2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー

<   2008年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ポートレート・バイブル

b0086920_7501627.jpg


ポートレートの師匠の新しい本が発売された。
本当はクリエイティブ・ソースだったので
紹介は差し控えたいが、平積みされているから
皆さんにバレるのは時間の問題だろう。

初めて彼の名前を知ったのは音楽雑誌の
ディレクタ−を始めた頃だ。

カッコイイレコードジャケットを片っ端から集めた。
デザインが良いもの、写真が良いものとね。

オイラのお眼鏡に止まったジャケットの裏面に
小さく刻まれたフォトグラファーの名前。

当時はインターネットなんて普及していなかったから
もっぱら嶋田洋書店でリストから検索。

あ、オンサンディーズなんて店でも見つけた。

あんなに苦労して勉強したROCKのポートレートが
流石ロックブームだね、どんどん新刊となっているようだ。

運良く原稿料の図書カードがあったので買ってみた。
見た事のある有名な写真と撮りおろし。

特に同じバンドの何十年前と現在が並列されてたりして
長年ロック畑に身を置いたオイラには嬉しかった。

若いアマチュア写してる奴には解らないだろうな〜

最近は音楽を知らないカメラマンに写させる
事務所もあるそうだしなあ〜

タイトルを書き込むとスパムに侵略されそうだから
写真の文字列で検索してみて下さい。

ブログランキング参加中、
ポチリと中指で

Smile for The Paparazzi早朝30位だった。ありえね!

マグナム依田はROCK'N ROLL PORTRAITを研究中!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-30 08:01

HAPPY BIRTHDAY 福田洋也

b0086920_4315386.jpg


私信/親愛なるヒロヤへ

47歳の誕生日おめでとう!ようやく同じ歳だね。
どうも1961年、馬鹿の当たり年だったようだ。

まあ出生率も高い年だから俺達の歳は人口が多いからね。
高度成長期の環境のサガで、毎日何か成長しなければ落ち着かない奴が多い。

守りに入るのが苦手、少し安定すると次の目標が欲しく成るのも
俺達の時代の仲間達に共通している。

君との出逢いで、面倒くさい事にも巻き込まれたけど
生憎バブル時代のクリエーターだからチクリとも痛く無かったよ!

まあ、堕ちて一日寝込んだけど、あんなの痛みじゃない。

震災はチャンス!ニュースで問題になったけど
水害で二回、家を流された経験上、俺個人は正論に思う。

そうそう、この写真、君が写すのに気にしていた
ミラーのピックガードを主軸にしてみた。

電話じゃ話さなかったけどさ、奥居香ちゃんのライブ写した事があるんだ。
ゴールドのミラーのピックガード付きの
今や消滅したビルローレンスのティントレッドの
奥居香モデルのテレキャスター

もう何十年前かな?その時を思い出してシュート!

不利な条件を、がっちり見方に付けなよ!
ヒロヤにはこの辺が少し足りないように思う。

君と話しすぎて、恐らく電話代の請求額でレンズ買えそうだなあと思う。
でも君との出逢いで、忘れていたロック業界で
生きてきた青春時代を思い出し、思い出を紐解くと
少しだけ仕事に繋がってきたよ!ありがとう。

ブログランキングも目標のまず10位に入ったね!おめでとう!

11/29クラブチッタ、アンセム公演招待してくれたけど。
日にちが無さ過ぎたから安いチケットが探せなかったよ!

魚住先生とマグナム依田の悪口でも言いながら楽しんで来て。
あ、会場でESPの高橋さんにあったら宜しく伝えて下さい!

マグナム依田がテストシュート用にPINKのグラスルーツの
テレキャスターをお借りしたいとも伝えて下さい。

皆さん今日は福田洋也君の誕生日、
ポチリをプレゼントに替えて下さい。

ブログランキング参加中、
ポチリとオイラにも!

SちゃんブログSmile for The Paparazziも上昇中!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-28 05:00 | SWEET LOVE
b0086920_8213030.jpg


HR好きなら誰でも知ってるだろうけど
ROCKブームで沈黙していたオイラの大好きな
モトリー・クルーが本格的に活動を開始したのは知ってるよね!

オイラとモトリーの繋がりは、彼等のデビューアルバムじゃなく
Girls, Girls, Girls」のアルバムジャケットを見て、
即ジャケ買いした時に遡る。その頃オイラはCOOLSと言う
日本のロックバンドのスタッフをしていて

ハーレーとWの革ジャンがトレードマークだったんだ。
今となっては当たり前の組み合わせだけど

バンドでこれを追求していたのは当時COOLSと
英国のロカビリーバンドのブライアン・セッツアー率いる
ストレイキャッツだけだったんだ。

ちょいと時期的にはストレイキャッツが早いのかな?
この時のエピソードもあるんだけど後日ね!

