2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:小樽 ( 129 ) タグの人気記事


Create Fake Magazine Covers with your own picture at MagMyPic.com


本日、久しぶりに写真の話じゃなく撮影の話と北海道の写真業界、広告業界の話に盛り上がったパブリックセンター、ピーアールセンター、BLUE HOUSE、ニトリ懐かしい単語に失った記憶が少し繋がりそうな予感。オパライトの話、そして共通の友人、知人の話。プロ機材ドットコムさん、株式会社テイクさんの話。「依田さん、僕もアスペルガーテストの指数が高いんだよね。」と笑うの腕時計が僕は欲しくて溜まらなかった。お洒落心のトリガーを弾かれた。左半側空間無視の緩和策。一生治らないけど、左側へ注意を促す方法のひとつに。視認性を高くすることで、認識が高まる。事を自ら発見し、実践に向けて動いている。まず、大好きなsちゃんのお母さんから戴いた、お見舞いで買った白ベースの通称メトロ迷彩とか、シティ迷彩と呼ばれるカー後パンツを手に入れた。海外でも日本でもプロフォトグラファーが仕事で履いているあれだ。腐ってもフォトグラファーでいたい。腐ってもファッションリーダーでいたいのだ。同時に真っ白なご存知コンバースのALLSTARのハイカットを買った。クレージー剣くんと働いた会社でコンバースのALLSTARの代理店もしてたので、滅多に履く事が無いけど、今年の7月15日、最愛のSちゃんに先導してもらい小樽の課税埠頭の倉庫街を、この靴で飛んだり跳ねたり出来た。日没後、照明の無い小樽住吉神社の長い石段も、自分自身も障害者である事を忘れる程歩けたのも、この出で立ちと彼女のパワーだと思っている。お気に入りを身に付ける精神安定効果は絶大である。まして視認性を意識したものなら倍増。今、そう言った事で、視認性の高い白い腕時計、白い三脚、白いライトスタンド、白い一脚が欲しい。マンフロットさんは僕の為に、白く改良することを沢山調べてくれたけど、長さをスライドする部分が、どうも巧く行かないんだって。僕のお気に入りの製品を扱う会社の人は、誰もが親切で嬉しい。ありがとう。本日、僕の相手をしてくれたの腕時計はダイバーウオッチのようなシャネル。格好いい。彼のバックはSちゃんのカメラバックと同じARTISAN&ARTIST のエナメルっぽい黒。何から何まで格好良い。僕も昔は、良く格好いいと言われた。懐かしい。お洒落な人達とお洒落の仕事がしたい。ファッションポートレート、カタログ撮影なんでも、声かけてね。すっごく頑張るからさあ。応援して下さい。

/A>ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
本日、お土産話を沢山持ってお見舞いに来てくれた優しい友人のブログヒロカワイすすきのオフショットプレビューも、応援してね、もうひとつの北国のワンダーランドすすきの素顔を見るも良し。ブックマークで宜しくね。発症した日も、彼にお世話になったんだ。
本日、エントリーの写真のモデルTHE KET PROJECTのドラムス工藤哲也氏のブログ明日は明日の風が吹く♪も宜しくね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-10 19:41

ROCKで、いいじゃん。


Create Fake Magazine Covers with your own picture at MagMyPic.com


寂しさに自虐行為の絶えない頃、「マグナムとは一生親友だからね。」「まだ写してもらわなきゃならないからきゃならないから死んじゃ駄目だぜ!」嬉しかったエンリケ君からのメッセージ。入院中”大人のロック!”に掲載するポートレートの依頼受けたけど、病状で巧く過去データを引き出しレタッチ出来なかった。病院が北海道最大の夏のロックフェスのライジングサンの会場まで歩いて行ける距離なので、聞いてみた。今年はバービーボーイズ来ないんだって。でも今、愛すべきロッカーの友達のポートレートが、もの凄く撮りたい。僕の写真をはじめた見たエンリケ君の一言「ROCKで、いいじゃん。」で写真集、そして写真展を開きたい。
ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-09 17:44 | 音楽偏愛主義

