2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自画自賛

b0086920_10282955.jpg
この一枚、自分で写しておきながら、初めてパソコンで開いた。「めちゃ!可愛い。奇麗。」写真としてもかなり成功している。入院して誰からの手紙も荷物も来ない、訪問者も無く、病院の治療プログラムも無い日が続き、ひたすら自分を癒す為に過去の写真を開いては、その時の様子を思い出す訓練をしています。以前から整理するのが苦手で開かないままのデータが多い。それが今や愉しみになっている。この写真、クモ膜下出血で倒れる直前のシュート、当時は珍しく仕事が重なり、手伝ってくれるSちゃんとも普段以上に時間を共にした。ぶっちゃけ、Sちゃんと胸を張って一緒に行動が出来るから、スタイリスト、メイクのサポートの必要な仕事ばかり受けていた。この夜も著名なロッカーを写す予定だったけど、事が巧く進まず、気分転換にライブ会場の側でSちゃんと戯れている最中のシュート!ROCKの神が降臨したのか?オイラとしてもSちゃんとしても自画自賛の作品が連発した。写真ブログランキング参加中。Sちゃんと重なりたいのでポチリとしてくれると嬉しいです。この写真は彼女のカメラでカシャリしました。激カワのSちゃんの写真ブログSmile for The Paparazziも応援してね。頑張る彼女を褒めてあげてね!オイラからのお願いです。ペコリ!
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-06-20 10:48

看板犬も辛いのよ!

b0086920_15494054.jpg
犬ぞりの大先輩のお宅と僕が札幌時代に住んでいた場所の中程に
知る人ぞ知る犬を放てる広大な空き地があった事を思い出し、車を乗り入れてみると何とドッグランが!
好奇心で覗いてみると二匹のバーニーズが森の木漏れ日を浴びて気持ち良さそうにお昼寝中。
さほど広さは感じなかったが都会の犬達が週末に自然を謳歌するには丁度良い感じだろうか?

小型犬達がじゃれ遊ぶ姿を親のような目で時たま見ては納得し、再び目を閉じるを繰り返す。
何だか此処の看板犬も仕事してるんだな〜と関心しちゃったよ。ベティとバティの二匹のどちらだっけかな?

僕にもバーニーズを貰ってくれと頼まれた事があったが、この光景を見た後なら首を縦に振ったに違いない。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-11-03 16:02 | DOG PHOTO
b0086920_1555587.jpg
冬咲きのイングリッシュローズを除いて枯れ落ちた庭。
この時こそ庭の骨格があらわとなり作庭のセンスが光るときじゃないかな〜

4トン車何台分の枕木を降ろしたかは忘れてしまったが、手伝った一人が骨折をした事だけ覚えている。
その枕木も当時のコールタールの匂いも消え、今では良い感じに馴染んで目に優しい。
最近、園芸用に取引されている枕木はレプリカだが、これはレッキとした国鉄払い下げである。

あまりにも経年変化した枕木のアプローチが美しく写真に留めようと思い立ち
ファインダーを覗いたが何か物足りなくスタンダードプードルのDEWYを放ってみた。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-11-03 15:19 | DOG PHOTO

優しい時間

b0086920_18293273.jpg
懐かしい札幌南区の空気、僕のいた時代は犬ぞり全盛期で北方犬種が至る所にいたが
10年を隔てた今では飼われている犬種も都会のようなセレクトになったようだ。

犬種は変われど変わらないものは犬のいる静かな光景の安らぎだ。
しかし静かにしなくてはならない空気感を察知できないほど甘やかされた犬も目についた。

世の中の半数は犬嫌いと言う事も僕ら愛犬家はトコトン理解し無くてはならない。
可愛い可愛いだけでは、この優しい時間の存続は難しい時代に突入している。

人間との距離感のさじ具合を巧みに操る犬の姿は至玉の美しさだ。
飼い主のモラル犬自身のモラルがあってこそ紀元前からの付き合いが可能だった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-31 18:39 | DOG PHOTO
b0086920_2258514.jpg
最近では、すっかり愛玩犬とかして、もともとの水猟犬としてのイメージは薄れてガッカリだが
そんな環境を変えたプードルが時折見せる大人びた表情は写真には最高なんだ〜

