2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ボーダーコリー ( 88 ) タグの人気記事

b0086920_1453537.jpg
2007年7月15日の記憶。狼犬レディの死、妻の蒸発でどう考えても変になった僕を日夜支えてくれた牧羊犬サンダー。きっと僕も一匹の羊だった。そんなニセコの暮らしに男女問わず、勝手に入って来て大切な物を沢山奪われた。そんな泥沼から、こっちにおいで!と救い出してくれたのが、皆さんご存知のスーパー可愛いカッコイイイ僕の最愛のSちゃん。中学校一年から一眼レフを持ち始め、写真歴ばかり増える一方。ブログ大賞を得たりして、ニセコ界隈の方には写真がプロ並みに巧い事が知れ、もともとNOが言えない僕は、重宝に使われ、ホテル、ペンションの内装写真、温泉旅館のフード撮影、道具が好きだしディレクター時代から、それぞれの写真をそれぞれの分野のプロはどう写すが頭にあるから、それを用意して仕事に挑む。気分はプロカメラマンだった。何時になっても請求書に対して答えが無い。ある時は空領収を切るように言われ、其れが無いと社長から決済が降りない、なんて内情を僕は鵜呑みにして印紙まで何度も張った。約束ではかなりの金額が入る予定。その大本の社長さんと温泉で裸の付き合いだから100%信じた。入金を信じて写真機材、プロ用のグラフイック・デザインが出来うるDTPツールの一式を手に入れるが。肝心の入金が無く、イライラ、日銭の農家の手伝い、アウトドアガイド、くたくたになるまでやった。胃通にボルタレンを愛用する日々。夜間緊急外来のまま、帰らない僕を待っていてくれたサンダーは愛おしかった。そんな事を重ねる、格好悪い僕に、栄養補給と最愛のSちゃんが小樽から深夜に何時間もかけてお見舞いに来てくれた。嬉しくて泣いちゃった。丁度その頃、自分自身の写真家としての立場が不明解で、当時の僕としては清水の舞台でManfrottoのスーパープロ三脚を手に入れた。もう俺はスーパープロだと言い聞かせて写し続けた。古くから僕はアンセル・アダムスを研究して来たんだけど、子の三脚の地上高が、更に理解を深めさせてくてくれた事は言うまでもない。超広角に、超望遠にと表現を確かにする事は僕の太鼓判、皆様も是非161MK2Bを手に入れてみて下さい。そして僕とアンセル・アダムスを熱く電話で語りましょう。持ってるよ!のコメント下さいね!
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 15:30 | SWEET LOVE
b0086920_19293869.jpg
2007年6月27日の記憶。タイムマシンがあればなあ。WINDYからも、お願いしてよう。君が大好きな、君を大好きな、小樽の奇麗な良い匂いのするお姉ちゃんに、お願いしてよう。「助けて!」って。お願いTHUNDERからも、宜しく伝えて下さい。出来るよね。待ってるからね。愛してるからね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-01 19:31 | SWEET LOVE
b0086920_1715265.jpg
現在、西日差し込む、僕の病室の寒暖計が指し示す温度は31℃、扇風機が欲しい。ガーゼ式パッドが欲しい。夏用パジャマが欲しい。タオルケットが欲しい。みんなが外出で貰って来るような団扇が欲しいです。高脂血症だけど、冷たいのが食べたいです。海にザブンしたいね。何故かサーファーじゃない50代60代70代の患者さんまでタウン&カントリーのTシャツ着てる。HANGTENGの太いボーダーTシャツも病棟で着ている人が多い。ちょいと悔しい、海の匂い。更には本格的なサーフトランクスを身に付けている患者さんも、クイックシルバー、ビラボン。いいなあ。でもサーフファッションって白髪の老人にも似合うんだね。サーフファッションって巨大マーケットなのが納得。極暑対策の身の回り用品、衣類、大歓迎。詰所の荷物の検閲スタッフも、そんな気づかいあるプレゼントは一緒に喜んでくれます。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-06-26 17:30 | DOG PHOTO