潮祭り最終日

b0086920_1575466.jpg
2008年7月27日の記憶。もう最後のチャンスなのに、雨だね。悲しいね。病院のスタッフもお祭り、見学行った人も、外出で家族と言った患者さんも?「何で依田さん、お祭りの外出許可されてるのに迎えに来て貰えないの?」前回の外出時のニュアンスで当然迎えに来てくれる筈なんだ。でもね、大好きなSちゃん無家は、小樽の旧家の本家だから、お祭りの時期だと忙しい。それに加え、近隣でお祭りの流れで飲み会が多いから、酒類販売のウエイトが多い彼女の家の家業、きっと、今頃も配達に忙しいに決まってる。病気療養中のお父さん、お母さんも、随分良くなったと、先日、訪問した時にお逢いしたけど、まだ、彼女が居ないと、不安だそうで、彼女も夏なのに大好きな波乗りも、ダンスイベントも行けないんだって、写真を仕事の合間に撮る暇がない程、「ああして、」「こうして。」と家族からのSOSコールがあり、可愛そうな程なんだ。せめて、僕ぐらい「ああして、」「こうして、」言わないで、彼女が言うように、「家の事、終わったら、何を置いてでも僕の所に飛んで来たい。を待っています。「」困った事が、あれば、何でも言いなさい、言わないと解らないんだよ。」でも、その昔、「あれこれ言わないからマアちゃんが大好き。」と誉められたから、我慢、我慢、電話代の10円くらい欲しいんだよ。ただ声が聞きたい。僕の携帯、大好きなお父さんとお母さんを繋ぐ大切な役割してくれているから嬉しい。お祭り今日で終わりだから、もう、はらはら待たなくて良くなった。今年は、どうだったの?誰か撮影に行ったのかな?札幌のお友達、僕の病院、小樽への通り道なのに来てくれないの?北一硝子さん、今年はどうだったの?
ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-01 15:32
b0086920_19583948.jpg
2008年7月27日の記憶。これは小樽中央埠頭で撮影、覚えてる。潮祭りを撮影の最中、最愛の相棒Sちゃんからの、緊急コール。その直ぐ後、僕の前に彼女が現れ、「小樽港の、直ぐ其処で、水死者があがったけど行く?スクープだよ!」僕は彼女が、僕に勲章を授けてくれようと、祭りの大混雑の中を駆け抜けて来て息を見出している姿を可愛いなあ。嬉しいなあ。と思っていたが、躊躇した。掲載は間違いない。だって以前、大火災の報道一番乗りで新聞各社に駆け込んだ時に、留守をしていた記者もデスクも「死者は?」「怪我人は?」と、さも死者が居れば優先の話を沢山聞いて複雑な心境であった日を思い出した。でも僕は、報道写真家として登録しているにも関わらず、彼女に泣き言を漏らした。「Sちゃん、ごめんよ、僕ね、死んだ人にはカメラ向けれないよ、仏さん写して仕事にするなんて僕には出来ないよ。と、メインステージの直ぐ其処まで僕をピックアップする為に混雑の中、車を移動して来てくれていた、最愛のパートーナーに恥ずかしいけれど詫びた。そんな事の後に写す小樽最大の花火が僕には追悼の送り火のようであった。ワンワン泣きながら写した夏の日、大好きな彼女を無償に抱きしめたい夜であった。何時だったか愛するSちゃんに、花火の写し方をマンツーで実地で教える約束をした。きっと、それを彼女は覚えていてくれている。花火撮影、印象派師弟対決。乞うご期待下さい。ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-28 20:22
b0086920_1431396.jpg
2008年7月27日の記憶。病院の近くの手稲駅でも構内に「小樽潮まつりへ行かれる方は南蛮ホームの後方が便利です。」とアナウンスが入り、毎日、小樽行きが満員だと、JRを利用して出勤して来る、看護師さんが離してくれる。「依田さんは、何時写しに行くの?」「彼女、早く来ると良いね。」「今年の見せ場は何日なの?」先日の、Sちゃんの口ぶりでは、絶対に、撮影に誘ってくれると思うけど、僕は、それが何日の何時かは、一切解らない。新聞折り込みのスケジュール表すら持っていない。2008年の潮まつりも、もうひとつの雪明かりの街イベントも、僕は、Sちゃんのお母さんから用意してもらった。先日の住吉神社のお祭りの時、そのお母さんも、「また、潮まつりの帰りに寄りなさい。」と誘ってくれたから、凄い愉しみなんだ。前回は完熟のトマト、今回は何を御馳走してくれるのかなあ。嬉しい。ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-28 14:46

