2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー

<   2010年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

THE SIBERIAN COLD AIR MASS

b0086920_20473310.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-28 20:49 | DOG PHOTO

IN TO THE NATURE

b0086920_2027769.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-28 20:28 | DOG PHOTO

THE WHITEHOUSE

b0086920_10113923.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-28 10:13 | DOG PHOTO

THE ENDLESS SUMMER

b0086920_16233494.jpg
いっぱい、コメント来ると嬉しいなあ。ね、Sちゃん。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-24 16:29 | SWEET LOVE
WAO GOD COMEING,
b0086920_7355412.jpg
I HAVE GOOD NEWSTorah Bright takes home gold in Vancouver - Local News - Sports - General - The Examiner Newspaperなんで、北海道では放映されないの?寂しい。どんなウエア着てたの?可愛かったの?報道陣に、リップサービスしてたの?オリンピックのTV、カーリングとスケートばっかり、退屈だよう。報道規約、報道契約 SHOW BIZの頂点だから、仕方ないね。彼女の金を教えてくれたTAKA3様、ありがと。アーリー君、トラックバックありがとう。陸の孤島でオリンピックを夢見る僕にコメント下さい。短波放送ラジオあれば、ライブで楽しめるのかな?寂しいよう。デイルームのBSテレビ、新参者の僕には、チャンネル権が無いの、固執、執着の人が多いから、新聞だって、手に持つだけで怒鳴られるの。「彼女の、買って来てもらえばいいじゃん。家近いんでしょ?」事あるごとに、チクリチクリいじめられるの。看護士さんの話しによるとSちゃんが奇麗で可愛いから、みんな焼きもちなんだって。友達が金メダルの瞬間が見たいとデイルームのBSが入るTVのチャンネルを持ってる患者さんに、お願いした。「依田さん、脳の一部を捨てたから、見ても、脳が見てる事を認識出来ないから、見たってしょうがないよ。」いつも、こんな調子なの。「チャンネル貸すけど、何かおやつくれる?」看護士さんに、内緒だけど、こんなことばかり。僕自身、他の患者さんのおやつをたかったり盗んだりしたくなる程、ずっとSちゃん家の事で忙しくて面会に来たくても来れないから、僕、おやつ貰ってないから泣きそう。一言で良いから話がしたくてさあ。こんな些細な願いも叶わない。皆からのコメントはすっごく嬉しいよ。一日に何度も見つからないように布団に潜って新着コメント確認しています。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-20 07:49 | Extreme Sports
b0086920_7361778.jpg
本日TV放映だって、お茶の間で楽しんで下さい。金メダル有力候補だよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-19 07:38 | Extreme Sports
b0086920_6583739.jpg
「イエ〜!イエ〜!私、行って来るからね!イエイ、イエイ。ちゃんと、写すんだよ!イエイ!イエイ!知ってるの?トーラ・ブライトモデルのウエアだよ!イエイ!イエイ!」と言いながらウエアのロゴの近くの大きな皺を神経質に伸ばす仕草の彼女。「このゴーグル、来期新製品。トーラMODEL!超COOL!イエイ!イエイ!日本の女の子にも丁度良いサイズ!イエイ!イエイ!」「アンタの写真、凄くファンタスティック!嬉しいよ!イエイ!イエイ!アンド、アンタ、ハンサムボーイだよ!イエイ!イエイ!ちゃんと写してよ!約束だよ!」バンクーバーのハーフパイプへの階段の手前で、今日もどこかのTVクルーかスティールフォトグラファーを捕まえて似たような会話するのに決まってる。一杯誉められて育ったんだろうなあ?凄い誉め上手、スポンサーへ、そして僕へ、RAPじゃないんだけど、不思議な独特のリズムでさあ。ファンタスティック?ハンサム?どちらも人生で始めて言われて照れた。今日の本番、衛星放送の中継見れないのが残念だよう。準備する模様とか、精神統一とかストレッチとか談笑するシーンが写したかったんだ。ニセコモイワの皆さん、僕の為に録画予約してください。お願いします。TORAH BRIGHT SIGNATU > GOODS > ROXY > QUIKSILVER ONLINE STORE | クイックシルバー もみてね。僕の病院がある石狩市出身のお騒がせした国母選手が男子ハーフパイプ決勝進出になりました。病院のスタッフにはサーフイン、ウインタースポーツに精通する人が多いのですが、やはり国母選手のプライベートを知る人も多い。明日ルート達の精神を圧迫するプレッシャーがいかに強大かが伺い知れる。やはり、此処でも悲しさが美しさなんだ。国母君、ありがとう。おめでとう。僕も、君を写したくなった。過去撮影したイベントのリザルト見ると、以前、君を写した事が、あるんだね。でも過去の写真データが手元に全てある訳じゃないので、今日は探せない。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-18 07:26

