2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:NIKON D70 ( 102 ) タグの人気記事

伝統色に溺れてみる

b0086920_14175173.jpg
最愛の相棒のSちゃんがカーニバルがやってきたよ!で報じてくれたように北海道では数少ない日本古来のスタイルを継承している祭りのひとつ小樽住吉神社大祭が始まっているようです。一昨年、小樽に不慣れなオイラに、この祭りを「絶対に写しに行った方がいいよ!」と家から送り迎えしてくれたうえに、撮影中、境内脇で待機していてくれたSちゃん。その夕刻も、いつものようにマジックが!「小樽在住のカメラマンのマグナム依田さんですよね!?」いきなり社務らしきスタッフに案内されてVIP待遇での撮影となった。ちゃんの導きがあるときモーセの十戒の海が突然割れて道が出来たように、Sちゃんとオイラの前に高待遇の道がいつも開けた。北海道の祭り事の歴史は日本海側から上陸した。海の繁栄の歴史とも密接な伝承の祭り、海宗と言うと労働色の強さが一般的ではあるが、北海道の西南部のそれは、本州幕府との繋がり、北前船、大陸との繋がりで文化レベルの高いもので、未だに、それらの街に深く残っている。デザイナーでありフォトグラファーとしてのオイラの目には日本の伝統色として意識せざる得ない美しい祭り。大日本インクの色のチャートに「フランスの伝統色」「中国の伝統色」「日本の伝統色」と言うのがある。色には意味があるのだ、色の原料の交易、火山噴火の歴史、植物の凶荒の年とか、ワイン当たり年のように、特定の色が大ヒットする社会的事情も学ぶと面白い。カメラで言うとコダクロームの発売年、なども面白い現象を引き起こしている。日本人なら朱にまつわる話の10や20くらい話せないと色に敏感な素敵な人と恋も出来ないであろう。室町時代、いや太閤の時代から色は心を動かし、恋に政治に祭り事にとちりばめられて行ったのだ。Sちゃんからの報告によると、今回の住吉神社大祭のスタッフの中に、オイラの写真教室にも参加された事がある仲間がいるそうです。おっ、また偶然か全員ニコン党。オイラの見解では、ニコンは伝統色の再現に強い。と思う。Sちゃんから届くデータが待ち遠しい。いや、正しくはSちゃんに逢いたいです。写真ブログランキング参加中。Sちゃんと10
I位以内で並びたいのでポチリとしてくれると嬉しいです。お願い。在庫写真でごめんなさい。だって、カメラ持って無いんだもの〜!特に巧く歩いたり出来ないからズームの50−150とか欲しいんだ。僕の可愛いSちゃんの写真ブログSmile for The Paparazziも応援してください。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-07-15 14:25

憧れのファッション専科

b0086920_19444495.jpg
札幌で今年もヨドバシカメラの規模の大きい撮影会が、あったそうなので、懐かしい、何年か前に初めて参加した時のデータを紐解いてといて、寂しさを紛らわしておりました。ふと振り返ると撮影会に参加した回数は、もう数えきれないレベルに達しているのかなあ?まず、撮影会に行くと良くモデルのタイプ得手苦手で選ぶ人、引率の先生で選ぶ人と、沢山のモデルさんがいる場合、選ぶじゃない?オイラの場合は、男性としては珍しく、それぞれが身につけている衣装で決めている。何年か前のヨドバシカメラの読売ランド撮影会での水着か浴衣を選択する場面では、もれなく浴衣ノ列に。サーファー歴が長いのもあり、健康に日焼けしていない女性の身につける水着は苦手なんだ。皆さんどのように写す対象を撮影会で決めているのかな?教えて?オイラさあ、東京に暮らしていた頃にファッションフォトグラファーの真似事してた時期が有るんです。皆さんご存知のように、オイラ原宿のロック系のファッションのデザインを何件かかけもちもしながらしておりました。まずは通販用に商品撮影に始まって、専門雑誌用の広告用に革もので掲載誌はモーターマガジンのMR.BIKEだったような。それを気に、社長繋がりのDCブランドのも手伝わしてもらった。キラー通りのハッカ、45rpm、フランドル、Dグレース、グラス、流行通信なんかの広告を写した。デザインごと、やらせて頂いたから、今と同じでストーリー仕立てだった。当時のGFにMCシスターのモデルの娘が多かったので、本誌の特集ページの撮影なんかもやらせて頂いた想い出も。まあ、オイラ古着のコレクターでロックンロールファッションに精通していたからアメグラみたいな世界ばっかりだったけどね。オイラ、テキスタイルや記事の重量織り方、阻止手素材、染料を把握していたし、印刷を扱うのも得意だったので、メーカーカタログの仕事が多くなった時も、まだデジタルの全然前の版下の頃の古いお話。添付の写真の時も、どうすれば洋服の発色が良くなかな?と考慮し、四季温度を見方に付けてみた炎天下での日陰マジック。アウトドアブランドのファッションを扱った経験を取り入れてみた一枚です。肌の質感の出し方は好みの別れる所だけど、自慢じゃないけど、北海道では、実物を再現するの美味い方だと思う。何か人生にたった一枚の大切な、お洋服を手に入れたら、マグナム依田のチームに写させてもらえませんでしょうか?ウエディング、今のオイラ達は凄いよ。特にアウトドアでの、比類無し名世界をお届けします。写真ブログランキング参加中。Sちゃんと10
I位以内で並びたいのでポチリとしてくれると嬉しいです。お願い。在庫写真でごめんなさい。だって、カメラ持って無いんだもの〜!特に巧く歩いたり出来ないからズームの50−150とか欲しいんだ。僕の可愛いSちゃんの写真ブログSmile for The Paparazziも応援してください。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-07-06 20:36 | フェミニンな眼差し