突然のポートレート

b0086920_20152835.jpg
2008年7月27日の記憶。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-25 20:17
b0086920_18184238.jpg
2008年7月27日の記憶。本日、夏の甲子園出場校を決める地区予選の準決勝が、病院から20分程の円山球場で行われた。そこで昨年、甲子園へ進んだ小樽の名門、北照高校、また今年も、圧倒的な強さを見せつけ、決勝進出を決めた。嬉しい。TV中継を見たかったけど、僕にチャンネル権などある筈が無いしね。なんだか、僅か暮らしただけの小樽だけど、見れない事にイライラ。不思議と自分の出身校のように、気になって、気になって仕方が無い一日、病棟をうるうろ、土日は、更に行動範囲が狭くなるから、同じ場所をぐるぐる。と言った方が解りやすいかな?最愛のSちゃんが買ってくれたサンダルも、Sちゃんのお母さんからのお金で買わせて頂いたサンダルも壊れちゃって、うろうろするのにも不便。誰か大切なライナスの毛布的サンダルなんだ。直しに来てよう。バレエシューズを踵を踏まないように、つま先立ちで歩き、ラジオを持っている人の側に近寄り、試合の経過を聞いては、部屋に戻り、また結果を聞きに歩く繰り返し、結果を聞く度に嬉しい。もの凄く試合が写したい。先日のエントリーからスポーツを写したくて仕方が無い。野球の試合は、一度だけ、招待されて日本ハム、ファイターズをファン感謝デーの一部始終を写させて頂いたのが、最初で最後である。大好きだった新庄選手が在籍中にね。あの頃より、ことスポーツを描写する機材は、今の方が充実している。発症前、最後にカメラ屋さんに相棒Sちゃんと出かけて購入したSIGMA APO500mm F4.5EX DGが、2×と1.4×の照れコンバーターと共にある。このレンズ、まだ格好良いSちゃんのサーフインを一度写したことしかないんだ。これで小樽北照高校ナインの姿を記録したかった。恐らく明日の決勝戦もクリヤし、再び甲子園に進めるような予感がする。だって、今日は小樽最大の祭りである小樽潮祭りの第一日目だしね。お祭り参加者も見学者も、小樽っ子の頑張りに興奮していることであろう。僕も、そんな一人である。「万歳!」僕の暮らす病院は車で西へ5分走れば小樽市の境界、また東へ5分走れば札幌市である。そんな病院だから、スタッフも医師も「お祭りだから、彼女、迎えにきっと来るから顔奇麗にして待っていなさい。」先ほども「まだ5時だもん、祭りは夜もあるから、きっと面会時間ギリギリに来るよ。」と、と票日曜日、外出、外泊者の多さに、贈り物を開く患者さんに、クヨクヨする僕を喜ばせようとしてくれる。本当に来れば良いなと、デイルームの時計を何度も見る僕。電話ぐらいしたい。お財布には5円玉が数枚と1円玉。僕の病室でラジオ持っていないのは僕だけ、実はブログのお友達にラジオをプレゼントしてもらった事があるんです。でも、それにはイヤホンも、ヘッドホンも無く病棟では使用禁止で、返すのも申し訳無いので、お風呂ラジオとして大好きなSちゃんに使ってもらっています。またCD、カセットテープを等を聞くプレーヤー持って無いのも214号室では僕だけ、パソコン使用の決まり事としてDVDならびにCDの再生は禁止なんです。病棟に色んなCD、アーティストの方から贈って戴いておりますが、ジャケットケースを引き出しに保管し、毎日のように、「僕はひとりじゃない。」って眺めています、中身は大好きなSちゃんが、まず聞いてくれて、こうだったよ、ああだったよ。って、その評価を楽しく聞かせて貰っています。でもね、今日は南春夫サンが唱う小樽潮音頭が聞きたくて堪らない。「ドンドン、ザブ〜ン。ドン、ザブ〜ン。」誰か聞かせて、そのリズムに合わせて写した日々が蘇るかも?いや、絶対に、あの輪に入れば、また何かを捕まえれそう。小樽潮太鼓保存会の皆様、練習から本番、加えてにプライベートまで写す約束したのに果たせて無くてゴメンナサイ!北一硝子の皆様も元気ですか?ご無沙汰しています。工場、製品の撮影にもいらっしゃい。と専務様に誘って頂いたにも関わらず出向けないまま、大病を患ってしまいました。小樽の皆様、必ず現場復帰します。待ってて下さいね。皆様から戴いた愛情を胸に闘病生活送っています。ありがとう。ありがとう小樽の皆様。小樽最高。大好き小樽。小樽には芸術家とかアーティーストの移住誘致の政策ないのでしょうか?一昨年の七夕様へのお願い短冊「大好きなSちゃんと小樽に世界の中心で愛を叫ぶに登場するような小さな写真館を開きたい。」とマジックで書いた。
やっぱり症状で曲がってはみ出したけどね。Sちゃんに、その話を持ち出すと、いつも「やっぱり、運河の側が絶対だよ!」と商人の娘らしい答えがきっぱり帰って来る。嬉しい。見ている皆さんも応援して下さいね。今、めちゃくちゃ写真が撮りたいんです。僕に機材触らせて下さい。先日の外出での撮影で、色んな事がダイレクトに心身ともに良くなった僕に、病院代表。「効果出て繋がり出したから、彼女と一緒に高密度高濃度に、先日のような外出続けて。」と、その際に、今日から始まる小樽潮祭りでの、、また前に写した時と同条件に身を置く撮影リハビリ許可を得た。後はSちゃんが来て外出届けの用紙を記入して提出してくれれば、また、皆様に2010年度の撮り下ろし写真を良きに付け悪きに付け見て頂けると思います。自由にならないネット接続時間の中,更新を怠らないように記事アップ、頑張っています。コメントも凄い嬉しいです。コメント下さいね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-25 18:20

