2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:NIKON D70 ( 102 ) タグの人気記事

IN TO THE WILD

b0086920_19211736.jpg
2008年2月6日の記憶。「兄貴が死ぬ前に、俺が死ぬ前に、兄貴、俺を写真に撮ってくれ。」と言う男と最果てを、荒野を彷徨った。インディアンの美しさを表現する最高の言葉のひとつに「死ぬには良き日」と言うのがある。ベストセラーのタイトルにもなった言葉だから、覚えている方も少なくは無いのではなかろうか?僕らコピーライティングの教育を受けた人。そして父のような単文を商いにする方も、限られた素区内スペースで、多くのニュアンスを詰め込まなければ昇華出来ない世界の言葉の職人は世界中の修飾後を、その言葉の持つ背景、思考,思想までも利用し自分のスタイルを築きあげる。僕は自閉症,発達障害で、小学に入っても、ア〜、ウ〜。としか話せなかった。言葉の学校に通い、話せるようになったが、吃りがひどく、シャベRて無い頃よりも虐めの対象に、学校では、虐めによる癇癪で毎日のように硝子を割りながら渡り廊下を走っては先生に、呼び出された、父にも母にもビンタされた。悲しくて更に癇癪。当時は今のように自閉症時の扱い方が一般に知れるような本すらなかったから、本当は、今風に穏やかに、させるにはハグが良いんだけど。僕の扱いに母さんも困ったんだろうね。僕、生まれてから、母さんに抱きしめてもらった事が無い。その件を、今年になって主治医の精神科の先生と父と話し合った。本当にハグして欲しかったんだ。犬が死んだ日「母ちゃん、抱っこしてよ!」と僕は母に訴えた。「子供見たいでしょ!」と母に手に甲を叩かれた。悲しくて、更に泣いた。父さんが僕の家から連れて行った犬が「ウルサいから殺す。」って、わざわざ、精神科の病棟まで電話呼び出しで、悲しくて怖くて、母さんにお願いした。「母さん、みんな無駄吠えする犬じゃないよ。不安なだけだよ。母さん、僕の代わりに犬をぎゅうって抱きしめて、一生のお願いだよう。」母は「昌也、お前が入院したお陰で忙しくて、全然、近所付き合い出来ていないんだよ!みんなM母さんの漬け物が届くの待っている人が沢山いるから、漬け物急いで漬けないとならないから、犬どころじゃないよ。」悲しくて、悲しくて、ずっと寝られなくなった。母親の愛情が薄い男子は,GFに母親の理想像をを見るそうである。ケース的には多い事例、クリエーターに多い化女性願望も、これらをほったんとするそうである。更に、僕は遺伝子異常で女性ホルモンが多いんだ。出逢った事がある方なら、おわかりだろうが女装や女言葉使わないが男性として意識しないはずだ。大好きなSちゃんの事を「お母ちゃん。」って呼び間違うのも、幼少時の母親の愛情の希薄によるものだって。ゴメンネ、Sちゃん。映画『イントゥ・ザ・ワイルド』 オフィシャルサイトベトナム戦争末期、僕は歯が痛い訳ではないが、大好きな一番年齢の近い大好きな叔母、丈ちゃんの働く歯医者に通った、近所では兄弟だと思ってた人も多かった。彼女は母の代わりに僕を学校へ行くときも遊びに行くときもオンブしてくれた。容姿は自分ではブスだと言っていたが、当時流行のアイドル天地真理を少し奇麗にした感じだった。僕は天地真理のコンサートに行く程、真理ちゃんが好きだった。だって、大好きな丈ちゃんに似てたからね。歯医者に通ったのは、丈ちゃんの仕事を覗くのも好きだったけど、其処のひんやりとした待合室にあった漫画の週刊誌が見たかった。目当ては小年サンデーに掲載されていた望月三起也の「夜明けのマッキー」だ。この漫画が無かったら僕は絵描きに成っていたと思う。この漫画に登場する主人公の自身の写真で戦争を終結させるという使命に燃えるカメラマンに憧れ、もう僕もベトナム写しに行かなくちゃと決めた。まだカメラすら手にした事が無いが、粋なり、決めた。それまで絵でも書道ででも彫刻でも、どれも始めて一ヶ月くらいで大きな展覧会に入選していたから、カメラさえ手にすれば、もうベトナムに行けるくらいに思っていた。1970年代初頭の話である。子供達の遊びも当時は毎日の戦争報道に戦争ごっこが大流行り、僕も開発局に勤める伯父さんに貰ったヘルメットを国防色に塗り父のカメラを銃の代わりに首から下げ「開戦は〜じまった。」の合図で野山を駆け、川を飛び越えた。カメラを手にした僕は、どんな写真を写して居たかと言うと。僕の一歳の誕生日に貰ったアメリカンコッカーのチエッキーにシロルメグサの髪飾りをつけて、時にはサングラスかけさせたりして庭一面のデイジーのカーペットの上で何度も何度も何ロールも写していた。残されたフイルムを見ると、大好きなSちゃんを写す時と同じ心境だったのではと想像する。いつか引き伸ばし機を手に入れたら皆さんに見て貰おうと思う。父が状況時代から海外の映画特にアメリカ映画のファンだったから当時のハリウッド女優の写真が家にあったからポートレートにも興味がある。当時の僕のモデルは犬のチエッキーと、爺ちゃん。戦争ごっこに爺ちゃんの猟銃を持ち出したときは顎が外れる程、殴られたけど、僕は大好きだった。爺ちゃんは、僕の従軍カメラマンへの話に、爺ちゃんが昭和新山の大爆発の被災者の痛い捜索の任務で、警察犬を率いて警察官として本州から北海道に渡り、来る日も来る日も遺体の中を歩いた話を聞かせてくれた。爺ちゃんがわかさいも本舗の創始者とゴルフやハンティングに友達付き合いをしていたのは、この頃に始まったようだ。子供心に壊れた、今で言うB品のわかさいもは美味しかった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-01 20:08

