2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー

タグ:FUJI HD-1 ( 7 ) タグの人気記事

Dead Stock

b0086920_16484510.jpg
2005年6月20日の記憶。古い古い写真。ブログなんて知らない頃、勿論PHOTOSHOPも、持っていない頃、デジタル一眼レフすら、持っていなかった。庭師として、作業前、作業中、作業完了の現場写真用に、また、アウトドアガイドの私的記録として、携行していただけの現場用カメラ、FUJI HD-1。アナログ時代のFUJI HD-1の、雑誌広告を手がけていた経験があったので、僕のフイルムからデジタルへの乗り換えは、迷いは無かった。フイルム時代のHD-1は、東京時代、ご用聞き、お使いで、下請けで、出入りした浜野商品研究所の代表、浜野安広さんが、自身の釣りを始めとするコアな水辺でのアウトドア遊びの中での失敗談、ほら話から生まれたロジックをプロデュースに込めた歴史的カメラである。彼はリーリース時の広告のモデルまで勤めている。(笑)。また同時期、安広さんが開発したウエスタン調のフライフイッシングベストが僕もデザインで関わっていたFOXFIREと言う釣りウエアブランドからリリースした時も彼は自らモデルを務めた。それがリリースされた年の総合カタログの商品撮影に僕は立ち合った。この頃の製作の現場は、誰もがアイディアを持っていれば、デレクションに加われた。「マサ君、色っぽい指先してるな、女性好みの知的な手だな。詰め切って、手のモデルしろ。」誰もがモデルだった。デジタルに、なってしまったけど、FUJI HD-1を首からぶらさげると、いつも、僕は、あの日の浜野安広先輩になれた。精神科的に言うとアップ状態になった(笑)皆さん達は、クリエーター、プランナー達、特有のマシンガントークに触れた事があるだろうか?無駄なおしゃべりじゃなく、研ぎ澄まされた言葉。バブル時代は、本当にダイヤモンドの原石として重宝された。僕も、そんな中のひとり。ジャガイモの花が咲き揃った朝、ニセコでは、其の年、第一回目の防除スプレーの日になり、
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-02 17:42