まあ、ジャケット買いしたんだけど聞いてみて
更に気に入ったんだ。どう気に入ったかは音源検索してみてね!

時代はMTV全盛時代。あっという間にチャートイン。
彼等の映像が流れていないクラブは無かったね。

ハーレー、イケメンの男達、ゴキゲンなロックンロール。
そして当然のようにグラマラスな全裸に近い女性。
沢山のポールダンサーの前で戯けるメンバー!

もう当時の西海岸の当たり前の風景だったけど
巧く映像化したのは彼等が初めてじゃないかな?

何においても当時の流行してたバンドに比べ
ソフィスケートされていて音も映像も心地良かった。

先日もNYのDJが言ってたけど、日本じゃポールダンサーの
活躍する場がROCKの現場じゃないんだな?とね〜

モトリーのMTV以来、海外ではポールダンサーが
ライブステージに登場する事が当たり前になったんだよね〜

そんな話を友人のエンリケ君に話したことが
この夏の終わりに彼の鶴の一声でポールダンサーと
THE KEY PROJECTのセッションが実現したんだ。

そんなMotley Crueの所属レーベルEleven Seven Musicから、
「JOURNALS OF THE DAMNED」と題されたLPレコードのBOXセットが
12月16日に発売となりました。

これはアメリカで11月25日に発売の復刻レコード5枚「TOO FAST FOR LOVE」,
「SHOUT AT THE DEVIL」, 「THEATRE OF PAIN」, 「GIRLS,GIRLS,GIRLS」,
「DR. FEELGOOD」と、Newアルバム「SAINTS OF LOS ANGELES」のアナログ盤を
BOXにまとめにしたもの、価格は134.98ドル。

残念ながら日本版のリリース予定は無し 、
輸入版をゲットしてね!

オイラはモトリーのファンだから過去のアルバムは
全て持ってるけど、ちょいと欲しく成りました。

ポールダンサーの皆さん、ロックンロールで踊ってみてね!
まあガンガン、アクロバットかませられるダンサーにしか出来ないだろうけどね〜

ロックネタ、ロックするSちゃんiの写真もっと見せての
メールが沢山頂いたのでB-GIRL風は暫く休みますね。
オイラもロックな写真の方が好きだしね。

ネタが検索にかかるのかアクセス数がいきなり倍以上になりました。
ズルイかも知れないけど、今が旬のネタが何十年も好きなんだから許してね。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!

そうそう、写真のギターは元アンセムのギタリストの私物で
ESPのハイエンドギター・ナビゲーターを更にカスタムしたもの。

ROCKは全ての道具までもがSEXYだね。
ブログを見てるROCKERの皆さん貴方の楽器を写させて下さい。

勿論アーティスト写真ライブ写真も出張いたします。

詳細の問い合わせはマネージャーのブログ
Smile for The Paparazziにカギコメかネームカードののメッセよりお願いします。

そうそう彼女のブログのランキングも応援してね!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-27 09:05 | SWEET LOVE

新機材テスト

b0086920_0323012.jpg


ローライト・コンディションのLIVEシーンの為に
先月から色んな機材を試したりしている。

パンピー相手の詰まらないサンプル画像しか
機材メーカーのHPには載っていないから

頼りになるのは計測数値データのみ
でも、いざ使ってみると話にならないものも多い。

金が無いのに新たな世界を追求するのはどうなのかとも思う。
でも仕事が無いのは、まだ他のカメラマンと比べて
月とスッポン的描写が完成してないのではと思う。

仕事が無いときは三年後の自分の為に撮れ。
大先輩にアドバイスを受けた言葉だ。

でも、ありきたりに撮りためろと言う事では無いのだろう?

