2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:Sちゃん ( 187 ) タグの人気記事

ギャング・スター系

b0086920_13273543.jpg


ギャング・スター系とかチカノ系を意識して写す。
なんだか、どうも不満!でもSちゃんは超好きな一枚だそうです。

オイラ的には、もっと攻撃的な喰う感じのイメージにしたいのだが
どうがんばっても甘茶系のソウルな感じに写っちゃいます。

ノイズの有る無しで写真の評価の変わる写真なんてと思うが
やはり、深夜の高感度ノイズは心が痛いね!

ブログランキング参加中、
夜の色出しは難しいね!
ポチリと!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-09-28 13:32

パワー・ポートレート

b0086920_11233362.jpg


観光に依存しない部分の小樽を背景に
マグナム依田の考えるポートレートを構築中。

すでに200シーン程、撮りためる事が出来た。
当初はニセコで構築してきたスタイルを捨て切れてはいなかった。

ニセコ時代はリアルな生活の描写を長年培ってきた
風景写真のテクニックの中に閉じ込めてきた。

今、冷静に見ると圧死しそうに鬱なる絵だと思う。
広大な果てしない風景の圧力は堪え難い。

むしろ北方文学の中でもプロレタリアを
写真で挑もうとしていたから成功なのかも知れないが。

ニセコと小樽で写すこれらは構図的にも
マグナム依田独特の比率で変わる事は無いが

丁寧に写そうと決めているものが
風景のそれから人物へと移行した。

ニセコ時代はパワー・ランドスケープと
オージーの仲間が呼んでくれていた。

さしずめ今のスタイルは
パワー・ポートレートと呼べば良いのだろうか?

オイラのブログ、凄い巨匠達が見ている事を知った。
プロフォトグラファーは勿論ミュージシャン、文化人。

見えないプレッシャーが新しい世界の構築を
後押ししてくれているような気がする。

ブログランキング参加中、
巨大低気圧で朝から良い色!
ポチリと!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-09-24 11:50

MODELが選んだベスト!

b0086920_19484863.jpg
昨日のエントリーは撮影者が選んだベストショット!
皆さんの意見を、MODELしてくれているSちゃんも見ていて
ちょいと電話で色々話しました。「主婦って言っても私より若いはず!」とか
写真とは離れて環境が違うとライフスタイルが違うとなんてね〜

次いでだから、私が一番好きな一枚もアップして〜との事で

最新のハリウッド系やカルフォルニアのビーチカルチャー系の
マガジンのグラビア写真をそっくりパクった一枚

恐らく日本の皆さんはいわゆる日本独自のグラビアモデル写真が
主流だから、良いねなんて思わないだろうけど。

僕もSちゃんも30年以上アウトドアやスポーツ世界にいたから
やっぱり、その中心地カルフォルニアが大好き。

ちょいと、これから仕事なので昨日のコメントへのレスは
帰宅してからとなりますが、

こちらへの賛否両論、男性女性共に意見をお待ちします。

ダイビングスクール、スイミングスクールの関係者から
選ばれた、彼女は○○年度ミス・ドルフイン

ブログランキング相変わらずアクセス数に対してのポチリが
ランキング中最低です。たまにはポチリ
としてみてくれませんか?恐る恐る、お願いします。
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-08-20 20:02

女性の皆さん見てみて!

b0086920_15464067.jpg
なんだか条件に恵まれて楽しい撮影が出来た。
久しぶりに自分で自分が写した写真を見て頬が緩んだ。

台風一過+トワイライトマジック+極上の笑顔

しかも、最近、ムキになって追求してる柔らかい表現も
このところ、かなり完成度が上がってきた。

ちょっと、この写真どうかな?特に女性の方が見て
どのように思うのか率直な意見が聞きたいな〜

一言でもいいよ!

コメントにはキチンと返すからさ〜

女性が見て好印象の女性の写真って
まだまだ勉強中なんだ。

ブログランキング相変わらずアクセス数に対してのポチリが
ランキング中最低です。たまにはポチリ
としてみてくれませんか?恐る恐る、お願いします。

恐る恐るついでに、(小声)見て下さってる
雑誌業界の皆様、マグナム依田にいきなり表紙撮らせてくれませんかしら〜
定期にしてくれれば激安で最高の仕事でお答えいたします。

ただただGFを幸せにしたいが望みなのです。
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-08-19 15:56

スタジオ初公開!

b0086920_14245434.jpg
普段は友達のカメラマンのスタジオを借りて写しているんだけど。
やはり独自の世界を追求していると、専用スタジオが欲しくなる。

日本じゃホリゾントは白と決めごとのようになってるけど
海外、いやオイラの知ってるのはカルフォルニアの何人かのスタジオだけど

メタリックばかりの壁、漆喰調の壁とか
色とかテクスチャーに囲まれたスタジオも沢山あった。

なんだか、先月音楽のPVの撮影にダンスを絡める話を
親友としていた時に頭をよぎった。

北海道のレンタルスタジオは融通が利かないんだろ?
フルサイズのアメ車も入らないし引きもない

そうか専用スタジオを作っちゃえば話は早いよな〜
アイディアは昔CF撮影の際に扇島の特設スタジオを作った事を引用。

CF撮影後も別件で何度も使った巨大スタジオ

昔は業者に頼んだが、今回は一人でシンナーに酔った。
アイディアのソースはCOOLSスタッフ時代に舞台背景に積んだドラム缶

色は黒を予定していたが、大好きなモデルの好きな色に。
2008年夏のオイラはロックンロール!そしてPOP ARTへ再び!