入賞(5名)2万円相当。

b0086920_1634569.jpg
笑っちゃうかもしれないけど、僕、最後にお金を、持っていたのは、何時だったかすら解らない。新千歳空港空の日写真コンテスト/a>の賞金2万円、羨ましい。誰か僕に機材持たせて欲しいよう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-01 16:40

最優秀賞10万円

b0086920_1624862.jpg
新千歳空港空の日写真コンテスト2010の広告を新聞で見て、心が騒いだ。、今、本当にお金が無くて、撮影の現場復帰へのリハビリを続けられない。悲しいけど、現実。最高のアシスタントであり、最高のモデルである最愛のSちゃんに、逢いたい一心で、彼女の家から15分の場所に転院して来た訳だけど、近いとは言え、やはり家業を抜けて、ガス代も、それに手ぶらで来るような性格じゃないから、かなりの出費になるんだと思うんだ。以前のように「Sちゃん、このお金で依田さんの面倒見てあげて。」と言う方も無くなったしね。そんな時に見た最優秀賞10万円の文字は、何だか、にやけた。小学、宙学、高校と、絵のコンテスト、プラモデルのコンテスト、作文のコンテスト、お習字の大会、写真のコンテスト。笑っちゃう程、文部大臣賞とか北海道知事賞とか、道立美術館館長賞とか貰ってたから、ひょっとしたら10万円、僕のもの?何て考えてた。ッ撮影代金の取り立てとか、だらしないと商家に育った彼女からも写真家の大先輩からも言われてたので、
ニセコ時代の写真を開発局さんに、蘭越町役場さんに無断使用された件とか、ニセコのイベントで壊されたカメラ,レンズ、三脚の件とか、未整理と言うか、いいやいいやで澄ます性格が生んだんだけど、それを良い事に、一杯、騙されてね、それこそ彼女にだらしないと思われるの嫌で、友人を介して、穏便にと思ったけど、あれも、これも、やっぱり泣き寝入りしなきゃ駄目なんだ。なんとかして、次のステップに昇れるように機材が少し欲しい。皆さんニセコは夢の国だから、落とし穴,一杯だから、注意してね。まじにあり地獄。
ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-01 16:28
b0086920_1544243.jpg
新千歳空港空の日写真コンテスト2010の応募が始まったので、古いデータをレタッチ、募集要項を見るとデータでの応募出来ないんだって、プリントオンリー、差別だよね。プリンターぐらい欲しいよね。写真やらないのにワードの文書をプリント出来る患者さんも、悔しい。せめてA4機とは、行かないまでも、はがきプリンタぐらいあれば、生活変わるよね。Sちゃんのお父さんにもお母さんにも彼女の写真をプリントしてプレゼント出来るし、僕の写した脳風景とか犬の写真とか、実家の父さんも母さんもPC環境が無いから見た事が無いんだ、道展に毎回、農業風景の油絵で入選している母さんの下絵素材にもプリンタあるとプレゼント出来そうだしね。勿論、彼女自身、自分の写された写真、一枚も持って無いからね。僕もベット周りに、ベタベタ彼女の写真で埋め尽くしたいしね。
ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-08-01 15:58
b0086920_19583948.jpg
2008年7月27日の記憶。これは小樽中央埠頭で撮影、覚えてる。潮祭りを撮影の最中、最愛の相棒Sちゃんからの、緊急コール。その直ぐ後、僕の前に彼女が現れ、「小樽港の、直ぐ其処で、水死者があがったけど行く?スクープだよ!」僕は彼女が、僕に勲章を授けてくれようと、祭りの大混雑の中を駆け抜けて来て息を見出している姿を可愛いなあ。嬉しいなあ。と思っていたが、躊躇した。掲載は間違いない。だって以前、大火災の報道一番乗りで新聞各社に駆け込んだ時に、留守をしていた記者もデスクも「死者は?」「怪我人は?」と、さも死者が居れば優先の話を沢山聞いて複雑な心境であった日を思い出した。でも僕は、報道写真家として登録しているにも関わらず、彼女に泣き言を漏らした。「Sちゃん、ごめんよ、僕ね、死んだ人にはカメラ向けれないよ、仏さん写して仕事にするなんて僕には出来ないよ。と、メインステージの直ぐ其処まで僕をピックアップする為に混雑の中、車を移動して来てくれていた、最愛のパートーナーに恥ずかしいけれど詫びた。そんな事の後に写す小樽最大の花火が僕には追悼の送り火のようであった。ワンワン泣きながら写した夏の日、大好きな彼女を無償に抱きしめたい夜であった。何時だったか愛するSちゃんに、花火の写し方をマンツーで実地で教える約束をした。きっと、それを彼女は覚えていてくれている。花火撮影、印象派師弟対決。乞うご期待下さい。ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-28 20:22