SUPER FREEZE NIGHT

b0086920_19234376.jpg
バンクーバーの夜はどうなのかな?選手村の様子が写したかったなあ。ストイックかな?借りて来た猫な選手、はじけすぎた選手もいるのだろうな?僕の知る限り、トーラちゃんは例外だけど、トップアスリートの夜は少し変だ。昔「夜のK点越え」なんて言われた人も冬期の選手だったよね。ニセコに突然現れたS谷選手の夜の奇妙な行動をパパラッチした事がある。写したと言うか。写してと妙に積極的だった。うんぬん…、人のプライバシーに触れる、例のフォーカス的写真なので、超フェミニストのマグナム依田的には、生涯非公。口が堅いのも、沢山の著名人を写すカメラマンになる技術のであろう。国母君バッシング見ていて楽しいか?俺は夢をもたらすカメラマンで、あり続けたい。カメラマンそれぞれのジャスティスがファインダーの中の僅かな構築の差で、素敵な国を作り上げるんだ。ありのままが正しいとは限らない。アスリートのピアス写して喜ぶカメラマンになりたくない。ブリトニー・スピアーズの坊主頭の写真に莫大な値段が付く。商売には間違いないが、俺、そんなたぐいで稼ごうと思えば、何人かの面白いのあるけど、ありえないよね。俺は貧しても生涯ジャスティスを胸に写し続けたい。外人達と、一緒に裸で戯れた寒い寒いニセコの深夜。やけに言葉の隔たり無く感じた不思議な時間だった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-17 19:52

スタジアムにて

b0086920_16352327.jpg
札幌オリンピックで数々のドラマを記録したラージヒルジャンプ台を利用したフリースタイルのスキー、スノーボードのワンメイクのイベントにて撮影。多方面からオリンピックを含めた国際競技会の「撮影に行かないか?」と誘われる事が多く、僕としても勝負を賭けてみたかった。中でも空を部隊にした飛び系の競技は、カメラ初心の頃に、嫌に成る程に写した雁鴨で身に付けた感覚のままで良かった。ジンバル雲台もオートフォーカスなんか使わなくてもばっちり写せるくらいに、僕の身体は高射砲のように、宇宙を飛ぶものを仰ぎ映す為のマシンになっている。後は、他のプレスの誰よりも芸術的な美しい構図に,瞬時に納める練習だった。実際のオリンピック競技場で本番カメラ位置を想定して写すのは楽しかった。これを撮影した当日のイベントをケーブルテレビが中継に来ていたので、三脚禁止、一脚も禁止の中でのSIGMA APO400mm単焦点、手持ちで写しました。この限られた条件と言う環境もまたし劇的。恐らく本番のオリンピックでは、もっともっと沢山の制約の中の撮影、運良く映せても、その肖像権、交渉の技も、コミュニュケーションスキルも全部含めてプロフェッショナルなスポーツフォトグラフィーなのだ、目指そうと思って練習を積んで、これほど迄に上達したスキルを自覚出来る分野は数少ないと思う。それなのに、オリンピックまっただ中なのに、これらの写真について語る写真ブログの記事がエントリーされないのは何故なんだろう?カメラメーカーも開発の指針をオリンピックにしているのにさあ。ぶっちゃけレンズのハイスピードモーターや、高速オートフォーカスなんか必要ない人ばかりだよね、僕の知る限りの極限環境でのスポーツを写すプロカメラマンは、皆が口揃えてメーカーに求めるものは耐寒性、断熱性、堅牢性、防水性。コメント下さいね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-17 17:14 | Extreme Sports

HI! MASTER YODA!

b0086920_1240647.jpg
ミスターじゃなくマスターを僕のハウスネームに付けて呼ぶ外国人が多い。現在、明日のバンクーバーでの金メダル候補のトーラちゃんも、そんな、一人だった。撮影した2007年の2月17日の時点で、彼女はすでに、偽り無く、ややこしい説明抜きに世界の頂点に何度も立った、本物の女王だった。まして容姿も端麗で、海外の雑誌ではアイドルのように表紙で笑ってた。ルームウエアでセクシーポーズもね。そんな人気なのに、天狗なそぶりひとつなく、いつも屈託なく接してくれた。撮影がPHOTO SESSIONが終わってからも、彼女の方から僕を捜し出して呼びかけてくれた。超嬉しい。デートの誘いだった。ニセコのローカルフォトグラファーなら、このニセコモイワの一番美味しい場所を教えてくれる。そう思ったそうだ。この後、僕はニセコモイワのコース外、つまりBACK COUNTRYを彼女に案内した。ナチュラルヒットで、幾つかのシークエンスを写したが、カメラがパウダーの餌食になりメディアに巧く書き込めていなかった。完全に米POWDER誌の表紙クオリティに匹敵するさくひんだったのにね、CASIOのG−SHOCKのようなNIKONデジがあれば良いのにね。皆さん、彼女トーラ・ブライト選手が登場する女子ハーフパイプは、いよいよ明日です。応援してね。僕がWinning Shoot決めたかったなあ。コメント欲しいよう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-17 13:15 | Extreme Sports