アホなオイラに仕事ください!ペンキ代が未払いなんだ。

ブログランキングポチリ
として下さい!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-08-18 14:52

追悼/PLAYBOY 日本版

b0086920_223576.jpg
今日は朝から写真が写したくて仕方が無かった。
いや昨夜から、延々と写したくて落ち着かなかった。

台風通過後の海も夕暮れの光線も間違いないと呼んでいた。

波乗り仲間からも珍しくウネリが北海道を押し寄せて来ていたので
頻繁に波乗りへの誘いの連絡が次から次へと。

札幌でのライブ撮影も予定していたが、迷う。

小樽の最大の花火大会もあり写真仲間の誘いも。

今日、写したかったものは、そんな写真じゃなかった。

昨夜知った事だが、集英社から発売されていた
月刊PLAYBOYが廃刊となった。

ちょっと記事を読んだ時は脱力した。

ちょいと付き合いもあり、「何か企画持ち込んで下さい!」の
言葉に,ちょっぴりエロスな大人の小樽とロシアの交易の
インサイドレポートを進行中だったんだ。

オイラには、日本の写真業界の何処にでも転がってる
グラビア撮影なるジャンルがイマイチ理解しがたい。

なんで、こんなに質感を殺して楽しいのかが疑問。

かと言って加納典明先生みたいに無駄毛のそり跡を
ナマナマしく描写するのも苦手だけどね!

オイラは戦争関係のプラモデルで育ったから
アメリカの爆撃機にペイントされたノーズアートに
初めて性的興奮を味わった。

そのノーズアートの元になったのはピンナップアートと
呼ばれる当時の雑誌に折り込まれていたイラストだ。

時代の流れと共にイラストは写真となり現代に

ホームステイした家に積まれた無修正のPLAYBOY
ページとページがパリパリに張り付いているのは
日本もアメリカも同じだなあなんて毎日眺めた。

日本じゃ丁度PLAYBOY日本版が出た頃だった。

その頃はカメラマンを目指していたから
書店が配達してくれるので定期購読をした。

ルアー釣りも好きだったから開高健の登場に
毎号、興奮して読んだ。アメリカンジョークの
1コマ漫画も好きだった。

そんな、雑誌と付き合えば、いつか
あの頃の憧れのPLAYMATEのピンナップを
オイラも写せる日が来るのではと夢見ていた。

なんだか時代の流れだろうが、廃刊が悔しかった。

今日は全ての仕事をキャンセルし
PLAYBOYで育ったオイラのピンナップ的写真を作り上げた。

お盆で家族と過していたSちゃんに頼み込んで
夕暮れのひとときファラフォーセットになってもらった。

そろそろ応援をポチリ
頼むよ!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-08-17 22:43

神殿彫刻のように

b0086920_1265254.jpg
夜の街の片隅、一目を気にせずファインダーを覗いた。

照れくさいけど寄りの構図。ファインダーの中には
幼い頃さんざん嫌な程デッサンした中世の彫刻のレプリカが。

光に対してストロークすることやハイライトでは筆圧を抜いて
通過させるなんて初歩の明暗表現のテクニックを思い出す。

普段はSちゃんで無くても女性の前ではドキドキするのだが
この夜は自分でも驚く程、冷静でタンタンと時を重ねた。

営業中の店からこぼれる明かりに包まれた一部始終が
ミケランジェロが残したデッサン画のようだった。

Sちゃんは強い光で肌のテカリを気にしていたが
オイラはぎらついてはいないので夏の夜の蒸し暑さに
相応しいのではと解釈し伝えた。

ポールダンサーの誰もがするようにSちゃんは
石造りの柱をポールに見立てて高く手を伸ばし
引きずるように重力に任せて脱力し地面に

普段は筋肉の弛緩を頼りにシャッターを押しているから
この仕草のときは迷いに迷った。

撮影の時も終わってから食事したときも興奮を覚えなかったが
PCに取り込み画像を開くと何故か沸き出す欲情に悩まされた。

We Will Rock YouをSちゃんに捧げます。

しかし、今夜は腹が減った。朝から煎餅しか喰ってない。
街に出かけたんだけど雨降りだしカメラバックに三脚の
重装備だったから買い物して来なかったからな〜!

口が寂しくて煙草吸い過ぎで、煙草もエンプティ!
犬の餌も朝の二頭分しかないから、明日はカメラを留守番させて
買い物に行かないと大変だなあ〜

ブログランキング、
今日は皆さん
ポチリして下さい!
[PR]
by mugnum-yoda | 2008-08-04 01:51