2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ニセコ ( 87 ) タグの人気記事

b0086920_218100.jpg
丁度今から二年前の事だ!ニセコはその年始まって以来の猛吹雪に見舞われた。
そんな日に彼女は旅に出た!詳細を書き記すのは涙が止まらなくなるから今夜はご免させてもらうよ!

この夏ブログを通して知り合った仲間が愛犬とニセコにSLを写しに来たんだ。
その日の出来事は一生出来ない事だろう。前から身体を煩っていたのだが、突然のチアノーゼ!
SLの上り列車が到着するまでの間、二回程チアノーゼ>危篤>蘇生を繰り返した。

SLニセコ号をその犬と飼い主が遠い目で眺める一瞬を僕は非情かも知れないがカメラに刻んだ。
頭の中では僕の旅立ったオオカミ犬READYが完全にオーバーラップしていた。
目の前の飼い主と犬のドラマは、有体離脱した僕が僕を見ているかにも錯覚する程

上り列車が通り過ぎるとチアノーゼが始まり、大きなイビキをかいて昏睡状態に入った。
彼の仲間が車で札幌への搬送準備に慌てた形相をしていたが、牛飼い犬飼いの経験上NOは見えていた。

飼い主と僕は犬を支えていた。アウトドアガイドだから応急手当の方法は熟知しているが
チアノーゼが始まり昏睡が始まると、僕は心臓に耳を当て、静脈の脈拍とシンクロするか息を飲んだ!
手足からは既に脈が取れず、股間の付け根でようやく脈を感じる事が出来た。
そして失禁つまり筋肉の弛緩が保たれなくなっている事を飼い主に告げた。

その処理をしている最中、その犬は一瞬鬼のような形相をした。いよいよであった。

「もう!いいよ!行かせてあげて!」「旅が好きだったんだろ!」
「死ぬには良い場所だよ!いい日だよ!」と僕は泣きじゃくりながら怒鳴り散らした。

いまでも80キロ近い体重がみるみる重くなっていった触感が腕に蘇る。

ブログランキング参加中。マーキング大歓迎ピシャ〜!っと頼みます。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-12-17 02:38 | DOG PHOTO

マロンの大きな犬小屋

b0086920_11232861.jpg
枯れ草やつわものどもの夢のあと 芭蕉

な俳句のイメージが街中を覆い潰している現在のニセコ!まったく色が無く寂しい!
マロンパパが言っていたなあ〜「鬱の極点の季節だ!」僕も同感だった。
出歩いても写真を写す気にもならない程にダスクなイメージだ!

写真を写す人で廃墟マニアもいるけど。僕自身それらに忍び入りタイムマシンの世界に浸るのは好きだが
写真で少し住む街や国を応援したり、見る人を幸せに出来ればな〜と考える歳になると
寂れた感じの景色はフォトジェニックであっても写さないようになってしまった。
僕の風景系の写真は心象を閉じ込める癖がついているから尚更悲しみを伝達しそうで恐いんだ〜

ようやく昨夜の雷雨が北風に変わり晴天なのに雪がちらつきはじめた。
雪が覆い尽くしてくれればマロン君の家もメルヘンの世界の表情になるんだ。

う〜ん!彩度を上げてもモノクロを着色したような午後三時の別荘街。寂しい〜ワン!

記事を書込み中、スエーデン人のパール君が「ヨ〜ダ熱は?」「チエーンオイルある?」とやって来た。
スエーデン製のハスクバーナ社純正のエルゴノミックオイルを「北欧製は環境に優しいモノ多いな〜人間もだな〜」
と手渡すと「ヨ〜ダも日本人じゃないみたいだよ!」と笑っていた。

パール君に譲ったオオカミ犬のジンジャーも随分と落ち着きが出て来て嬉しかった。

皆さんはどうかな白骨のようになった落葉した木を写して幸せですか?
イルミネーションで飾った木って僕大好きだけど、ニセコは雪で見えなくなるから無いんだよ!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-11-22 11:35
b0086920_23402946.jpg
流石に空に雲がかかっていると日没後でも光が回り込んでいるな〜
普段なら黒と山吹色でドナドナ気分で撮影は完全に夜になるのを待つのだけど、写してみたよ!

