2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

目に入るもの

b0086920_914356.jpg
写真は現在のベット周り。風船はブログのお友達から「パートナーと共にがんばって!」のメッセージと届いたギフト。荷物を開封した時のオイラの驚きと喜びが大き過ぎたせいか?此れを開封した直後、脳の専門医が悩むほどの感覚のある幻覚に衝突したオイラ。ニセコの家で朝里の家で枕からの視線の先に何があっ多野だろうか?現在、曖昧な点的な記憶を線にして前後関係を把握認識しようとあがいています。オイラの過去を知る皆さん、「あのときこうだったね〜!を沢山聞かせて下さい。手伝って下さい!でもね、写真を写しておいて良かったと思うよ。記憶が飛ばなかったのも写真のおかげだと思う。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-22 09:27

良き羊飼い

「良き羊飼い」

羊は弱くて臆病で自分で身を守れない、また迷いやすい動物だと言われます。そのくせ頑固で自分勝手で愚かで、放っておくと牧草地を荒れ地にするまで草を食い尽すそうです。このような羊にとって、羊飼いは絶対必要な存在なのです。

聖書は人間と神、指導者と民との関係を羊飼いと羊にたとえております。イスラエルの牧者はイスラエルの王であり羊はその民です。古代オリエントでは、アッスリアの牧者と言えばアッスリア大王であり羊はその国民、バビロンの牧者はバビロン大王でありその国民です。

羊飼いでありイスラエルの王であったダビデは、主こそまことの良き羊飼いと告白するのです。

礼拝メッセージ 良き羊飼い (ヨハネ10:7-18)
posted by 東林聖書キリスト教会 at 18:36| 神奈
b0086920_2216179.jpg
b0086920_2220337.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-21 22:16

毎年、羊飼いだった。

写真とは何ら繋がりは無い話だが、教会幼稚園、そして、かなり中学生高学年に至るまで日曜礼拝、そして教会学校の出席スタンプを貯める少年だった。毎年クリスマス。聖書物語の一部を抜粋し演劇をを、そこで牛飼いの倅だった僕には誰が決めたのか羊飼いの役しか廻ってはこなかった。牛の配合飼料の麻袋をハサミで切り裂いただけのスターウオーズのYODAかキタロウのネズミ男のような衣装で旅人の到来と予言を告げる羊飼いを数年続けて演じた。社会に出て、ようやく聖書における羊飼いの意味がわかった。偶然の産物かオイラなりのうんちく的こだわりかも知れないけど、妙に牧羊犬が好きだ。牧羊犬を飼ってる人と馬も不思議と波長が合う気がする。尊敬する○ちゃんも当然だったけどね。芸術的構築論としてもプロレタリア>使役犬+羊飼い<宗教芸術=牧羊犬とオイラは決め込んでいる。この勝手な論理の上にマグナム依田の表現世界がある。ジェンカのような構造だからモロイ!危うさこそ芸術表現では重要だ!深く更に芸術論を効きたい人は病院に遊びに来てね。
b0086920_16244423.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-21 16:22
ッ先日ペットショップで深いグレーのコートを纏ったウサギを長い時間見つめていたからか?
作業療法の時間、信頼する土橋OTが神経衰弱の為に取り出した「不思議の国のアリス」のトランプの絵柄に描かれたウサギのイラストに集中力を奪われる。神経衰弱をしながらディズニーの絵本と映画の不思議ののアリスを猛スピードで回想するオイラ。途中、鏡の国のアリスと記憶がクロスオーバーしている。作者のルイスキャロルはカメラマンだった時期もあるそうだ。なんとなく彼の脳内構造とオイラの脳内構造が似ているのでは?と共感出来すぎる場面があることに思いを馳せる。高次脳機能障害は発症前のパーソナリティーが症状に幾重にも絡み付き様々な症状となって出する。オイラの症状。現実かk層現実なのかも認識区別が出来ない沼がある。燃えよドラゴンのブル−ス・リーはどのようにして鏡の部屋から抜け出したのか記憶の中の映画テープを逆回転しても思い出せない。神経衰弱、まあ「新婚さんいらっしゃい」の例のゲームと同じだ。日本でも女子の節句に性的な成熟の意味も込めて「貝合わせ」なる儀式、あれも同様のシステムだった。思い返せばエスパーテストも基本は神経衰弱だった。昔のオイラは透視に近い感じでカードを返さなくても絵柄数字がズバリ見通せた。しかし作業療法の時間のそれは一度めくったカードどおしを的確にリズミカルに逢わせて行く事すら出来なかった。絵柄側を見て数字ばかりに目が、スペードとクラブの違いしか見ていないオイラ、全体の絵柄のトータルウエイト、配置などが気になる。二回三回続けていると前のカードの印刷の上にどんどん新しく印刷を重ねて行くかに見えて混乱する。重複も区別出来なくなって行く。気になり出すと眠っていても歩いていてもカードがパタリ、と裏返る。土橋OTの言っていた。カードは回転させちゃ駄目!その謎がゆっくりと融けて来た感じがする。回転、ヒッチ・コックの目眩象徴的にインサートされていたなあ〜!ローリングストーンズは[19回目の神経衰弱]で大衆に何伝えたかったんだろうね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-21 10:22

