2008年12月5日、老舗ロックバンドTHE MODS撮影中!くも膜下出血を発症、一緒に仕事をしていた最愛の女性の迅速な対応が功を奏し、重症ながら危篤から生還。身体の後遺症、心の後遺症の中、自分探ししています。


by mugnum-yoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

朝里の浜が恋しい

b0086920_19312876.jpg
石狩挽歌
作詞:なかにし礼 作曲:浜圭介

海猫が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で
わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは どこへ行ったやら
破れた網は 問い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボロロ-
沖を通るは 笠戸丸(かさとまる)
わたしゃ涙で にしん曇りの 空を見る

燃えろ篝火 朝里の浜に
海は銀色 にしんの色よ
ソ-ラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは どこへ行ったやら
オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボロロ-
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る


歌詞中、「燃えろ篝火 朝里の浜に」の
ズバリ、朝里の浜の、元ニシン漁師の小さな番屋だった
家に、僕は、倒れた日の朝迄、住んでいた。
家は既にないが、家の前から見た海の景色がみたい。
Sちゃん、いつか見せて下さい。
[PR]
by mugnum-yoda | 2010-02-05 19:39