僕がプードルを飼いはじめたのは文豪スタインベックが黒いスタンダードプードルを愛していたからだ!
プードルファンなら知らないと潜りだが、「チャーリーとの旅」と言う作品の中のイメージが大好きだったんだ!
勿論、GUNDOGごっこをすることも考慮したけどね!そして自分でトリミングする喜びもね〜

写真は、この店のパティシエのパートナー”モコティ”昼下がりのアンニュイな時間に
それはそれは幻想的に美しかったなあ〜やはり猟犬の血筋を引く犬だからマズルを刈り込んだ姿がお洒落だったね〜
このショークリップ(人間で言うヘアスタイルの一種)は、実猟の現場から生まれた事を覚えておいて欲しいね!
プードルはレトリバー誕生の基礎になった歴史の長い犬種だから、勉強する気になればいくらでも文献がある。

洋服を揃えるのも良いが、内面的なDNAの可能性を勉強する方が先だろうな〜

あとから気が付いたけどトイプードルでもスタンダードまではいかないにしろミニチュアサイズのゴージャス感
歴史あるクリップは美しいね〜値段も高そうに見えるのは俺だけかな〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 23:13 | DOG PHOTO

プロデューサーの庭

b0086920_1562971.jpg
札幌でのアートディレクター時代の恩師の元を訪れた。

東京からUターンしての札幌は僕には辛い毎日だった。経歴でちやほやされたがね!
大企業の広告ばかり手がけていたので、地方には欠かす事が出来ない流通の末端広告には手こずったね〜
良くあるじゃ無い、歳末セールとか〜爆弾マークに金額が入ってる奴ね!

地元の大きな広告代理店に挨拶に出向き、そこの三人いた製作部長のひとりが
驚く泣かれ東京時代の生意気な僕が仕事が出来ないと首にした男であった。

その日から東京に本社を構える広告代理店の札幌支社にばかり営業に出向くようになった。
やはり仕事量は少ないもののクリエイティビティを追求させて頂く事が出来た。

そんな時、チームを組ませて頂いたプランニング会社を経営するのが恩師であった。
直感的な人で強引な営業方法で嫌いな人は多かったが、東京では当たり前の人種で彼との時間は安堵だった。

オフの時間、彼の家の庭作りを手伝ったりと至玉の構想時間を時間を共有させて頂いた。
その庭もそろそろ10年が経とうとしおり、経年変化したありふれた納屋ですら感動的だった。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。

そうそう、かなりの曇天を選び、F値を22以上で絞り込むとイングランド風に
精神的にはキチンと几帳面に整理する事が英国気質な感じを演出出来ますよ!
露出補正は抜けがぎりぎり悪い感じを選んで下さいね〜

上級裏技としてはピンアマにして絞りで整えるのが優しさにツナガルよ〜
いいちこさんのコマーシャルの写真見たいにね!ビギナーはチャレンジしては駄目だよ!
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 15:30 | 庭師の心で
b0086920_1341378.jpg
札幌滞在中、犬達の運動には困ったね!我が家の犬は散歩なら行かなくても良いよの態度だし〜
出来るだけ一目に付かない所でフルスピードで走れる場所はないかと古い記憶をたどってみたよ!

そうそう、豊平川のS字を思い出して行ってみたら、案の定誰もいないぞ!
見つけてぶつぶつ言うのは躾の出来ていないリードもビンビンにしてる犬の飼い主なんだ〜

オオカミ犬レディとの運動もここでやっていたんだよね!当時より河畔林がのびて良い感じだったけどさ
なんだか豊平川の水量が驚く程少なかったね〜泳ぎ大好きな犬達はつまらなそうだったなあ〜

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 01:43 | DOG PHOTO
b0086920_0335161.jpg
札幌で時間が空いた。以前住んでいた南区真駒内で犬の散歩に?運動と言った方が正しいだろうな〜
そんな歩いて行ける真駒内公園とエドウインダン公園、そしてモナミ公園を足早に散策する事にした。
なんだ灯台もと暗しで町中の川の側の方が断然に上出来の紅葉だったよ!
しかし何だね!断崖に張り付いた紅葉は写真に撮ると圧迫感が凄くて気持ち悪いな〜

散策している人達は年配で犬の仕草も板に付いていて絵になりやすかったね〜
太陽のかげり待ちをしたけど此処までスケールでかく撮るとレベル高過ぎて僕には無理です〜

まあ、紅葉情報として見て下され!貴方ならどう撮るのよ!
まさかクローズアップなんて自然の冒涜はしないと思うけどね!