青い目も忘れないでね。

発症する日の朝までオイラの枕元で眠っていたのはWINDY、何度嬉しい来客の車の音足音にオイラとWINDYはピクリとして互いに目があっつたろうか?いつ日かWINDYはオイラより、そのオイラが一番嬉しい顔になる来客の来訪をキャッチするようになり、その「来たよ来たよ!」を前足を上手に使ってオイラの首筋にノックするようになった。また、WINDYと昔のように頭を並べて、その来客を待ちながら眠りたい。楽しかったよね。
b0086920_16285592.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-20 16:25

HOLISTIC DOG SCAPE

b0086920_12492662.jpg
石狩新港に近い住宅街の片隅にある中規模の病院の裏庭の昼下がり。ふと写真を写したくて仕方が無い光景に出会った。牧羊犬が底にいるだけで宗教的と思うのはオイラだけだろうか?「良き羊飼い」の一説を復唱しながら、異常感覚でミスのお覆い左手でカメラのピンとリングを回す降り注ぐ雪が手の甲に当たるとたき火の火の粉が飛んで来たように熱く感じてカメラを落としそうになる。これがオイラの現実だ。
金網の中の犬達は、この病院の院長の愛犬達。ハワイアンロングボーダーのように凛々しくたくましい色黒の医院長はアラスカ、カナダでヘリアプローチでパウダーを毎年楽しむそうだ。
オイラは自分の症状を相談するよりも妙に趣味の話が合うので、あっという間に時間が潰れた。
ふわっと流れる風の中に犬達の臭い。がつん!とドックセラピー!同じ入院するなら、こんな病院も
悪い選択肢では無いのでは?と自分に問い。○ちゃんの反応を想像し、オイラは再び金網の中のシープドックのホセとアイコンタクトを交わして許しを得た。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-20 13:09
先日。テイネドックスクールに挨拶に。チョイと撮影リベンジに犬ぞりを写したくてこの冬の予定を確かめにね。
b0086920_5571288.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-20 05:57

存在証明

オイラの入院で急遽、実家で寝起きしている犬達、みんな元気だよ。
b0086920_20434647.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-19 20:34

銭函ブルー

お友達の写真ブログを見ていたら、ゼニバコブルー突然美しい言葉が飛び込んで来た。まして添付された写真の色もよかった。銭函にマリーナを所有する会社の従業員であったこともあり、銭函エリアとの関わりは深かったので、いつかローカルフォトグラファーとして彼の名付けたタイトルに挑戦したいと思って来た。
b0086920_232775.jpg
写真リハビリ中、作業療法士の先生に何度も写してご覧と言われたけど、病院内の何を見てもシャッターを押す気にはならなかったが、偶然用事の途中に立ち寄った慣れ親しんだ銭函の町外れから見る西の空は何故か懐かしくて涙がこぼれた。風が強く目が痛かったのかな?海の風景、やはり○ちゃんがいないと完結しない歯がゆさが残る。まだまだ、ブログランキング参加しています。本日は見てる皆様のカチャリ!が欲しいマグナム依田です。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-18 23:08

