2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:Sちゃん ( 187 ) タグの人気記事

嬉し、悲し、一周年。

b0086920_18522175.jpg
2009年5月14日の記憶。丁度、今日で一年になりました。昨年の今日、敬愛するパートナーSちゃんの介助を受け、札幌の芸術の森へ行って参りました。目的は当日開催されていた。「写真と絵画の交差」と題された企画展を鑑賞すると共に、長らく手にしていなかったカメラの練習と、撮影リハビリ。機材は自分のではなく、全て彼女の機材を使わして頂きました。情けないでしょ。紛いにもプロカメラマンの端くれなのに自分専用のカメラもレンズも三脚もカメラバックもフイルターすら持って無いんだ。考えれば考える程に鬱になる。カギコメにメールに、手紙に、最近の僕が写した写真が見たいとリクエスト。更に悲しさを助長させるのが、命を助けてくれた脳外科の救命医、脳外科医、ICUのスタッフが、これまでに出逢った作業療法士さん、理学療法士さん、ケースワーカーさんまで、新しい撮影の写真をブログにと言ってくれる。直ぐにでも写して皆さんに見せたい。失敗ばかりだからって、更に落ち込み怖い自虐を考えてしまうので逃げていた時期があったのは否定しない。僕が経験を積んで来た仕事の全ては、道具を使いこなす事で成り立つ仕事だ。道具が無ければ、ただの人。脳卒中は、発症前、高次な脳作業を沢山積み重ねた人程,精神的ダメージが大きい。と本に書いてあった。残念ながら、僕は、その代表的な人間の一人である。それに加えて天性の脳障害である自閉症と複雑に絡まり合って大変な状態なんだ。この悲しさを誰か小説にしてくれよう。最近は、何冊だけある写真器材のカタログばかり見ているよ。正直、写真器材に触りたい。それすら叶えられなくてイライラしてばかり、「何で僕、ばっかりなんだよう。」と看護士さんに怒りをぶつけちゃったりさあ、凄く格好悪いんだ。歌を忘れたカナリアみたいに毎日を送るのは苦しい。本当に息が苦しくなるんだ。表に出たいんだ。実は、昨年の今日に外出させてもらってから一年間、外を歩いてないんだ。未だにGWの外出外泊の想い出を自慢する人が居る。新しく買った洋服を見せびらかされる。ヤマダ電気で買ったとSONYのCDウオークマンを自慢される聞いてみろとヘッドフォンを渡される良い音だ。しかも4,000円でヘッドフォン付きだと自慢される。その彼は病棟にCDラジカセもちゃんと持ってるのにさあ、何だか悔しい、僕の所にCDを贈ってくれるアーティストがいる。友人が居る。でも、僕はそれらを、まだ一度も聞いていない。CDウオークマンを自慢する彼が、更にGWに購入したtown&country のヨットパーカーを、またしても自慢する。僕は室温16℃なのに冬物が一枚も無いまんま。トレーナーやパーカー、暖かい柔らな靴下が欲しいよう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-14 19:33

一緒に歩いてください。

b0086920_16472456.jpg
2007年4月29日の記憶。僕の犬も、僕も君の歩調に合わせて歩くのが大好きだったよ。僕、巧く歩けなくなっちゃったけど、頑張って、はぐれないように歩調合わせるから、又一緒に歩るかせて欲しいよう。皆様からのコメント頂けると喜びます。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-06 16:53 | DOG PHOTO
b0086920_18465879.jpg
2007年4月22日の記憶。桜の開花情報に誘われて、桜の景勝地へ、桜は咲いてなかった。咲いていたのは大好きなSちゃんの笑顔、それを受けて僕の顔もほころびっぱなしだった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-02 18:51 | SWEET LOVE

優しかったよね。

b0086920_19324898.jpg
な、DEWY.。僕らはSちゃんが居ると、ただ,それだけで幸せだったよな。未だにSちゃんと君の事を話題に出すと、昨日の事のように涙を流してくれているよ。耳を澄ませてご覧よ。優しい声が聞こえる筈だよ。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-01 19:39 | SWEET LOVE

お天気お姉さん

b0086920_19122878.jpg
Sちゃん、ローカルTVの人気者だった。皆さんの暮らすエリアにも地元テレビ局が午後から夕食の時間帯にかけて、若い主婦層をターゲットとした情報番組あるでしょ。Sちゃんは、そんな番組のレギュラーの一人として、キャスター役、連休の温泉やグルメ紹介や映画紹介、体験レポート、季節のファッションを紹介するモデル、ちょっとした再現ドラマや寸劇、お料理にお天気。そんな何処にも有るようなローカル番組の人気の看板娘だったのです。Sちゃんが口にするクロマキーって、これらの番組で多用する撮影方法。背景に料理が出たり、新作映画が流れたり。皆さんも春の晴天をクロマキーに遊んでみてはいかがです?ひとりぼっちの休日、大好きなパートナーと旅する妄想にふけってください。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-01 19:27 | SWEET LOVE