陽射しの中で

b0086920_14315768.jpg
2008年7月8日の記憶。犬の雑誌で大々的に紹介されてから犬のカメラマンの依田さんと言うレッテルが貼られ、犬関係のイベントに顔を出すと、追加ら次から写してと声がかかる。最終選考のボディチエックを待つブリーダーさんの秘蔵っ子。緊張なのか?自信があるのか?びくびくなのか?どうどうなのか?その両方を併せた表情で待つ犬に、ポケットからササミジャーキーを取り出してプレゼントして、よしよししたくてたまらない僕でした。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 14:41 | DOG PHOTO
b0086920_13295760.jpg
2007年7月8日の記憶。毎日のように小樽の古き良き時代より変わらぬままの港地域をカメラ手に歩くと、何処を見てもガンマイクも、ムービーカメラも無いのに、何やら映画のワンシーンのような演技をしている人々に出くわす事が多い小樽。石原裕次郎記念館の中で古い映画の上映を見た帰りなのだろうか?その昔、僕も似たような事をして遊んだ経験が有る。横浜近くの本牧と言う街で、クレージーケンバンドのリーダーである親友クレージー剣こと横山正佳君と米軍基地を背景に張り巡らされたフェンスの前で映画のようなポーズをとって、一台のカメラでかわるがわるにカメラマン、そしてモデルを努めた。横須賀の街でもRock&Rollが流行した頃の映画のようなストーリー仕立てで、その後、妻となる女性と、また互いを写す遊びをした。基地の正門前のタコス屋NONEY BEEはまだ健在だろうか?今、最愛のSちゃんと互いを写しながら写真のスキルを磨く時間に身を委ねていると、横山君と居るような錯覚を覚える。当時、彼は、まだ、横浜税関の課税倉庫で、缶詰を叩いて中身の異常を調べる業務をしていた。海外とダイレクトに繋がる港は、其処を訪れる誰をもを俳優にしてくれる。俳優に、女優になった自分を写して欲しい人はマグナム依田に、一言声をかけて下さい。先日TVで、小樽を愛する有志によって小樽復興のプロジェクトが進んでいる話を知った。それから、ちょいと僕も仲間に加わりたくて連絡先探しているのですが。誰か、ご存知でしたらお教え願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 13:54

宝船に乗って

b0086920_13183865.jpg
2008年7月27日の記憶。潮まつりのメインイベントひとつである潮わたりで、偶然が、偶然を呼び。乗り合わせた船は宝船だった。僅かの時間、写真を写す中で、癒されました。子供は宝だと実感させてくれる。若き小樽の海の後継者であった。実は僕、親子の写真LOVEです。漁協の皆様、この子の写真届けたいのですが、連絡先、解ればお教え下さい。もう一度、逢いたいしね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 13:27