オイラには定期仕事は皆無だから
どんどんカメレオンのようにスタイルを変える事が出来る。

海外で流行しはじめたテクニックを
スポンジのように吸収するのに都合が良い。

でもそれにはドンドン発売されている機材に
頼らなくてはならない事が多い。

たかがこんなもの輸入されてないのか?が実に多い。
まあ日本のグラビア写真の流行とは違う世界の機材達。
当然、ニーズが無いから取り扱わないのだろう。

今も輸入待ちをしているのが幾つかある
TAKEさんや銀一さんに無理を言って
便がまとまる時にお願いします。とペコリしてね。

今回テストした機材は、余りにも失敗を重ね
浪費しすぎたので有名カメラマンに何度も相談した。

動き回れて超広角をカバーして速写出来て
今回のテストは重要な選択肢はカバーしてくれた。

あとはデフューズと絞りの関係
色温度フイルターの計算を導き出せれば
随分と使える機材になる事は間違いない。

この点をカバー出来るように成れば
LIVEシーンをドライブ出来るのではと思う。

機材の名称は、まだ本当に良いか
解らないので伏せさせてもらいます。

まあ、どんな良い機材でも
作風スタイルとの相性が問題だからね。

12/5 THE MODSのLIVEステージ上が
今回テストした機材の本番です。

11/29 クラブチッタ川崎で催される
ANTHEM”BLACK EMPIRE”TOURのファイナル。
お誘いを受けているので是非行きたいと調整中。

ESPさん、アンセムの皆様ありがとう。

皆さんも歴史に残るライブになると思います。
是非、当日はクラブチッタで本物を堪能して下さい。

クラブチッタは今年で20年、まだまだ記念イベント続きます。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-27 01:00 | SWEET LOVE

SHINE A LIGHT公開記念

b0086920_17432791.jpg


マーティン・スコセッシ監督とTHE ROLLINGSTONESの
ガチンコ勝負の映画が12/5公開されます。

アーティスト同士のセッションはカメラマン
フイルマー。ミュージシャンでなくても必見です。

この素敵な映画をリスペクトしてシューティング。

相棒Sちゃん、古くからのダンスのプロだから
どんなジャンルの音楽にも全身をシンクロさせれるけど。

やっぱりROCKが一番お似合いだと思う。
動きもファッションも、自然に湧き出る笑顔で解ります。

日本最北のROCKシティ小樽に生まれた女性は違う。
まあ早い話デトロイトって所かな?

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!

月末は六本木ヒルズでシーナ&ロケッツ、ウルフルズのトータス松本さん達が
参加しての映画の公開記念イベントが開けるようです。

ストーンズをROOTSに持つ人気アーティストの
トライセラトップスの参加が無いのが残念だね。

詳細は
ROLLING STONES SHINE A LIGHT JAPAN EVENT
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-25 17:46 | SWEET LOVE

BURN / Deep Purple

b0086920_12565049.jpg


カラオケでは絶対に歌わない
Sちゃんも機嫌がいいと歌を口ずさむ。

この日は懐かしいDeep Purpleのギターリフから
ベースラインからキーボードパートまで含めて
珍しく通しで歌っていた。

そんな歌の一曲からヒントを得てシュート。

女性は何かに燃えているときが美しい。

カメラのF値はエフェクターのONとOFFのよう
ぼかしたり、くっきりさせたり。

こちら本家Deep Purple - Burn
お友達エンリケ君の緩いカバーのBurn

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-24 13:13 | SWEET LOVE

雪の白は難しい。

b0086920_405698.jpg


まだ陽が射せば秋の陽射し、
しかし、照らし出すのは紅葉では無く雪原。

ギャップス、ギャップス。

俳句の季語で波乗りは「夏」の季語、
しかし彼女が愛するのは冬の波。

ギャップス、ギャップス。

写真ブログで見飽きた紅葉がまだ続いている。
なんだか古本を見ている感じがして耐えられない。

ギャップス、ギャップス。

まだ北海道とは言え、海抜0メートルの雪は
青くミステリアスな雪には程遠い。

久しぶりに自宅近所のサーフスポットが
炸裂した素敵な週末のシュート。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!

そうそうSmile for The Paparazziランキング上昇中!

応援して下さる皆様に感謝しているそうです。
でも先週、オイラが貸していたMACを卒業し
モバイル感覚のミニPCをゲットしたけど
WINDOWSの操作がイマイチ解らなくて
更新する事が出来ないみたい。

明日は真剣に勉強するらしいから
待ってて上げて下さいね。ポチリもヨロシクね!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-24 04:09 | SWEET LOVE

色っぽいだろ?

b0086920_3192568.jpg


ヒロヤ君相棒とオイラの相棒のセッション。
「マグナム!写真教えてくれよ!」で始まった不思議な関係。

女性アーティストのCD用ジャケットの撮影予定があるから
今日は撮影の合間に、それらを想定してシュート。

Sちゃんもギターを少し弾けるそうだが
現在はスカルプ付けてるから、ちゃんとコードが刻めない。

慌てて楽器屋に走り、ボトルネックを調達。
ギターのチューニングをオープンDに。

簡単な3コードのフレーズを伝授。
別に弾いていなくても良いとも思うが?