この時刻の色を再現するのはプログラムでも面倒くさいから(操作が見えない!)
これより後の時刻はいつも完全にマニュアルだ!いや露出優先のオートだった!
ピントは目測が頼りだよ!明るい主題が飛び出しても慌てずに空の色を基本にしていれば関係ないんだ!
あと日没後の青なんだけど僕の場合はホワイトバランスの晴天にしていますよ!
夜景モードだと青の中に含まれる赤や黄色が削除されちゃうからキモイ色になるからね〜!

それと青のコントロールだけど青を意識して黒以外に黄色をまでクリーニングしているヒトが多いけどさ
絵画調な感じを残すには黄色は質感に凄い関わりのある色なので残す方が僕は勧めるよ!
一般にキャンバスの色は真っ白じゃないから微弱な黄色を加えるとネット上でも絵画風に見えると言う先入観もあるんだよ!

そうそう、暗い写真というかノイズが出てる環境の写真にコントラストを加えたり
シャープネスを加えたりすると更にノイジーになるから注意だね!色調も少しずつする事が鍵!
シャープネスやコントラストを加えるときは出来上がった最後にが基本です。

ホントはガウス版とシャープネス版をレイヤーするのがノイズ軽減の秘訣ですが話しが長くなるからな〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-16 23:59 | 農ある景色

鏡の中にいるのは誰!

b0086920_15505248.jpg
寝不足だったせもあり、空を見上げる気分じゃなかった。
ワイドレンズ視野を広くする気分でもなかった!ひたすらうつむいて狭い視野をまさぐった。
俺の世界じゃないなと思いながらも、新鮮さにやられてシャッターの回数が増えていた。

なんだか広く視野を広げる癖がついていたから、本当に見落としているものが多い気がしたな〜
考え方もそうなんかな〜ニセコは大自然とは程遠いけど、この空を毎日見ていると
小さな事にクヨクヨしてもしょうがないな〜と考えるクセが付いた。
諦めじゃないんだけど、あがいても太刀打ち出来ない自然環境の中で、そうするより仕方ないかも知れない。

そう考えていると普段見慣れた農家のおばさん、おじさん達の格好良さがいつになく眩しかった。
その先の先まで考えていたら、ジャガイモだって腐ってしまうんじゃないかな〜

鏡が視界に入ると自己分析の罠に落ちてしまうのはボクだけだろうか?
それにしても獣のように髪も髭も伸びちゃったままだな〜

なんだかジャガイモに塩辛を乗せて食べたくなったな今日の晩ご飯

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-14 16:09 | 農ある景色
b0086920_2034184.jpg
夕焼けハンターは、何時ものようにニセコの高台で
羊蹄山とニセコアンヌプリ、そして落日の方角がワイドに全て見える位置で待機中。
快晴過ぎてグラデスケールが長過ぎて僕の好みじゃないな〜と半分諦めてたよ!

突如南の空から勢いよく雲が押し寄せて来た。慌てて僕は車に飛び乗り丘を駆け下りた。
スケープが開けない方角だったのでローアングルから仰ぎたかったんだ。

運良く散布機に水を汲んでいる青年が夕焼けに佇んでいた、トラクターはエンジン稼働中だが
動く気配はなく無骨な電柱と電線を構図から外す事は不可能だった。

写真ブログランキングの爺様が景色から電線を外すのが風景写真だ!とか散布機は
農薬の悪のマイナスイメージがあるから俺は写さないだと言っていたのが。
そんなインチキな引き算には完全に僕は反対なんだ!