DREAM TRACKS

b0086920_11394739.jpg
ノートラック(踏み跡の無い)のニセコの裏山を犬達と僕が遊んだ夢の跡。場所はニセコアンヌプリ北斜面中腹部。以前にも記事にした記憶があるが、「言い切らない。」部分が必要と考える。例えば、僕が触れて来た広告世界、少しでも露出時間を増やそうと莫大な予算が動く。更に、見るものに「何だろう?」と思わせる表現の余白が、凝視する時間を伸ばし、(何だろう?」があるからこそ、思考が働き、心理に訴えるのだ。相手に、切りとられた絵の前後の時間を想像させるのも古いテクニック、そのトリガーアイテムとして、足跡、航跡、轍は、文学作品に、映画に、ドラマにと使われて来た。また、時期も時期なので、伝わりやすいのでウインタースポーツの話、フイギュアスケート、大好きなSちゃんが、いつも見ていたので、僕も話しに加わりたくて良く観戦する。長野の親類はみんな、スケートの選手だけど、僕は近所の池で、竹ほうきで、アイスホッケーごっこしただけ、バックには滑れない。ローラースケートもインラインスケートも、話題のひとつに、揃えて骨折してみただけの経験。選手目線で見れないから、写真屋としての目線で観戦。何としても、運動神経抜群の天才少女Sちゃんと、長く共通の話題でお話したくてさあ。「今日は、雪が降らなかったから、流石に素敵な彼女さん来てくれるよと思うわよ。」と看護士さんが、塞いでる僕を、喜ばせようとする。午後3時、おやつの時間、家族がパートナーが詰所に預けてくれたお菓子を適量に小分けして配ってもらえるんだ。「依田さん、最近、おやつ入れてもらえないの?」「週末は、おやつ内と時間長くなるからSちゃんに、お願いしなさい。」実際にプリンやらケーキを食べている患者さんを見るとイライラする嫌な男に成り下がってる。干渉が好きな、おせっかい、伯母さん軍団が、おやつで並ぶ列で、伝言ゲームを始める。「依田さんのGFの家ね、お菓子屋さんなのに、依田さん、お菓子無いんだって、可愛そうだね!」びょ、その後、病棟60人から「可愛そう!」攻撃を承けた。僕も以前はそうして頂いていたけど、奥さん、彼女、娘さんに「ア〜ん」してもらってる人に、嫉妬を覚える。僕も一階のゼロカロリーのコーラくらいは飲んでみたい。土曜日曜は、階段転落事故があったので、歩ける人でも禁止なの、僕は更に介助なしじゃフロア移動許されてないから、外泊、外出の行き帰りの人に「表、寒いの?」「道路凍ってるの?」「雪凄いの?」と質問しては、Sちゃんの身を案じる情報を得るだけ、正月の「書き初め」の手本に「氷上流線美」というのもあり、一応書道八段の腕でダンサーのSちゃんにプレゼントしようと頑張ってみた。今度、病院にSちゃんがカメラを携えて来てくれたら写してもらって、皆さんに公開出来るかも?写真以外でも僕の作品がみたい、知りたい人は、Sちゃんにラブコールしてね。動きの或るスポーツ全般、アスリートの動きを際立たせるのは、スケートであれば、エッジで描いた軌跡、スキー、スノーボードでは、それに加えて雪の飛沫、パウダーの描く弧と弧の繋がり。サーフインでもスプレーの描くマニューバーライン、何せ、これを美しく描くのが高得点。写真家としても、当然スキルの見えてしまう部分である。怖いね。実はね、解析すると、これらの軌跡に、ハイエストハイライトを重ね合わせるように画面構成するのが、サーフイン写真、スキー、スノーボード写真のセオリーともなっている。光を感じて、自らが動く癖を訓練しましょう。まずは、ベースとなる雪、氷の色に質感の露出をテストする余裕を持つ事が大切だと思うよ。「コメント無くて可愛そう」Sちゃん、ぎりぎりでも顔見せて欲しいよう。愛してるよう。君の名前呼んでるの聞こえてますか?逢いたいよう。また、身振り手振り、スポーツの美しさの、お話しようよ。見てる皆さんも、コメント下さい。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-01-31 17:37 | DOG PHOTO

泳ぐ犬って癒しだよね。

b0086920_1455080.jpg
犬種によっての泳ぎの差があるの知ってる。以前、犬のアウトドア雑誌を編集しないかと、地元大手印刷会社より話を戴き、創刊号の特集として「この夏、泳ぎを極める。なんてターザン風に、元dogをrldの編集部にいたハルカちゃんと記事を練ったのは何年前のなつだったんだろうか?とにかく記事を取材したり、中でも水難救助犬の団体と交流を)持ち、川での安全啓蒙の流れでオイラの企画運営で尻別川の川の日のイベントで水難救助犬講習会も開いたりしたんだ。犬の泳ぎなんだけど水中ビデオを解析するとカナディアンカヌーのJストロークと同じ動きをしていて進路を安定させていたり。パウが水の最大抵抗時に水を掴む動きしてたりと凄く為になった。水中写真家にお願いしてお金かかったけど、今度はオイラが潜って写して、ラッコや水鳥との違い、カヌーとの違いパドルするサーファーとの違いを皆さんに見せたいと思う。自慢だけど我が犬達はバシャバシャやらないで水をすーっと静かに流れるように泳ぎます。コメント欲しいよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-09-16 15:11 | DOG PHOTO
b0086920_13191481.jpg
やはりウインディ2ヶ月の勇姿、千歳飛行場に出迎えに行って、その帰路、千歳川で誰の手助けも無く泳げたよね。進んで泳ぐ方じゃないけど、サンダーに出来て自分に出来ない事があると悔しい性分だから、頑張って、その場でいびきかいて眠りに陥る迄川で遊んだモネ〜。ウインディファンの皆様コメント頂戴ね。ハルカちゃん、おやつ贈ってくれてありがとう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-09-16 13:26 | DOG PHOTO

