。
案の定、数台の車が!その先頭に見覚えのある車〜すると大勢のカメラマンの中から手を振る姿が〜
おっ!大先輩の有名カメラマンの若林先生だ!どうやら生徒さんを引率しているようで僕はすかさず
「撮影風景を写させて欲しいので同行させて下さい!」と先生と皆様に頭をペコリ!

羊蹄山の見える丘で皆さんの撮影をアドバイスする光景を覗かせて頂きました〜
三脚のセッティング位置も誰独り立ち位置にしてい無いのが印象的で好感が持てました〜
それに流石若林先生を囲む仲間達(悔しいけど殆どステキな女性〜)の出で立ちは
頭のてっぺんから爪先まで機動力重視の使えるアウトドアメーカーで決めていたね〜

吹雪の日の撮影の話しをしていたから本格的な感じだったよ!
僕のハイアングルを見てアンセルアダムスの名前が登場し知的な集まり、
しかも、足腰の強そうな身のこなしでかっこ良かったな〜

今日のアドバイスは僕も取り入れ空を大きくしてみましたよ先生!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 21:31 | 素敵なカメラマン

プロデューサーの庭

b0086920_1562971.jpg
札幌でのアートディレクター時代の恩師の元を訪れた。

東京からUターンしての札幌は僕には辛い毎日だった。経歴でちやほやされたがね!
大企業の広告ばかり手がけていたので、地方には欠かす事が出来ない流通の末端広告には手こずったね〜
良くあるじゃ無い、歳末セールとか〜爆弾マークに金額が入ってる奴ね!

地元の大きな広告代理店に挨拶に出向き、そこの三人いた製作部長のひとりが
驚く泣かれ東京時代の生意気な僕が仕事が出来ないと首にした男であった。

その日から東京に本社を構える広告代理店の札幌支社にばかり営業に出向くようになった。
やはり仕事量は少ないもののクリエイティビティを追求させて頂く事が出来た。

そんな時、チームを組ませて頂いたプランニング会社を経営するのが恩師であった。
直感的な人で強引な営業方法で嫌いな人は多かったが、東京では当たり前の人種で彼との時間は安堵だった。

オフの時間、彼の家の庭作りを手伝ったりと至玉の構想時間を時間を共有させて頂いた。
その庭もそろそろ10年が経とうとしおり、経年変化したありふれた納屋ですら感動的だった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。

そうそう、かなりの曇天を選び、F値を22以上で絞り込むとイングランド風に
精神的にはキチンと几帳面に整理する事が英国気質な感じを演出出来ますよ!
露出補正は抜けがぎりぎり悪い感じを選んで下さいね〜

上級裏技としてはピンアマにして絞りで整えるのが優しさにツナガルよ〜
いいちこさんのコマーシャルの写真見たいにね!ビギナーはチャレンジしては駄目だよ!
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 15:30 | 庭師の心で
b0086920_1341378.jpg
札幌滞在中、犬達の運動には困ったね!我が家の犬は散歩なら行かなくても良いよの態度だし〜
出来るだけ一目に付かない所でフルスピードで走れる場所はないかと古い記憶をたどってみたよ!

そうそう、豊平川のS字を思い出して行ってみたら、案の定誰もいないぞ!
見つけてぶつぶつ言うのは躾の出来ていないリードもビンビンにしてる犬の飼い主なんだ〜

オオカミ犬レディとの運動もここでやっていたんだよね!当時より河畔林がのびて良い感じだったけどさ
なんだか豊平川の水量が驚く程少なかったね〜泳ぎ大好きな犬達はつまらなそうだったなあ〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 01:43 | DOG PHOTO
b0086920_0335161.jpg
札幌で時間が空いた。以前住んでいた南区真駒内で犬の散歩に?運動と言った方が正しいだろうな〜
そんな歩いて行ける真駒内公園とエドウインダン公園、そしてモナミ公園を足早に散策する事にした。
なんだ灯台もと暗しで町中の川の側の方が断然に上出来の紅葉だったよ!
しかし何だね!断崖に張り付いた紅葉は写真に撮ると圧迫感が凄くて気持ち悪いな〜

散策している人達は年配で犬の仕草も板に付いていて絵になりやすかったね〜
太陽のかげり待ちをしたけど此処までスケールでかく撮るとレベル高過ぎて僕には無理です〜

まあ、紅葉情報として見て下され!貴方ならどう撮るのよ!
まさかクローズアップなんて自然の冒涜はしないと思うけどね!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 00:44 | DOG PHOTO