愉しかったね。

b0086920_1457221.jpg
2008年4月29日の記憶、大好きに囲まれた一日だった。僕が毎日のように波乗りしていたビーチにて。みんな、ありがとう。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-05-01 15:01 | SWEET LOVE

春のISO

b0086920_18193482.jpg
2007年4月22日の記憶。恐らく海と写真の両方が好きな方は海の磯をローマ字で表記するとISO、つまり写真用語と同じだと思ったりした事があるのでは?僕らサーファーはREEFと呼ぶから、とんちんかんな話しにならなくて済むけど。写真をやる人の中にはISOをイソって呼ぶ人もいるでしょ?さらに海の釣りを愛する人だと、ややこしかったりするのではと、くだらないロジックをしてしまう。同じ自閉症のトマス・エジソンの伝記に登場するエピソードにも、無理矢理こじつけたり、違うものと連想したり僕と似た脳構造が伺い知る事が出来る。僕を直接知る人は、会話中にも次から次へと話しが飛躍し過ぎてウザイと感じる人が多い。逆に広告関連、プランニング関連の人は、その非凡な発想を欲しがって僕に自由に話させたりしてくれた。今、体調は万全では無いが、頭脳は何時に無く明晰だと自覚する。誰か、また会議室でおしゃべりさせてくれないかなあ〜。ゴッホも、ヘミングウエイも自殺の直前頃は、頭脳明晰だったと言うから気を付けなきゃ。みんなも鬱に僕が落ち無いように手助けしてくださいね。札幌の地下鉄には乗降口の脇に目線の高さに鏡が設けられている。己の姿を見て改心する為にあるそうだ。何から改心するか、皆様解りますか?それは自殺だ。悲しいけれど、僕らの生まれ育った北の大地は、世界的に見ても自殺率がずば抜けて高いんだそうだ。この事は、交通広告を手がけたとき知った。「そうだ○○しよう!」とかフリスクを食べれば異次元にワープするような一連の広告手法は、そう言った人間のネガティブな内世界に呼びかけるものである。音楽でもスライ&ファミリーストーンの「スタンド」なんてあるよね。僕も誰かを救いたい。そんな表現者でありたい。僕一人じゃ叶わないかも知れない。だが折れる矢も、束ねると折れないだろ。僕は写真表現を含めた芸術表現で世界を平和にしたい。見ている皆さんが少し手伝ってくれれば何十年後の先は光あるものになるに違いない。自閉症だからか?僕は、戦争もののプラモデルを作り、従軍カメラに憧れて始めたカメラを愛しながら、いつも平和を夢見てる。笑う人多いだろうけど。解っちゃ貰えないだろうが、僕は、それでも種まきを続ける。今日は何時に無くポジティブ。最愛のSちゃんが特効薬くれたからね。いいでしょ!Sちゃん、ありがとう。こんな、ややこしい僕の話し聞いてくれてありがとう。僕が君をモデルにしたい海は危険な場所だったにも関わらずシナリオ以上に動いてくれたよね。春の磯は海藻が繁茂して徒渉するだけでもぬるぬるで危険だったよね。足下の海藻を東京築地に持ち込めば儲かるなと考えた事もあつた。「仏の耳」とか高価だしね。でもね、結局、儲かっても自然破壊だと思い中断した。春の山菜を商いに舌ルートで販売した事もあるけど、今でも過激に乱獲している人いるけど、僕向きの商いじゃない。話しは戻るけど、皆さんご存知のTVで、お馴染みのお魚博士サカナ君のエピソード、吹奏学部を水槽学部と勘違いして入部した話しも今回の話しに似てるでしょ?自閉症ならではの奇妙な間違い。僕は更に滑舌がすこぶる悪いから、本当に嫌に成る程、それを揚げ足されて来た。皆が知っている有名カメラマンとかにも、悲しくて、その帰りホームから電車に飛び込みたい衝動が何度も、この時、ENNZO君が撮影ドライブに誘ってくれなかったら。危なかった。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-04-26 19:18 | SWEET LOVE