懐かしい幼時代

b0086920_12445158.jpg
サンダー君2ヶ月のニセコでの勇姿。ガイド仲間が修学旅行相手の乗馬を始めた。と同時にヒラフのゴンドラ横で観光用の綿羊の飼育を始めた。オイラも修学旅行相手のアクティビティを手伝う合間にサンダー君にSEEP DOGごっこさせて遊んだ。流石の血統でリードを放つと羊の後ろ足のかかとを何度も何度も前足で押さえつけようとして羊を一歩、二歩と移動させていた。一度十勝で牧羊犬のショーを見ただけで真似するサンダーがオイラの自慢だった。本気でサンダーの遊び相手に羊を飼おうと考えていた夏の日、一頭7,000円で10頭飼わないかと農家さんからの情報もあったり、サンダー一頭じゃ可愛そうだから、チーム組めるパートナーを探してウインディが川崎からやってきたり、後から知ったウインディのルーツが羊の牧場だったりとニセコはファンタジックなワンダーランドだった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-09-16 13:04 | DOG PHOTO

基本、癒し系です。

b0086920_7331371.jpg
英語で言う所のCOOLを追求してはいますが見る人にとってホリスティックな写真でありたいと願ってます。ポートレートでも風景でも波乗りでもだけど、犬の写真は尚更に念じて写しておりました。6年前に写した自分の写真に癒されている病床のオイラです。この頃、オイラFUJIの防水コンデジしか持っていなかった。今、プロのカメラマンとして恥ずかしい程の機材しか無いけど、もう一度、あの日のように写してみたくて涙があふれます。応援してよう〜! つぶれそうだようう!電話下さってるブログと犬と写真、波乗り、アウトドアの友達の皆様、中々病院なので電話に出られませんが、着信記録大切にして、眠れない夜、一人じゃないって着信見ながら心に噛み締めています。手紙もメールもコメントも嬉しいよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-09-16 07:49 | DOG PHOTO

アイス元気かな?

b0086920_18231416.jpg
我が家では凄い破壊王だったよね。マロンやジンジャー、次の世代のサンダーもウインディも何も壊さないで育ったのにね。実家から夏のTシャツが届いた。左半身麻痺だから苦手な方からTシャツを冠る。「あれれ?」不思議なピンポン球サイズの穴。そうそう思い出した。アイスの歯形だ。パタゴニアのフリースの袖にある穴と同じだ。このTシャツのプリントも楕円の中にパタゴニアのロゴ。犬にはパタゴニアを選び分けれるのだろうか?ディスクにアジりにと飼主の思惑どおりこなせるようになっていたら写真撮りたいなあ〜。昨日、病院に狼犬マロンが来てくれたけど、手許にカメラ機材もなく涙&体調不良。ニセコに住む仲間と犬の話に嬉しい日でした。ニセコ黄金温泉頑張れ〜!Sちゃんもお母さんの生家ニセコの墓参りだったそうで本日はニセコでの想い出を書き出して、失った記憶を埋める作業をひとりして過ごしてました。僕の過去の行動を知る人、またお話して下さいね。僕の今の病院、北海道の野外ロックフェスティバルの「ライジングサン」の会場の直ぐ側、去年は再結成のバービーボーイズを取材したくてSちゃんの力を借りながら雨の会場の前でゲストパスとスタッフパスしか持っていなくて、本命のプレスパスの出るのを待ちわびていたんだ。ウエスの皆さん、頑張ってね!写真ブログランキング参加中ランキングへ俺、何位なの?Sちゃんは?
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-08-15 18:51 | DOG PHOTO