難問

b0086920_21123452.jpg
入院前にオイラが「難問だ!」と言葉を聞くと恐らく「足は24.5センチ!」と間の手を入れていたに違いない。そのように昔から周囲の雰囲気に素早く何らかの反応を示さなくてはいけないのでは無いかと強迫観念に近い形で打てば鳴るのを美徳に育った。反応の過敏さに奇異がられた少年時代。ソンンレスポンスの好い思考のレスポンスは成人となりクリエーターになるよ机を並べる人の全てが同じだった。広告代理店では、」そんな連想ゲーム的レスポンスを瞬時で返せるオイラや似たような才能を持つ仲間を招集し、会議テーブルの上に大きな模造紙を乗せた前に着座させられメトロノームの音を耳にしながら連想の1,000本ノック。イメージは加減したり乗算wしたり絡み合って、更なるイメージへ、バブル最中のオイラはそんな形式のクリエーターの集まりの中にいた。イメージの捻出はいつもトコロテンを押し出すような簡単な生みの作業出は無かった。考え過ぎて頭痛はざらで鼻血が止まらなくなった事も。血圧は高い方じゃないのに。イメージの捻出はオイラの場合、組み立て式で公式も法則性もあるんだ。そんな中、頭の中でlegoのようなブロックが何かの形に向かって更に積まれて行く。最後のピースは強引にはめ込む事に鳴る。ごキッと音を立ててハマるがピースの角がひび割れてしまう。この瞬間にズドーンと誰にも太刀打ち出来ないようなイメージが噴火するように飛び出す。鼻血が出るのもこの瞬間。マグナム依田の写真も、イメージと同じように構築型の公式のもと
最終的に芸術作品に間違えられそうなニュアンスで生み出して来た。オイラのTHE DAYの12/5のZEEP SAPPOROで、やはりブロックのピースが音を立てて大きく割れた。今思えば、オイラの イメージの捻出の仕組みが動脈瘤をパンクさせたのではと思う。
一時は妙な脳のおかげでエスパーとして検査された事もあっRた。

全国のイケイケのクリエーター表現者の皆様、ズバリ。脳ドック受けて下さい。

オイラも発症の前の秋に人間ドックで脳の写真も写していたし、妙な頭の中で爆竹花火が大音響で炸裂するのが頻繁で不安で二件の札幌では有名な大病院で検査しましたが
原因は掴めないまま。その後、脳外科医に聞くと餅は餅屋だとのこと!皆さん脳ドックは脳外科でやろうね。ニセコでも波乗り仲間でも、オイラの発症以来。脳梗塞が不安な人が多くなったと聞いています。
脳ドック、現在入院している滝川脳神経外科でのケースをきくと
Aコース30.000円・50分
Cコース5 0.000円_/200ぷん

問い合せ922522−0250へ、マグナム依田のオススメで来たと伝えてね。

ンSんダカニュ^スの中の中川大臣。あれ?、ちょいと脳梗塞なのでは?ついつい自分荷関係がない事も疑問にしてしまうクセも集中障害の病状として露出してしまっている。皆さんに返信したメールが届いて居るか不安で眠れない事も多い?故障かな?電話代かな?打ち間違いかな?操作ミスかな?拒否かな?って、byプキだからごめんね!
私信/サトコ、君の目を見て「ありがとう!」を伝えたいよ!来て!
クモ膜下出血のTV番組を見たら君の処置のおかげで今。命があるのだと思う。サンキュ!
これで 
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-02-17 22:32