b0086920_17132635.jpg
2008年11月26日の記憶。僕が、くも膜下出血で倒れたのが、同年の12月5日だから、丁度、発症10日前の撮影。何故、僕は此処に居たのだろう?自分で写した、この写真を見て直ぐには解らなかった。本日、二度目になるのかな?この写真を、改めて見た。背景に覚えがあった。記憶が正しければ、BIG BOSSと言うロッカー御用達の楽器の専門店の側の壁かな?脳外の先生から、発症直前の数日を、その時、一緒にいた彼女と辿ってご覧と何度もアドバイスされていたが、未だに僕は発症した日の事すら、まだ彼女から聞いていない。Sちゃん曰く、「聞くとショックで、マアちゃん卒倒するよ。」「今度、ゆっくりスケッチブックに描いて教えてあげるね。」その日から、どんどんSちゃんは、忙しくなる。皆さんは記憶が無い辛さを味わった事があるだろうか?精神的に岳じゃなく、肉体的にも消耗するらしく。電波条件が悪いお場所で携帯電話やGPSの電源をONにしておくと、延々と機械は電波が拾えなくても、拾おう、拾おうとして休まない。つまり、どんどんエネルギーであるバッテリーを消耗して行く。これと同じ事が、僕の頭の中で延々と休み無く行われているらしい。大量の脳出血の圧力で壊死した脳を、Sちゃんの判断で、記憶より命優先とし壊死部分を摘出破棄した事は、知ってるよね。ぶっちゃけ、痴呆老人のような、可笑しな行動が治らなくて恥ずかしい。考えたりする脳は、発症前より明晰で怖い程だけど、事、何かを行動するとなると、悔しいけれど、作業療法士さんにも、看護師さんにも、お荷物な存在である。手術、入院の保証人にもなってくれた最愛の命の恩人Sちゃんにも、僕はお荷物なんだと痛い程解る。だってね、病院でお世話になりながらも、病院内の各種行事に参加を願い出ても、「ごめんね、依田さんの積極性は買うけど、依田さんが動くとなると、その為にスラッフが二人も三人も余計に必要になっちゃうでしょ。病院はね預かった患者さんの安全が最優先だから、許可降りないかもね。」「彼女さんのお迎え来ると良いね。」と2病棟代表様のお言葉。現在18時30分、214号室の寒暖計は29℃、湿度73%、熱さは、かなり和らぎましたが、それでも熱い、汗でぺたぺた。夏のパジャマ、夏のパンツ、欲しい。タオルケット無いのも214号室では僕だけ、アクリルのWマイヤー毛布じゃ、もう限界。
Ringflash adaptor for Nikon SB800 and Canon 580EXこの撮影に使用している製品の購入は、こちらで、プロ機材ドットコム/クリップオン用アクセサリーO-FLASH明日に備えた親類、友人のウエディング、新婦のドレスもケーキも白く写したいけど、ストロボに自身が無いビギナーにも使って頂きたい。マジックグッズです。人気商品につき品切れ多し、お問い合わせの際は、マグナム依田のブログで見たと伝えて下さいね。表現をいきなり広げる激安アイテムです。間違いなし太鼓判。ドスン!まだまだクリップオン改造アイテム沢山あるんです。でプロ業ゲットしてね。お父さん、お母さんも子供と一緒に夏休みの宿題でストロボにチャレンジ!
ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-28 16:12 | SWEET LOVE
b0086920_1431396.jpg
2008年7月27日の記憶。病院の近くの手稲駅でも構内に「小樽潮まつりへ行かれる方は南蛮ホームの後方が便利です。」とアナウンスが入り、毎日、小樽行きが満員だと、JRを利用して出勤して来る、看護師さんが離してくれる。「依田さんは、何時写しに行くの?」「彼女、早く来ると良いね。」「今年の見せ場は何日なの?」先日の、Sちゃんの口ぶりでは、絶対に、撮影に誘ってくれると思うけど、僕は、それが何日の何時かは、一切解らない。新聞折り込みのスケジュール表すら持っていない。2008年の潮まつりも、もうひとつの雪明かりの街イベントも、僕は、Sちゃんのお母さんから用意してもらった。先日の住吉神社のお祭りの時、そのお母さんも、「また、潮まつりの帰りに寄りなさい。」と誘ってくれたから、凄い愉しみなんだ。前回は完熟のトマト、今回は何を御馳走してくれるのかなあ。嬉しい。ブログランキング参加しています。生憎、写真機材手許に無くて、ベターハーフのSちゃんと一緒の時じゃないとカメラ手に撮る事が出来ませんが、写真への思いはつのりばかり皆様のコメントとポチリは僕の精神安定剤。頑張って誰かの何かに役立てる記事を毎日お届けします。今日も、ポチリ応援お願いです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-28 14:46

