2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一枚の写真

b0086920_16324492.jpg
今年の2月、外出で実家を訪ねると玄関に一枚の写真が掲げられていた。普段は母が油絵を嗜んでいるので、何処かの先生の絵が季節事に変えられてかざられているのだが、この写真、まぎれも無くオイラの作品。高校生、つまり写真部の頃の頃に、短期留学ホームステイした際に訪ねた時の一枚。先日、世界の音楽シーンの歴史から巨星の名前がひとつ消えた。ご存知マイケルジャクソン。彼もオイラと同じく、自らのア−トに広告屋的手法をふんだんに取り込み、視聴者を集団催眠に落とした。MTV時代の開幕は彼と共に、斬新かつ古典的だった。ムーンウオーク、R&Bの巨星ジェームス・ブラウンの編み出したステップを昇華させたものだ。初めてのアメリカ、ロックンロール、ブルースに目覚めていたから、アメリカの情報と言えば映画と音楽だった。北海道出身の写真家吉田ルイ子先生の「ハーレムの暑い日」が渡米前のバイブルだった。この写真を撮影した日の朝、アメリカの世界の音楽シーンを代表する巨星が他界した。巨星の名前はエルビス・アーロン・プレスリー。朝から雨のロス・アンジェルス。号外がアスファルトを埋めていた。リーゼントスタイルのオイラは、マスコミのインタビューの格好の標的だった。そんな時、オイラの目の前で繰り広げられていた光景がこの写真。彼らがパフォーマンスしていたのはエルビスが母の誕生日に贈った。とされてい名曲♪That's Allright MAMAだった。オイラも当然のように腰を振る仕草も真似て歌った。オイラの基本スタイルが完成した日でもあった。溶け込んで呼吸を共にしてシャッターを切る。音楽にカメラに国境も人種も関係ないのだ。愛する情熱こそパスポート。写真ブログランキング参加中。Sちゃんと10
I位以内で並びたいのでポチリとしてくれると嬉しいです。お願い。在庫写真でごめんなさい。だって、カメラ持って無いんだもの〜!特に巧く歩いたり出来ないからズームの50−150とか欲しいんだ。僕の可愛いSちゃんの写真ブログSmile for The Paparazziも応援してください。
[PR]
by mugnum-yoda | 2009-07-01 18:35 | 音楽偏愛主義