オイラは静止画像が得意なカメラマンじゃないから
毎回アー写では演奏してもらっている。

今回も、それを貫いてみた。

Sちゃんもヒロヤ君の作風を意識してパフォーマンス。
ヒロヤ君、これが我がチームの考える「色」だよ。

残念ながら本日ライブのバンドの
アーティスト写真、邪魔が入って写せなかった。

今日の機材は完璧だったのになあ〜と思う。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-24 03:39 | SWEET LOVE

PLAYER'S CONDITION

b0086920_0555778.jpg


楽器を写すのが好きだ。写真屋になる前から、
楽器なら何でも良いわけではない。

高価なものでも、ビンテージと呼ばれるものでもない。
オイラのコダワリはプレイヤーズ・コンディション。

最初に写したのはCOOLSのロディー時代、
来日したチャック・ベリーのギターを預かる事になった。

勿論、ちょいと弾いてみてダックウオーキングもしてみた。

気分は勘九郎君「チャーのギターを〜」な感じ。
預かった翌日、PARCOの広告用のアー写撮影のアシスタントをした。

撮影用にポリッシュした感覚は昨日の事のよう。

それ以降、機会があるたびに、楽屋裏、スタジオ
ステージ脇で、時にはこっそりアーティスト達の楽器を写した。

初めての外タレの友達、ブライアン・セッツアー。
彼のペイントしたギターはフォトジェニックだった。

初来日の玉椿でにギグ、何回かの当時で来たばかりの
クラブチッタのライブではスタッフもさせてもらった。

早いものでクラブチッタは今年20年になるそうだ。
UP-BEAT、REMEMBERと言う音楽カルチャー雑誌の
イベントのプランに関わっていた頃は親しくさせて頂いた箱だ。

東京ドームで写したプリンスのペイズリーのギターも美しかった。

なんだか最近、音楽業界の仕事が増え再び楽器が写したくなった。
あちこちのアーティストにコンタクトを取り
撮影の為に楽器を借りたりして楽しんでいる。

オイラも以前は楽器メーカーのカタログも
ディレクションしていたんだけど、間違いを犯していた。

最近有名メーカーのホームページやカタログを見て気が付いた。

商品撮影がオコチャマだったな〜と反省してる。
4万円台のビギナーギターも40万近いギターも
同じ扱いのグレードの撮影で良いはずが無いだろ?

でも、これを解ってるメーカーはゼロだ。
恐らく付き合いのあるカメラマンにだらだら撮らしているのだろう?

今回撮影したギターは泣く子も黙るESPの
クラッシックモデルNAVIGATER、福田洋也氏の私物。
場所も日時も彼のリクエストにより決定。

ESPのNAVIGATERのプレイヤーズ・コンディションを写すのは今回で二本目、
一本目は夏に友人の八重樫浩氏所有のものを写させて頂いた。

どちらも弾いてみたがすこぶるゴキゲン。

ESPのクラフトマンのレベルの高さだろうか?

オイラもESPに高校生時代に使っていたテレキャスを
カスタム出した事がある。メーカーはTOKAIなんだけど
当時の素材が良いらしく中古市場で高値で取引されてたからね。

オイラ、カスタムに出した当時FUNK ROCKやってたから
スティーブ・クロッパーの音を再現しパワーアップする為に
ピックアップ等のアッセンブリをビルトインした。

そのESPでバランスを取って貰った国産テレキャスターは
保有していたフエンダーの本物の63'のテレよりも良い音になった。

ホームページでESPを見ると今や巨大企業。
なんと不良時代の友人リューベン君が偉い人になっていた。

そうそう、めちゃくちゃ友達のTHE KEY PROJECTも
17日、大阪のESP学園の講師をしたんだって〜!

だからESPの高橋専務、オイラの事呼び捨てにするのかな?

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-24 02:06
b0086920_1057082.jpg


色出しをエスカレートして、いじり倒してみた。
元写真はアンディ・ウオーホルが題材にした

エルビス・プレスリーのCOWBOYスタイルの写真。
なんとなく、こんな感じだったかなと記憶を紐解きながら。

トリガーはコンビニもロゴにウエスタンを感じたから
Sちゃんの腰の両脇に下げたカメラバックが
丁度良く2丁拳銃のようだったからラッキー!

他人の写真をいじり倒した事はあるが
自らの写真を此処まで加工するのPCでは初めて。

大好きな素材なので、やっぱり丁寧に扱ってしまう。

なんだか好きなモノしか写さない訳ではないが
最近、仕事もナマラ好きな被写体ばかり。

ちょいと愛情をかけすぎてしまう傾向だが
オイラ的には丁寧さをモットーにしている。

インスタントで良ければプリクラで良いと思う。

最近のプリクラ、勉強を怠った
写真館より良い仕事をするからあなどれない。

音楽はカバーに始まるのだが
何故か写真はカバーをしてスキルを
上げる取り組みをする人が少ない。

ブログランキング参加中、
ポチリと暖めて〜!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-11-22 11:10 | SWEET LOVE