陽射しの中で

b0086920_14315768.jpg
2008年7月8日の記憶。犬の雑誌で大々的に紹介されてから犬のカメラマンの依田さんと言うレッテルが貼られ、犬関係のイベントに顔を出すと、追加ら次から写してと声がかかる。最終選考のボディチエックを待つブリーダーさんの秘蔵っ子。緊張なのか?自信があるのか?びくびくなのか?どうどうなのか?その両方を併せた表情で待つ犬に、ポケットからササミジャーキーを取り出してプレゼントして、よしよししたくてたまらない僕でした。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 14:41 | DOG PHOTO
b0086920_13295760.jpg
2007年7月8日の記憶。毎日のように小樽の古き良き時代より変わらぬままの港地域をカメラ手に歩くと、何処を見てもガンマイクも、ムービーカメラも無いのに、何やら映画のワンシーンのような演技をしている人々に出くわす事が多い小樽。石原裕次郎記念館の中で古い映画の上映を見た帰りなのだろうか?その昔、僕も似たような事をして遊んだ経験が有る。横浜近くの本牧と言う街で、クレージーケンバンドのリーダーである親友クレージー剣こと横山正佳君と米軍基地を背景に張り巡らされたフェンスの前で映画のようなポーズをとって、一台のカメラでかわるがわるにカメラマン、そしてモデルを努めた。横須賀の街でもRock&Rollが流行した頃の映画のようなストーリー仕立てで、その後、妻となる女性と、また互いを写す遊びをした。基地の正門前のタコス屋NONEY BEEはまだ健在だろうか?今、最愛のSちゃんと互いを写しながら写真のスキルを磨く時間に身を委ねていると、横山君と居るような錯覚を覚える。当時、彼は、まだ、横浜税関の課税倉庫で、缶詰を叩いて中身の異常を調べる業務をしていた。海外とダイレクトに繋がる港は、其処を訪れる誰をもを俳優にしてくれる。俳優に、女優になった自分を写して欲しい人はマグナム依田に、一言声をかけて下さい。先日TVで、小樽を愛する有志によって小樽復興のプロジェクトが進んでいる話を知った。それから、ちょいと僕も仲間に加わりたくて連絡先探しているのですが。誰か、ご存知でしたらお教え願います。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 13:54

宝船に乗って

b0086920_13183865.jpg
2008年7月27日の記憶。潮まつりのメインイベントひとつである潮わたりで、偶然が、偶然を呼び。乗り合わせた船は宝船だった。僅かの時間、写真を写す中で、癒されました。子供は宝だと実感させてくれる。若き小樽の海の後継者であった。実は僕、親子の写真LOVEです。漁協の皆様、この子の写真届けたいのですが、連絡先、解ればお教え下さい。もう一度、逢いたいしね。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-07-24 13:27