そんな事を頭において思いっきり電線と散布機を夕景に取り込んでみた
今日の写真は珍しく自分でも「いいな〜!」と思った。
なんだか靴もズボンもベショヌレで写真を写した充実感を味わった夕刻だ。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-11 20:21 | 農ある景色
b0086920_14365747.jpg
炎天下で犬を撮るのは難しいよね!犬の写真では日本では指折りに入る俺だって悩みの種だ〜
フイールドでなら走る姿なんかをシルエットで写せば良いのだが町の中じゃそうもいかないね!
緑陰なんかも良いのだが緑が光沢を増して汚いよね〜本当に背景の処理が難しい季節だよ!
ましてピント位置が難しいもじゃもじゃのプードルはきょえ〜と叫ぶ程汚く写るからな!
それに加えて我が家みたいなスタンダードプードルなら良いけどチビッコいトイプードルは特に汚く写るんだよね!

炎天下で乾燥したアスファルトはナチュラルなレフ効果を生んでる事はご存知かな?
背景と犬との距離感が張り付かないように正逆の光線を取り込み輪郭を強調するのが良いかな?
シルエットが黒く潰れないように立体感がギリギリ出るまでオーバー露出補正すれば
レフ効果で飛び出す絵本みたいに、どか〜んデッカく写るんだよね!
スタジオでのライティングの基本はプロじゃなくても役に立つ事ばかりだね〜

本当はリードの長さが180cmくらい有れば飼い主が小さく見えて、さらにカッコ良いんだけどね!
そんあ写真写りを意識してリードを買う人なんか少ないんだろうな〜

訓練された田舎の犬はリードは似合わないけど都会の犬には不可欠なアイテムだろうな〜
リードをだらんとさせたままの写真ならリードは必ず外して写し、
リードが有る時はテンションをかけて写すのが世界共通の犬写真のセオリーだね!
よくリードを付けたまま草原を走ったり海を泳いでいる写真が有るけど最悪だね〜
引っかかったら死ぬし飼い主がだらしなく見えて嫌らしいよ!

そうそう、犬の動きには犬種独特の動きが有るから必ず取り入れるのが
プロの犬写真に大接近する秘訣ですよ!プードルのこの仕草、有名な消火栓を
引っ張ってる名作な写真にも有りましたよね〜

犬ネタ枯れ気味なのでモデル犬募集中だよ!特にラブ系統の子犬が写したいぞ!
勿論!皆さんの犬は無料で写すしちゃいますよ!個人から金を巻き上げるケチな野郎じゃございませんからね!
それにしても犬の写真館みたいな営業増えたね!レベル低くても皆さん金良く出すもんだなあ〜!
秋を先取りした犬写真を某雑誌のグラビアと表紙にリリースしなくちゃいけないんで困ってます。
かといって今回は新たに子犬を飼うのもニセコには多い種類だから悩むね〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-10 15:07 | DOG PHOTO

アホなぐらい青空!

b0086920_1395191.jpg
久しぶりのジャガイモ収穫をシュート!なんだか青空過ぎて気乗りした無かったけどさ!
羊蹄と働く姿が絶妙な位置である事は珍しいから苦手にチャレンジしてみたよ!
もうモニターで見ると真っ黒け!でもどう絞り込んでもホワイトが点滅しちゃうて最悪!

こんなに露出補正するとダスト処理が大変だと思いつつD200によだれを流しながらもパチり!
流石にハーベスターの先回りして待つのに走りまくると汗だくでしたよ!

ジャガイモの有る食卓で見て欲しいな〜!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-09 01:46 | 農ある景色
b0086920_2442726.jpg
子供の頃サンダーバードが好きでたまらなかった。中でも様々なコンテナを付け替え出来る
サンダーバード2号が大好きでプラモデルもリアルに作ったものだった。

そんな記憶なのか農家のD型ハウスやD型倉庫は昔からかっこいいな〜と感じていたんだ!