これぞワイエスの金言

b0086920_854383.jpg
私は作品の中で静止しているものが無いように描きたい.固定しているものは無い.明るい日差しを描いた絵の中でも、静止した陽光では無く、太陽の動きが分かるような絵を描きたい。by ANDREW WYETH
この言葉に触れて僕は変わった。衝撃的だった。絵を描くにも、文章を綴るにも、庭の剪定をする時まで、風が吹き続けてるように、花を生ける時も、太陽にそれぞれが手を伸ばすかに。料理するのにも、水中での1コマにシャッターを切るかに、食材を撮り合わせたり。この言葉で人生が豊かになった。勿論、写真で、この言葉を試した。いまや、100%の僕の吐き出す作品に、この言葉の裏漬けがある。動体描写と僕が常日頃、語っているのが、この事である。長い長い長編映画をポーズ静止したような画像構築を生み出したのは。ワイエスの言葉をバイブルとして、試行した結論である。ワイエスだけではなく、一芸に秀でた人間の、凝縮した言葉は、まさにバイブルである。西洋絵画の巨匠、20世紀の文豪も沢山の言葉を残している。これらを調べ始めたのは、20代の頃サーフボーと一緒にフォルニアで彷徨った頃、違法就労だった僕は、隠れるように学生の振りをしてた。UCLAて、皆さんも知ってるでしょ。アメカジの時代、大学のロゴマークの洋服沢山来てる人いたよね?大きな数字があるトレーナーとか。タンスに奥に入ってる人いませんか?僕は、そのUCLAの映画製作学科に紛れ込んだ。あのルーカス達が學んだ場所。格好良く言えば聴講生だった。生活用品も、車も、そこの掲示板で手に入れた。掲示板でワイフを手に入れた日本人もいた。オーディション案内、求人案内。スワップミート,ルームシエア。僕が映画の撮影に触れたのも、ここの求人で。授業は、毎回、生徒が参加型だった。講師はハリウッド映画界の裏方さんや、ダンサー、背景画家、有名なアクター、アクトレス。音響さん、カメラさん、監督さん、脚本家さん。それらが、映画製作の現場を語るんだ。そして、そのとき作られたフイルム映写。美味しい話、失敗談と話す方も、聞く方も泣いたり、笑ったり二年にも満たない期間だったけど、楽しかった。不思議と日本語じゃ、吃って、詰まってキチンと話したいことも話せないで終わるし、それも、すぐに揚げ足を取られちゃうしね。英語だと何故かそんな心配は皆無。僕も毎回、他の映画業界志望の学生に混じり、その日の講師に質問をした。レスポンスが嬉しかった。だって、びっくりする程の有名人が僕を名前で呼んでくれるんだよ。その後、イミグレーションの問題でグリーンカード女権付きだったから、本当は直ぐに映画業界に入りたかったけど難しかった。条件とは日本人でかつ英語を解するものを求める企業じゃないと就労出来ない取り決めだった。最初は、皆さんも知ってる企業の吉野屋のアメリカ進出に便乗したんだ。原宿のロックンローラー仲間3人と共にね。まさに夢のカリフォルニア」と言う青春映画を新宿でオールナイトで見た帰り道、牛丼を食べ、そこで貰った授業員急募チラシを手に、それぞれGFを連れ深夜喫茶「王城)と言う名の怪しいボックス席で、勢いで書いた履歴書、コマ劇場のゲームセンターで3分写真にアメリカングラフティの登場人物を気取って、よっぽど、応募者が居なかったのか全員が採用になった。僕はアメリカで店舗に立つ事は無く、店頭用のメニューやらポスターを日本語版から英語版に作り替えたり、POP作ったり、当時は充分に版下で印刷へ持ち込めた。UCLAの授業風景を再現して、色んな学校で教壇に立った。教えるのが楽しかった。モデルが必要な時は、UCLAスタイルで、参加者全員がモデルで、当然、僕もUCLAの講師と同じように全裸でキャンバスの前に、カメラの前に立ったり。相互の役割を体験する事が大切と學んだんだ。大好きなSちゃんは、出逢った時から、その事を彼女は実践していた。昔、モデルとしてTVレギュラーとして、ヘアメイク、スタイリストされていたからこそ、専門学校を経て来た人たちより機敏に求めているものを理解し再現してくれた。僕も、帰国してからは、デザイン畑一筋、何を試行する時も巨匠達の言葉をバイブルとして、今の、僕の考えは、それに沿うものか?と毎回、考え、推敲する。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-04-18 09:36 | SWEET LOVE

I LOVE YOU.

b0086920_19275413.jpg
場所の持つパワーなのかな?何時に無くアイラブユーの言葉をSちゃんに、連発した。勿論二人とも日本人だから公用語の日本語で、その意味の言葉をだよ、普段言わない訳じゃないよ、毎日、ちゃんと、それまでも伝えてたよ、父から女性は忘れやすい生き物だから、毎日「ありがとう。」「愛してる。」「奇麗だよ。」「美味しいよ。」は言わなきゃ駄目だと育てられたから、ずっと従って来た。でもね、この小樽の教会での前では、誰かに後押しされているように、映画に出て来るようなイタリア人のように、おしゃべりが苦手だった僕がスラスラと藍の言葉を幾重にも彼女に囁く事が出来た不思議な時間だった。Sちゃんも、何時に無く心底嬉しそうだった。仕事でTVで女優の真似事した経験もあるSちゃんだけど、素で嬉しい時は、幼いお姫様が、彼女の表情の中に同居する。写している僕も嬉しい。メロメロなのである。何時の日か教会の前ではなく、教会の中で"I LOVE YOU."を捧げたい。そんな事を思っていた。教会は何故か故郷のようだ。Sちゃん、命をありがとう。神様、命をありがとう。
あなたの鞭 あなたの杖 それが 私を力付ける(詩編23)
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-04-04 19:29 | SWEET LOVE

THE ENDLESS SUMMER

b0086920_16233494.jpg
いっぱい、コメント来ると嬉しいなあ。ね、Sちゃん。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-24 16:29 | SWEET LOVE