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-29 00:44 | DOG PHOTO
b0086920_23152440.jpg
久しぶりにスパニエルと童心に帰って走り回り遊んだよ!
実は僕の初めての犬がアメリカンコッカースパニエルだったんだ〜
当時、我が家にはセター、ポインター等の猟犬達に加えボーダーコリーなんか沢山いたけど
誕生日に父がプレゼントしてくれたのがスパニエルだったんだ〜
名前はチエッキー!鉄道の旅の荷物のことチッキと呼んでいた事から
僕の人生の大切な荷物としてね!そうらしんだ、名前の由来はね!

当時デズニーのワンワン物語のLADYちゃんで大流行してた犬種なんだよね!
サッポロビールの六本入りの段ボール箱から出て来たシーンは今でも夢に見る事があるんだ。

僕とチエッキーは何処に行くときも一緒だった。
怒られた夜は牛舎の片隅の牧草の中に隠れ一夜を過ごすときもね!

オヤジのカメラをいじくるようになって初めて写したのも彼女だ。
勿論、流し撮りを大人に教えるほど巧かったのも彼女と離れたくなかったからだ。
嬉しいときは鼻の間に皺を寄せ笑う仕草が特徴的だった。

女の子遊びが好きな僕は放牧地でレッドクローバーで冠やレイを作っては
チエッキーにプレゼントしていたな〜春にはタンポポにしたりしてね!

彼女の定位置は僕の部屋の下の背の低いデイジーの植え込みの中だったんだ〜
思えば生涯リードも係留鎖も知らずに生きたんだなあ〜

そんな彼女の最期は進学で上京していた僕が最初に帰省したときの事
最初に眠ったままの形で冷たくなっているのを発見したのは僕だった。
不思議と哀しくなかった、でも彼女の側から離れる事は庭の3本目のサクラの下に
歴代の犬とともに埋葬されるまで、とうとう出来なかった。

そのサクラは100年を越す大木で花が咲くと僕を育ててくれた犬が見ているような気がしていたが
街に都市化が進み庭の巨木も依田さんの森も目の前から消えてなくなった。

一昨年他界したオオカミ犬は小さくなった庭に佇む爺ちゃんが仕立てたイチイの木の下に眠っている。
埋葬の時、いい歳こいて泣きじゃくりながら書いた墓標の「ありがとう」の文字が照れくさい。

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-28 23:19 | DOG PHOTO

看板犬も使役犬だ

b0086920_202791.jpg
マークは今日も定位置でドックランの様子を監視している。
東京でも海外でも多くの店の看板犬を写して来たが、キャンキャン、ワンワンとうるさい奴は除いて
僕には何だか愛おしい気持ちに一杯になっちゃうんだ〜ソレが小型であろうが大型であろうがね〜

犬は場所を与えられると自分がするべき仕事見つけ任務を勝手に遂行する生き物だ。
教えもしないのに牛を追い込む犬が我が家にもいた。やはり人が獣とパートナーシップを築いた起源だからであろうか?

今では使役犬、家庭犬、愛玩犬などと分類されるが、僕は全ての犬が使役犬だと信じている。
どんなに他人から酷評される犬でも、飼い主に癒しを与えると言うのも役割のひとつであろう。

マーク達セントバーナードはアルプスでの雪崩救助犬として作出された。
イザとなれば、自分の命を張ってまで任務を遂行するDNAが備わっているのだ。

どうだろ?今日は貴方の犬が人に与えうるメッセージとはを思考してみるのも良いんじゃ無いかな?

ブログランキング応援して下さい。皆様宜しく頼みます。今日もカチャリ!と願います。

そうそう、この写真のメイキング写真を写されていました〜いつもながら背後は隙だらけ〜
怪しいのを見たい方は北海バーナー道::BLOG: アヤシイお客さんっ?をクリック!
[PR]
by mugnum-yoda | 2006-10-28 20:45 | DOG PHOTO