6月のポートレート

b0086920_18582845.jpg
2008年6月9日の記憶。6月荷入り、毎日夕刻は肉眼でも海外の映画のような色に染まる小樽。その柔らかな極上の照明で、最愛の美女Sちゃんを写したくて、この頃、毎日のように、夕方、写真のモデルになってください!とお願いコールしていた。返事は毎度OKだったけど、稼業の手伝いに忙しい彼女が、其の年の六月フリーになる事が無かった。事情は理解していても、元来の強度の潔癖性で完全主義の僕は、苛ついた。それでも毎日待った。実は病院に居ながら、「夏至を中心に撮影に適した条件揃うから、お願い。外出で撮影させて。」と御願いし了解を得たので,っ昨日も今日も、あの日と同じように待っている。僅かなチャンスをロス無く堪能しようと,いつものようにイメージトレーニング。そして、同じく大好きなSちゃんが、最近,来ないなあ〜!と愚痴を漏らし退屈げなWINDYに頼み込んで、Sちゃんが来てくれた事を想定してのテストシューティング。今,思えば,これが画素数の高いカメラでLAWで写したら、もっと良いんだろうなと反省。一度、D3とかD300とか使ってみたい。誰か余っていたら僕とSちゃんに貸してください。もっと描写力のあるレンズも出回ってるんでしょ。photoshopだって、更に上のバージョン有るんでしょ?なんにもかんにも僕は浦島太郎で悲しい。写真雑誌すら、もう一年以上手にとってないんだ。だいたい、一年以上、病棟のPタイルの床以外歩いた事無いんだぜ。更に足の感覚可笑しいのに、ちゃんと靴の中で足が回らない丁度良いサイズの靴すら持って無いんだよう。悲しい事ばかりで嫌だよう。泣き言言ってる事すら嫌で悔しい。あのね、僕の知り合いで同じ脳出血の人、もう普通に暮らして働いている居る人が多いけどさあ。僕ね、自信喪失でやる気無くなった訳じゃないんだよ。本当はね、もっともっと高密度で復帰にむけてのリハビリ、特に撮影のリハビリSちゃんにして貰いたいんだ。でも、皆さん知っての通り彼女の家族が大変な時だからね。ブログの脳卒中ランキングみると、彼女,彼氏、夫婦、兄弟、親友、親子での二人三脚でのリハビリに介護介助で、頑張ってる人多いよね。僕にコメントくれる人も僕らにそれを期待しているらしいし、僕自身も、そうあって欲しい。理想をいえば切りがない。写真写してみようと思ってもカメラが無い。海が見たいと思っても,病院から1キロくらいでビーチだけど、付き添いがないと行けない。靴も無いし。犬写真写したくても僕の犬達とは2年近く逢ってない。覚えているかい?
心細くて手を差し伸べても、あの日のようにSちゃんの腕が無い。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-06-10 19:44 | SWEET LOVE

一緒に歩いてください。

b0086920_16472456.jpg
2007年4月29日の記憶。僕の犬も、僕も君の歩調に合わせて歩くのが大好きだったよ。僕、巧く歩けなくなっちゃったけど、頑張って、はぐれないように歩調合わせるから、又一緒に歩るかせて欲しいよう。皆様からのコメント頂けると喜びます。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-06 16:53 | DOG PHOTO

愉しかったね。

b0086920_1457221.jpg
2008年4月29日の記憶、大好きに囲まれた一日だった。僕が毎日のように波乗りしていたビーチにて。みんな、ありがとう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-01 15:01 | SWEET LOVE

POWDER DAY

b0086920_1952196.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-03-01 07:27 | DOG PHOTO

THE SIBERIAN COLD AIR MASS

b0086920_20473310.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-28 20:49 | DOG PHOTO