収穫期も中程にさしかかりビニールハウス内の作物も消えはじめ後片付けが始まり出した。
以前紹介した近所のヒマワリの切り花農家も10月に出荷予定のハウスを除いて順々にと片付けが進んでいた。

がらんとしたハウスを除いてみると出荷の規格にそぐわなかった花達がハウスの高温で
ドライフラワーと化しハウスの地面一面に美しく散乱していた。

スタジオで演出されたかのように息絶えて行く姿は静物画のようだった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-08 02:52 | 農ある景色
b0086920_2152099.jpg
夕景に本日出遅れた理由はね、ユキちゃんに撮影モデルとしての心得を教えていたんだ。
ユキちゃんとはサトちゃんが命名してくれたご近所のヤギの子供なんだけどね!
何やらアルプスの少女ハイジのヤギの名前がそうらしんだよね〜

ヤギのいる光景って何処となく海外風じゃない?だからさ犬をモデルにするより
数段に牧歌的な風景写真になるなと思ってね。レンタルは爺ちゃんに了解済みだから
後はノーリードで思った動きをしてくれれば思いのママに撮影に連れ出せると思ってね!

ヤギはプードルに性格が似ているのかな?逢いに行くと「ヤッホー!」と飛び跳ねたり
飛びついたりとやたらとテンションが高いんだよね〜ひづめが痛かったね!

でもカメラを向けるとリードがビンビンになるまで遠くへ逃げてしまうんだよね〜
牛の調教と犬の調教の秘密技を持ち出し3時間くらい教えてナチュラルな演技がノーリードで

空の変化に慌てて帰ろうとする僕を前足で羽交い締めにして「メエ〜!」と寂しそうに鳴いていたぞ!

神経質な所や甘えん坊な所も我が家のプードルそっくりだったな〜
実写版のアルプスの少女ハイジは見てないけど次は使って欲しいな〜!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。モデルデビュー直前のユキちゃんにカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-07 22:07 | 農ある景色

家族でナイトクルーズ

b0086920_21153553.jpg
近所の人参を大規模で生産している農家の光景である。
今夜、雨になるので家族総出で夜間作業の真っ最中。
人参の新型ピックアップハーベスターには小学校低学年のお兄ちゃんも乗り込んでいる。

僕はその昔、厳しい何かと言うと暴力を振るう父親が大嫌いであった。
何年生の頃であったろうか記憶には無いが大人に混じり農作業を手伝いはじめた。
やはり、雨の予報で牛に与える梱包された乾草を牧草地から引き上げ無ければならなく
僕は父とはじめて二人きりで作業を手伝った。蚊に刺されるのは農家だから平気だったが
重たさで指に食い込む結束した紐で指の皮がむけて泣きそうだった。
泣けば叩かれたので僕は何時しか痛みを訴えない人間になっていたから黙っていた。

車の荷台に担ぎ上げるので肩もどうにかなりそうだったなあ〜
ふと荷台の上の父が消えた、見ると乾草の上に仰向けになり満天の星を見上げていた。
「マサヤ上がって来い!」と言われ僕はなすがママに同じポーズをとった
見上げると覆われた雲の間から凄い量の星が覗き込んでいたのだ

いつになく穏やかな声で、それぞれの星の伝説なんかを話してくれた。
時折、ブツブツと俳句を呪文のように唱えていたのがウルサかったんだけど
はじめて星空を鑑賞したんだけど何だか凄かったんだよね〜
「さあ、あとトラック二台分ぐらいで終わりだ!」と飛び降りた父は
星影のワルツなんて当時流行っていた唄を口ずさんでいたな〜
はじめて聞く父の歌声であった!この夜、僕は父が少し好きになった。

目の前で繰り広げられる農家の夜間作業に涙をウルウルさせながら
これこそ僕の原風景だと思いカッコ良く残したくて、
ありったけの写真の知識を注ぎ込んだよ!設定は内緒だよ〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日の雨降りに少しウエットな気分の僕にカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-09-05 06:40 | 農ある景色