IN TO THE NATURE

b0086920_2027769.jpg

[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-28 20:28 | DOG PHOTO

DREAM TRACKS

b0086920_11394739.jpg
ノートラック(踏み跡の無い)のニセコの裏山を犬達と僕が遊んだ夢の跡。場所はニセコアンヌプリ北斜面中腹部。以前にも記事にした記憶があるが、「言い切らない。」部分が必要と考える。例えば、僕が触れて来た広告世界、少しでも露出時間を増やそうと莫大な予算が動く。更に、見るものに「何だろう?」と思わせる表現の余白が、凝視する時間を伸ばし、(何だろう?」があるからこそ、思考が働き、心理に訴えるのだ。相手に、切りとられた絵の前後の時間を想像させるのも古いテクニック、そのトリガーアイテムとして、足跡、航跡、轍は、文学作品に、映画に、ドラマにと使われて来た。また、時期も時期なので、伝わりやすいのでウインタースポーツの話、フイギュアスケート、大好きなSちゃんが、いつも見ていたので、僕も話しに加わりたくて良く観戦する。長野の親類はみんな、スケートの選手だけど、僕は近所の池で、竹ほうきで、アイスホッケーごっこしただけ、バックには滑れない。ローラースケートもインラインスケートも、話題のひとつに、揃えて骨折してみただけの経験。選手目線で見れないから、写真屋としての目線で観戦。何としても、運動神経抜群の天才少女Sちゃんと、長く共通の話題でお話したくてさあ。「今日は、雪が降らなかったから、流石に素敵な彼女さん来てくれるよと思うわよ。」と看護士さんが、塞いでる僕を、喜ばせようとする。午後3時、おやつの時間、家族がパートナーが詰所に預けてくれたお菓子を適量に小分けして配ってもらえるんだ。「依田さん、最近、おやつ入れてもらえないの?」「週末は、おやつ内と時間長くなるからSちゃんに、お願いしなさい。」実際にプリンやらケーキを食べている患者さんを見るとイライラする嫌な男に成り下がってる。干渉が好きな、おせっかい、伯母さん軍団が、おやつで並ぶ列で、伝言ゲームを始める。「依田さんのGFの家ね、お菓子屋さんなのに、依田さん、お菓子無いんだって、可愛そうだね!」びょ、その後、病棟60人から「可愛そう!」攻撃を承けた。僕も以前はそうして頂いていたけど、奥さん、彼女、娘さんに「ア〜ん」してもらってる人に、嫉妬を覚える。僕も一階のゼロカロリーのコーラくらいは飲んでみたい。土曜日曜は、階段転落事故があったので、歩ける人でも禁止なの、僕は更に介助なしじゃフロア移動許されてないから、外泊、外出の行き帰りの人に「表、寒いの?」「道路凍ってるの?」「雪凄いの?」と質問しては、Sちゃんの身を案じる情報を得るだけ、正月の「書き初め」の手本に「氷上流線美」というのもあり、一応書道八段の腕でダンサーのSちゃんにプレゼントしようと頑張ってみた。今度、病院にSちゃんがカメラを携えて来てくれたら写してもらって、皆さんに公開出来るかも?写真以外でも僕の作品がみたい、知りたい人は、Sちゃんにラブコールしてね。動きの或るスポーツ全般、アスリートの動きを際立たせるのは、スケートであれば、エッジで描いた軌跡、スキー、スノーボードでは、それに加えて雪の飛沫、パウダーの描く弧と弧の繋がり。サーフインでもスプレーの描くマニューバーライン、何せ、これを美しく描くのが高得点。写真家としても、当然スキルの見えてしまう部分である。怖いね。実はね、解析すると、これらの軌跡に、ハイエストハイライトを重ね合わせるように画面構成するのが、サーフイン写真、スキー、スノーボード写真のセオリーともなっている。光を感じて、自らが動く癖を訓練しましょう。まずは、ベースとなる雪、氷の色に質感の露出をテストする余裕を持つ事が大切だと思うよ。「コメント無くて可愛そう」Sちゃん、ぎりぎりでも顔見せて欲しいよう。愛してるよう。君の名前呼んでるの聞こえてますか?逢いたいよう。また、身振り手振り、スポーツの美しさの、お話しようよ。見てる皆さんも、コメント下さい。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-01-31 17:37 | DOG PHOTO